中央競馬最終予想

白富士ステークス2予想/オープン特別だからこそ狙いたい重賞好走馬

白富士ステークス2020の予想を紹介します。(2020年2月1日東京競馬4歳以上オープンリステッド競争/芝2000m)

狙っていたトリコロールブルーが回避というショッキングな出来事で軸馬の練り直しなんですが、そうなると、私の中では大混戦で。

上がり3F勝負という概念を取っ払って、差し脚質でもナタのような切れ味の馬を狙っていきたいなとは思っているのですが、ダイワギャグニーの前走を見れば、この枠順ですから逃げる可能性もあり、そうなると3年連続で逃げが勝つ可能性も否めない。

個人的には、フランツは東京向きではないと思っていたので最初から軸候補には挙がっていない。

その中で人気の中心は、フランツにダイワギャグニーなんで他馬を狙いたくなるのは必然な話し。

2頭共に重賞では何かが足りないものの、オープン特別なら何度も好走していますので軽視が出来ないにしても、個人的には他の馬を狙って見ようと思います。

ただ、各馬の東京芝2000mの持ちタイムや2000m前後のレース内容を確認すれば、おのずとダイワギャグニーの軸は安泰しているようにも見えるので、難しい予想になりました。

京都大賞典的中情報!マカヒキ軸から180,510円的中!

京都大賞典は、まさかの9番人気から流してヒートオンビート2人気を軽視。大外なら買い目にいれない!みたいな展開予測で180,510円的中!

スプリンターズSは 、1番人気ダノンスマッシュ買い目にいれず。ダノンスマッシュも外の方。でもマカヒキからはいくとはお見事すぎです!

◎無料予想戦績抜粋◎
鳴尾記念     8901%
阿武隈ステークス 10550%
越後ステークス  4689%
レパードステークス1604%
北九州記念    810%
新潟記念     2838%
キーンランドカップ6535%
※3連複BOX10点500円推奨

新サイト無料予想
6~9月・24レースの検証結果がこちら↓↓
払戻計2,466,100円/収支計+2,346,100円
(無料予想・集計表の画像)

無料情報が有料情報級なんです!
今週は、天皇賞秋の無料買い目を公開!
こちらからご確認ください↓↓
天皇賞秋の無料買い目はこちら↑無料メルアド登録のみで即買い目が確認できます(前日夜に公開)

白富士ステークス2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

白富士ステークス2020枠順

馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 1 ロードヴァンドール 牡7 57.0 横山和 [栗]昆貢
2 2 ダイワキャグニー 牡6 58.0 内田博 [美]菊沢隆
3 3 カヴァル 牡5 56.0 津村明 [美]勢司和
3 4 ドミナートゥス 牡5 56.0 大野拓 [栗]宮本博
4 5 ゴーフォザサミット 牡5 57.0 北村宏 [美]藤沢和
4 6 マイネルハニー 牡7 58.0 石橋脩 [美]栗田徹
5 7 サトノワルキューレ 牝5 55.0 石川裕 [栗]角居勝
5 8 インビジブルレイズ 牡6 56.0 Oマー [栗]吉村圭
6 9 レッドガラン 牡5 56.0 Mデム [栗]安田隆
6 10 ミライヘノツバサ 牡7 56.0 木幡巧 [美]伊藤大
7 11 フランツ 牡5 56.0 Cルメ [栗]音無秀
7 12 マイネルサーパス 牡4 56.0 丹内祐 [美]高木登
8 13 エンジニア 牡7 56.0 田辺裕 [美]牧光二
8 14 アイスストーム 牡5 56.0 武豊 [栗]吉村圭
◎無料予想で勝ちたい人!菊花賞~天皇賞秋おすすめ

昨年から追いかけてますが・・・
クラシック戦線は現在5戦4勝!
そして天皇賞も現在3連勝中です♪
━━━━━━━━━━━━━━
【無料予想】菊花賞2020年
着順3-9-10(1,4,5人気)的中
3連複38.1倍×600円
獲得額:22,860円
回収率:423%
点数上手く絞り高回収率です!
━━━━━━━━━━━━━━
◎実際に無料で配信された買い目

天皇賞も現在3連勝中です!
・天皇賞春2020→67,500円/回収率1350%
・天皇賞秋2020→5,760円/回収率107%
・天皇賞春2021→6,120円/回収率128%

◎実際に無料で配信された買い目

スプリンターズSはお見事でしたね!軸馬選び&穴馬入れ込みが絶妙に上手なので秋のG1戦線…勝ちたい人だけ見てください!
今週は天皇賞秋の無料買い目を公開!
こちらからご確認ください↓↓
天皇賞秋の無料買い目はコチラ↑無料メルアドやyahoo・GoogleなどのSNSなら簡単登録で即菊花賞の無料買い目が確認できます。

