紫苑ステークス2019予想!過去10年データ傾向分析や展開予測/中心は内枠

2019年9月7日紫苑ステークス2019の予想を中心に過去10年のデータ傾向を分析したものを紹介します。(中山競馬/第4回紫苑ステークスG2/芝2,000m)また、脚質の並びや枠順から展開予測をおこない、もっとも有利に競馬が出来る馬を中心に予想をおこなっています。

3歳牝馬の最後の1冠秋華賞へ向けたトライアルレース。

昨年こそ、前走オークス組みが2着3着となりましたが、その他の年は、前走500万クラスや1000万特別からの権利取りが目立つ結果となっています。

紫苑ステークス2019の予想も、このあたりを取り入れながら予想を組み立てています。

紫苑ステークス2019予想

カレンブーケドールとパッシングスルーが同枠の8枠。これで、ある程度は流れる競馬になるかなと読んでいますので、狙い方としては、内枠~中枠の差し馬。

ミドルペースで競馬が進む中、内でしっかりと脚を溜めれた馬が最後は抜けてくるかなと。

そのあたりを考慮した紫苑S2019の推奨馬は、以下の8頭いなります。

エアジーン
アップライトスピン
カレンブーケドール
グラディーヴァ
パッシングスルー
フィリアプーラ
フェアリーポルカ
レッドベルディエス
レオンドーロ

この8頭の印を紹介していきますが、まず最初にグラディーヴァについて。

来週のローズSに出走していれば、別記事で紹介している「ローズS2019穴馬の条件」のデータに合致したゆいつの1頭でしたから、かなり残念です。

ただ、重賞昇格後の紫苑Sは2年連続でハービンジャー産駒が優勝していますから、侮れない1頭には変わりはないですね。

それでは印です。

◎本命

フェアリーポルカ

内枠を引いたことでひと安心ですね。

前走オークスは、果敢に先行して、直線に向く頃には失速。

2走前フローラSの走りを見る限り、大外枠からでも、最後はコンマ1秒差まで詰め寄っていますので、適正距離としては2000mまでなんだろうなと思います。

フェアリーポルカの走ってくる条件としては、『内枠』。ここでしっかりと脚を溜めて最後は突き抜ける競馬が得意。

今回は、内枠を引いたことで、脚をしっかりと溜める競馬が出来れば、最後は抜け出す競馬が出来るはず。

最終追い切りも順調で、坂路[54.9/37.7/11.9]併せラスト追われて併入

ラスト12秒を切ってきましたから、期待したいですね。

◯対抗

カレンブーケドール

データ的には軸馬になる結果も、個人的には、あまり買いたくないのが本音。

ただ、前走オークスの内容がなかなかのもので、ミドルペースを先行して早め先頭の仕掛で2着は負けて強しの内容かなと。

ただ、切れ負けをしそうなところで心配なので対抗にしました。今回も早め先頭で抜け出して行く競馬をすると思いますが、たぶん、並ばれても抜かせないとは思います。

それくらい、前走オークスの内容は完璧でしたからね。

最終追い切りは、美浦坂[51.9/38.0/12.5]併せラスト仕掛けて先着

1週間前の追い切りで自己ベストを出していますので、最終追い切りはこの程度で十分なのでしょうね。

あんまり買いたくないけど致し方無し。

▲単穴

グラディーヴァ

展開ドンピシャで突っ込んで来るならグラディーヴァかなと。

ローズSの穴馬データに合致していたので、ニヤニヤしていたら、紫苑Sに出走ということで、かなりテンションは下がりましたが(笑)

