中央競馬最終予想

シリウスステークス2019予想オッズや過去データ/最終追い切り抜群!狙うならあの馬

シリウスステークス2019のの予想を中心に予想オッズや過去データ、コースバイアスや追い切りなどから単勝、複勝推奨馬を紹介します。(9月28日/阪神競馬場/シリウスステークス2019/ダート2,000mG3ハンデ)

この時期のG3ダートになると、実績馬と上がり馬が交差するレースとなり、かなり難しいですね。

過去10年の結果を見てもわかるように、上位人気以内で決まったレースもあれば、昨年、一昨年と荒れたレースもあります。

予想の入り方としては、過去データ傾向の斤量関係から。斤量57.5キロ以上[1-2-6-6]と3着以内であれば60%と高い好走率がありますので、今年で言えば、モズアトラクション、キングズガードの2頭ですね。

それでは予想です。

京都大賞典的中情報!マカヒキ軸からズドーン!

京都大賞典は、まさかの9番人気から流して
ヒートオンビート2人気を軽視。
大外なら買い目にいれない!みたいな展開予測で180,510円的中!

スプリンターズSは 、
1番人気ダノンスマッシュ買い目にいれず。
ダノンスマッシュも外の方。
でもマカヒキからはいくとはお見事すぎです!

今週ステラヴェローチェは一列目なのか?!
そして朗報は菊花賞無料情報もあり!

◎無料予想戦績抜粋◎
鳴尾記念     8901%
阿武隈ステークス 10550%
越後ステークス  4689%
レパードステークス1604%
北九州記念    810%
新潟記念     2838%
キーンランドカップ6535%
※3連複BOX10点500円推奨

新サイト無料予想
6~9月・24レースの検証結果がこちら↓↓
払戻計2,466,100円/収支計+2,346,100円
(無料予想・集計表の画像)

無料情報が有料情報級なんです!

今週は、菊花賞の無料買い目を公開!

こちらからご確認ください↓↓
菊花賞2021予想はこちら
↑から無料メルマガ登録
確認メールきたらクリックしてログイン。
前日夜買い目は絶対見ておいてください(激推奨)

シリウスステークス2019予想

個人的には大混戦のシリウスステークス。

何が来てもおかしくないメンバー構成ですから本当に悩みましたが、脚質の並びから見て今年は、スローペースもあるんじゃないかなと。

主流はミドルペース以上ですが、逃げヤマカツライデンが内枠に入りましたから、テンからガツガツ行くことはないでしょうし、他に逃げを主張する馬もいない。

先行勢もそこまで多くないですから、やはりスローペース。

そうなると、脚質的に有利になってくるのが1枠2枠の2頭。ピオネロとタイムフライヤーあたり。

スローペースを嫌って早めに仕掛ける差し馬勢の中から、マクって実績のあるモズアトラクションとジョーダンキングが4角手前では先団にとりつき、最後の直線では、余力十分で先行した馬が残る形。

◎本命:複勝

タイムフライヤー

買うなら最高の枠順に入ったここかなと。

前走エルムSは、半年ぶりの実践に加え馬体重プラス16キロ。ハイペースの中、終始外々を回りながらも早め先頭で6着に粘りましたから大したもの。

今回は、ダート2戦目の上積みは大きく、最終追い切りも抜群の走り。

CW[82.1/66.3/51.7/38.1/12.2] 併せ馬なり

先週は坂路で自己ベストを記録していますから状態は本当に良さそうです。

ヤマカツライデンが久々のダートに出走。ここでしっかりとハナを主張してくれれば、タイムフライヤー自身の追走も楽になり、4角では3番手以内で直線に向かうイメージ。

これまでピオネロが得意としてきた展開をタイムフライヤーが引き継ぐ、そんなレースになると考えています。

<<参考印>>

◎タイムフライヤー
◯ジョーダンキング
▲ピオネロ
△モズアトラクション
×ロードゴラッソ
×ロードアルペジオ
×マッスルビーチ
×メイショウワザシ

[ad]

シリウスステークス2019予想オッズ

引用先:ネット競馬

タイムフライヤーが2番人気ですね。初ダートだった前走がコンマ5秒差の6着。ダートには目処がつき、ダート2戦目で上積みも見込めるという評価でしょうか。

このまま単勝2番人気でいてくれることを願うばかりですね。

[ad]

無料予想で勝ちたい人!菊花賞~天皇賞秋おすすめ
昨年から追いかけてますが・・・
クラシック戦線は現在5戦4勝!
そして天皇賞も現在3連勝中です♪
━━━━━━━━━━━━━━
【無料予想】菊花賞2020年
着順3-9-10(1,4,5人気)的中
3連複38.1倍×600円
獲得額:22,860円
回収率:423%
点数上手く絞り高回収率です!
━━━━━━━━━━━━━━
◎実際に無料で配信された買い目

天皇賞も現在3連勝中です!
・天皇賞春2020→67,500円/回収率1350%
・天皇賞秋2020→5,760円/回収率107%
・天皇賞春2021→6,120円/回収率128%

◎実際に無料で配信された買い目

樋口一葉1人が福沢諭吉3人に変わる瞬間は快感♪
先週のスプリンターズSはお見事でしたね!
軸馬選び&穴馬入れ込みが絶妙に上手なので
秋のG1戦線…勝ちたい人だけ見てください!

