園田オータムトロフィー2020予想・2通りの展開予測から浮き上がった2頭が狙い目

園田オータムトロフィー2020の予想を紹介します。2020年9月3日(木)第3回園田オータムトロフィー3歳登録馬

園田オータムトロフィーの過去2年は、4角4番手以内通過が好走しており、逃げ先行馬が優秀。ただし、外枠の逃げ馬に限っては、コーナーを6回通過することで距離ロスが発生し、なかなか最後まで脚が持たない可能性が強くなるコース。

そのあたりを考えれば、上位人気のステラモナークには少々分が悪くなり、さらに逃げ先行馬が揃ったことで、位置取り的にも厳しい可能性も。

全体的には、ミドルペース以上を想定しており、例年通りの4角4番手通過が馬券になったとしても、3角手前3番手以下の先行~差し馬が位置取りを上げての4角4番手通過のイメージが強く、予想もそのあたりを考慮しての印になっています。

[common_content id=”15349″]

◎本命・複勝

エイシンガネーシャ

これだけ逃げ先行馬が揃うと、展開的には中団やや前の馬に展開が向きそうで、そうなれば、転入初戦の格付けが高かったエイシンガネーシャを本命に。

JRA時代は未勝利戦を勝つと、1勝クラスで3着3回の実績。脚質は差しで、どうしてもスタートから動けない脚質のため、その位置取りになってしまうのですが、

地方に来てからは、スピードが上がるところでもしっかりとついていけており、やはりJRA1勝というのは、地方において力は1枚も2枚も上になるのかなと。

さらにダート1800mで善戦を繰り返していますので、距離も得意の部類。

今回、5枠を引いたことで、早めに外に出せる位置取りを取るのか、性根を入れてインを突くかの競馬になると思いますが、鞍上は田中学騎手。上手く乗ってくれると思います。

期待したい1頭ですね。

○対抗

ステラモナーク

想定している展開が崩れるとなれば、逃げ先行馬、3角3番手以内が馬券になるかなと。

このあたりは保険というか、エイシンガネーシャのエンジンのかかり具合の遅さを考慮すれば、ステラモナークの前走兵庫ダービー2着の実績は文句無しの存在。

この馬、スタートダッシュが抜群に速く、馬なりで好位を取れる脚質はメンバー中トップに見え、8枠でもその早さで好位は取れると思います。

また、控えた競馬も出来ますので、ハナに拘る必要もなく、2番~4番手以内を追走しながら、最後の直線で前を交わして押し切る競馬も出来るだけに、前有利の展開になれば、ステラモナークの出番。

◎エイシンガネーシャ
○ステラモナーク
▲ポリバレント
△ガミラスジャクソン
×ジョウショーカーブ

馬連◎○=▲△×6点

[common_content id=”11583″]

[common_content id=”15549″] [common_content id=”15555″]
タイトルとURLをコピーしました