今回、そこそこ人気をしそうで、ローズSに出てればな~と、まだ、未練タラタラなんですが、グラディーヴァのポイントは「そこそこペースが上がること」かなと。

スローペースだと、かかる気性ですから、前走白百合Sは、それが原因で6着と敗退。

競馬をまったくしていなかったようなレース内容でしたから、仕切り直しの1戦で期待したいなと。

最終追い切りは坂路[56.1/40.2/12.0]併せラスト仕掛けて突き放していますので、状態は良いと思います。

★穴

レオンドーロ

状態が最高に良く、最終追い切りは南W[67.6/51.7/37.9/11.6]単走でラスト追い。

単走で11.6はなかなかの数字ですから、買わずにいられないといった感じです。

中山コースは[1-3-0-1]と相性が良いところ見ると、小回りコースを器用に走れるタイプですから、先行しながら立ち回れば、チャンスはあるかなという考えですね。

面白いですよ。この馬。

△連下

エアジーン
アップライトスピン
パッシングスルー
フィリアプーラ
レッドベルディエス

おすすめの買い方は、馬連◎◯=◎◯▲★△5 計15点

基本は荒れるレースを期待しつつ、最悪はガミらない程度であればOKかなといった馬券の組み立て方です。

ローズステークス2019関連記事

ローズステークス2019出走予定馬や予想オッズ/出走全馬評価シゲルピンクダイヤが巻き返す
ローズステークス2019に出走予定馬や予想オッズを紹介していきます。(2019年9月15日阪神競馬ローズステークス2019芝1800m)オークスを惨敗したシゲルピンクダイヤの人気が上がらないことを祈りつつ「阪神1800mなら必ず走ってきよるで」と思いながら、クラシック戦線を賑わした牝馬たちが、このローズステークス2019から始動しますね。
ローズステークス 2019の過去データ傾向分析や阪神1800m芝コース解析を紹介
ローズステークス2019の過去データ傾向を分析したものを紹介していきます。また、ローズステークス2019のコース解説も紹介していきます。(2019年9月15日阪神競馬ローズステークス2019芝1800m)秋華賞のトライアルレースローズステークス。3着までに優先出走権が与えられるため、前走未勝利戦、前走平場500万下勝ちからトライして3着以内を勝ち取る、そういった過去もあるほど、ひと筋縄ではいかないのがこのローズステークス。
ローズステークス2019【穴馬の条件】過去10年のデータから出た結論とは?
ローズステークス2019穴馬の条件/過去10年のデータから出た結論とは?と題して、狙えそうな穴馬をピックアップしていきます。(2019年9月15日阪神競馬ローズステークス2019芝1800m)ローズSは伏兵の台頭が多く、荒れているのが特徴的で、過去10年で3連単は10万馬券が7回と跳ねまくっているレースです。

紫苑ステークス2019出走予定馬

アップライトスピン
ウエスタンランポ
エアジーン
カレンブーケドール
グラディーヴァ
クールウォーター
スパークオブライフ
トーセンガーネット
パッシングスルー
フィリアプーラ
フェアリーポルカ
メイクハッピー
レオンドーロ
レッドベルディエス
ローズテソーロ

紫苑ステークス2019予想オッズ

引用先:ネット競馬

紫苑ステークス2019コース解説

牡馬クラシック第1弾・皐月賞が行われるコース。1800mのスタート地点から200m下がったところがゲートとなり、1コーナーまでの距離は405m。最初のコーナーまでの距離が十分あり、テンの2F目に激しい先行争いが起きる傾向。ただし、1コーナーを過ぎると落ち着くため、ペースはさほど速くはならない。

脚質的には先行馬が強く、更に後半は長くいい脚が求められる。ゴール前の急坂を2度超えるため、タフさも要求される。また、マクリがハマり易いのも特色であるように、騎手の腕一つで結果を左右することも少なくはない。母数は少ないのだが、マクリで結果を残している代表例は戸崎圭太騎手だ。

外枠が幾分有利で、秋の9月開催は野芝がメインで時計が速くなる。この開催に関してはタフさに加え、持ち時計にも注意を払いたい。近年は馬場整備の向上もあってか、枠の有利不利は少なくなってきている。引用先:競馬ラボ

紫苑ステークスに限っては、過去10年、4角5番手以下の活躍が目立っており、上がり3F勝負になりやすいのが特徴。

逃げ先行馬も馬券にはなりますが、開幕週であろうと『差し』、これが予想の中心になってきます。

紫苑ステークス2019過去データ傾向分析

  1. 1番人気[3-2-1-4]連対率50%
  2. 2番人気[2-1-0-7]連対率30%
  3. 3番人気[0-1-0-9]連対率10%
  4. 関西馬[3-4-2-25]連対率20%
  5. 関東馬[7-6-8-107]連対率10%
  6. ディープインパクト産駒、ハービンジャー産駒が優秀
  7. 重賞昇格後は3年連続で単勝1番人気が連対
  8. 重賞昇格後は3年連続でノーザンファーム生産馬が優勝
  9. 勝ち馬は外枠、3着以内は中枠~外枠
  10. 人気薄好走馬は単勝8番人気以下から
  11. 4角5番手以下の差し馬が優秀
  12. 前走上がり3F3位以内が優秀
  13. 上位5番人気馬までの継続騎手が優秀
  14. 前走オークス組み、北海道組み
  15. 連対馬は、前走単勝10番人気以内

クラシック戦線の王道であるノーザンファーム生産馬。このファームだけは、完全に無視といったことが出来ない結果となっています。

小回り中山競馬でも差し馬が優秀で、特に4角5番手以下が活躍。それに合わせて、上がり3F2位以内の馬が活躍しており、前走もやはり、上がり3F3位以内が優秀。

比較的、上位人気馬の信頼度は高めでしたが、重賞に昇格後はさらにその傾向が強くなっています。

  • ノーザンファーム生産馬

エアジーン
グラディーヴァ
クールウォーター
スパークオブライフ
パッシングスルー
フィリアプーラ
フェアリーポルカ
レッドベルディエス

  • 4角5番手以下の差し馬が優秀

エアジーン
グラディーヴァ
クールウォーター
フィリアプーラ
フェアリーポルカ
レッドベルディエス

  • 前走上がり3F3位以内が優秀

レッドベルディエス

データ推奨馬は、レッドベルディエス。

クイーンC5着後は、一旦休養に入り、明け初戦の前走織姫賞が強い競馬。長期休養明けを感じさせない走りで1着。

稍重で1:48:4はなかなかの好タイム。上がり3Fも3位ときっちりと差す競馬。ハイペースでも前が有利な展開をレッドベルディエス1頭が差して1着は大したもの。

今回は、ルメール騎手が騎乗となりますので、安定した走りが見られそうです。

タイトルとURLをコピーしました