今週は菊花賞の無料買い目を公開!

こちらからご確認ください↓↓
今週の無料買い目はコチラ

シリウスステークスコース解説

芝内回りの4コーナーポケットからスタート。最初の芝部分がおよそ80mと長くないため、純粋なダート馬でもあまり無理することなくポジションが取れる。

1コーナーまでの距離はおよそ500mで、平坦部分が1800mよりも長いため前半のラップは2000mという距離からすると速く流れる。ただ、その後はペースが落ち着き、最後は決め手比べ。

もちろんゴール前には急坂が待っているため、スタミナも問われる。脚質は好位で脚を溜めることが出来る先行馬が有利。引用先:競馬ラボ

昨年こそ、マクリと差しで決まりましたが、基本は4角5番手以内の先行馬が有利。

上がり勝負なのは確かですが、ミドルペースが主流ですから必然と前が有利になるレース展開が多いのが特徴です。

[ad]

シリウスステークス2019過去10年データ傾向

  1. 単勝1番人気[3-1-1-5]
  2. 単勝2番人気[2-1-2-5]
  3. 単勝3番人気[2-3-2-3]
  4. 関東[0-0-2-20]
  5. 関西[10-9-7-88]
  6. 3歳[3-1-1-6]
  7. 4歳[1-1-4-15]
  8. 5歳[4-3-1-35]
  9. 6歳[2-4-4-28]
  10. 7歳以上[0-1-0-26]
  11. 父サンデーサイレンス系×母父ミスプロ系
  12. 父ミスプロ系
  13. 中9週以上
  14. 斤量57.5~56
  15. 前走、2走前のいずれかで上がり3F1位
  16. 前走上がり3F3位以内
  17. 前走2着以内

枠順の傾向が強いレースで、1枠2枠6枠7枠が優秀特に近年は2枠と7枠が好走しており、極端な枠順が有利な傾向です。

ハンデを見込まれた実績馬の活躍が目立つレースで、斤量57.5キロ以上[1-2-6-6]と3着以内であれば60%と高い好走率(前走JRAダートのみ)

3歳~6歳までの好走率が高め。7歳以下であれば、どの馬にもチャンスがある感じですね。

父ミスプロ系が非常に強く、中でもキングカメハメハ産駒が優秀。サンデーサイレンス系も走ってきますが、ディープインパクト産駒のような切れ味のあるタイプより、重めも血統が優秀。

現在、ネオユニヴァース産駒が3年連続3着以内。ディープインパクト産駒は過去10年で1頭も馬券に絡んでいません。

[ad] [insert page=’2019-09280929kizi’ display=’content’] [insert page=’tuita’ display=’content’]

【競馬単複】LINE限定『期待値の高い馬』公開中
サイトや無料メルマガでは、
過去データや展開予測での予想を公開していますが、

LINE限定公開では、
独自指数を朝オッズで照らし合わせた中から、
特に期待値の高い馬をLINEで公開しています。

基本的に日曜限定となっていますが、
期待値の高い馬が該当すれば、地方競馬なども公開しています。

友だち追加はこちら↓↓

馬単が良く当たる無料予想・キーランドカップで67200円獲得!

重賞&メイン無料予想~連勝中はココです↓
────────────────────────
直近無料公開買い目結果
セントウルS    8900円
札幌二歳S     14700円
キーンランドカップ67200円
札幌記念      10000円
稲妻ステークス   20200円
函館二歳S     35400円
エプソムカップ   89360円

9/15川崎1R 150200円獲得
8/04大井2R 109500円獲得
7/08川崎3R 276900円
的中率もいいですが 月1馬単跳ねまくります!
─────────────────
中央は重賞もOKですが 土曜からいいんです!
ケフェウスステークス 65600円獲得
最近圧巻は・・難解キーンランドカップ
67200円獲得はガチでした!!
気になる方は前夜無料公開なのでまずは買い目をチェック↓
平日地方厳選公開あり!

今週の無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

↑無料メルアド登録のみで即買い目が確認出来ます!
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。