白富士ステークス2020予想

開幕週の馬場であっても上がりはかかりやすい白富士Sの中、近2年は、逃げ馬が連続して1着。

脚質の並びを見ると、一昨年の優勝馬マイネルハニーが逃げてもおかしくないですが、近走内容から逃げることが出来るかは未知数。そうなると何が行くのかはスタート次第になりますので、ここはスローペースを想定。

逃げる馬が好走している中でも相変わらず4角6番手以下の差し馬が好走しており、上がり3Fは、33秒台~34秒台と幅があり、単純な切れ味勝負ではないことが伺えますので、ここは差し馬でも時計のかかるコースが得意な馬を狙っていきます。

◎本命:複勝

ゴーフォザサミット

個人的には久しぶりに狙う馬で、これまでの実績の中で言えば、東京2000mなら抜け出すパワーやスピードが開催初日の東京馬場に合っていそうかなと。

昨年は6戦して大きく負けたのが天皇賞秋のみで、その他はそれなりにまとめて好走している部類。オープン特別の東京コースなら百日草特別1着があるように得意のコースですからそこまで大崩することもない。

また前走チャレンジカップが良い脚で差して来てましたのでG3ならやれるイメージが個人的についた形。

それが今回はオープン特別にロス無く回れそうな4枠に入ったことで買うならこのレースかなと。

理想は、前走のように中団から差す競馬を期待していますが、先行でも走れますし、ダイワギャグニーやマイネルハニー、ロードヴァンドールあたりが気持ちよく前に行けば、あとはスタミナとスピード勝負。

展開はゴーフォザサミットに向くかなと考えています。

◯対抗

ダイワギャグニー

東京芝2000mでオープン特別ならと言う馬がわんさかいる中で安定感とレースレベルの高いオープンクラスで好走してきたダイワギャグニーは別格。

特に目を奪われたのが2走前オクトーバーS。スローペースを2番手で追走。最後は前を交わして1着になりましたが、内田騎手に変ってからスムーズに好位先行を取れるようになった点。

これまでなら差し~追い込みといった脚質から届かずの掲示板が多かったですが、近走は、先行して脚をしっかりと伸ばして勝ちきっていますので、このあたりは3歳4歳の良い頃の時に戻って来たかなと。

昨年の白富士Sは4着。上がり最速でも届かなかったコースも今回は逃げ先行馬が手薄。この馬が逃げれば、後続馬は捕まえることが出来ない可能性は大ですから逃げる確証があれば本命も、差す競馬に徹する可能性もあり、あくまで対抗の評価。

◎ゴーフォザサミット
◯ダイワギャグニー
▲カヴァル
△アイスストーム
×ドミナートゥス
×フランツ

[common_content id=”9807″]

根岸ステークス・シルクロードステークス最終予想

[getpost id=”10103″][getpost id=”10091″][getpost id=”10052″][getpost id=”10008″]

【競馬単複】LINE限定『期待値の高い馬』無料公開中!

サイトや無料メルマガでは、過去データや展開予測での予想を公開していますが、

LINE限定無料公開では、独自指数を朝オッズで照らし合わせた中から、特に期待値の高い馬をLINEで無料公開しています。

10月24日(日)配信内容

東京7R
1ダノンターキッシュ
8ナムラカミカゼ1着900円

阪神9R
6リャスナ
10スーパーウーパー1着800円

阪神11R
3タイトルホルダー1着800円
18オーソクレース

6戦3勝
的中率50%
1200円→2500円
回収率208.3%

基本的に土曜は仕事のため、日曜限定公開になりますが、期待値の高い馬が該当すれば、地方競馬なども公開しています。

友だち追加はこちら↓↓

馬単が良く当たる無料予想・キーランドカップで67200円獲得!

重賞&メイン無料予想~連勝中はココです↓
────────────────────────
直近無料公開買い目結果
セントウルS    8900円
札幌二歳S     14700円
キーンランドカップ67200円
札幌記念      10000円
稲妻ステークス   20200円
函館二歳S     35400円
エプソムカップ   89360円

9/15川崎1R 150200円獲得
8/04大井2R 109500円獲得
7/08川崎3R 276900円
的中率もいいですが 月1馬単跳ねまくります!
─────────────────
中央は重賞もOKですが 土曜からいいんです!
ケフェウスステークス 65600円獲得
最近圧巻は・・難解キーンランドカップ
67200円獲得はガチでした!!
気になる方は前夜無料公開なのでまずは買い目をチェック↓
平日地方厳選公開あり!

今週の無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

↑無料メルアド登録のみで即買い目が確認出来ます!
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。