園田チャレンジカップ2020予想や過去データ傾向・逃げずに控えた馬の出番

園田チャレンジカップ2020予想や過去データ傾向を紹介します。2020年9月11日第12回園田競馬第6日/第17回 園田チャレンジカップ3歳以上登録馬/ダート1400m

過去5年、単勝1番人気[1-3-0-1]、単勝2番人気[2-1-0-2]と好走しており、上位人気組が中心のレースで、また、逃げ先行馬が好走している園田チャレンジカップ。

特に過去5年の3着以内15頭中12頭が、4角3番手以内の競馬ですから、今年も狙うのは逃げ先行馬かなと考えています。

春G1・8戦6勝の無料情報!秋G1は天皇賞秋~ジャパンカップ的中!

◎春G1シリーズ8戦6勝!
◎秋G1シリーズも天皇賞秋、菊花賞、マイルCS・ジャパンカップ的中!

無料予想で稼ぐならここがダントツに稼げます!

■春G1無料予想8戦6勝~天皇賞秋・マイルCS

春G1無料予想は、投資金41200円→18万以上を獲得!

■秋G1も好調で、菊花賞・天皇賞秋・マイルCS無料買い目

◎天皇賞秋/3連複9.6倍×600=5760円/回収率107%
◎菊花賞/3連複38.1倍×600円=22,860円/回収率423%
◎マイルCS/3連複16.1倍×600円=9660円獲得/回収率177.8%

■京都2歳S&ジャパンカップ無料買い目

◎京都2歳S/3連複44.2倍×500円=22,100円/回収率442%
◎ジャパンC/3連複3.0倍×700円=2,100円/回収率43%

ジャパンCはやはり堅め展開、予想はガミも土曜重賞と合わせて2万4千円獲得+1万4千円収支!

今週の無料予想
12/05ステイヤーズS
12/06チャンピオンズカップ

先週土日の無料予想は、ジャパンカップ、京都2歳S、ワイド1鞍的中・4戦3勝で3万2200円獲得で楽勝のプラス。

ここの無料買い目は、マジで稼げます。

初めて参考にされる方は、土曜重賞も良く来ていますので、まずは、ステイヤーズSの無料買い目をチェックして見てください!

↑無料アドレス登録のみで即、ステイヤーズSとチャンピオンズカップの無料買い目が確認できます。

園田チャレンジカップ2020枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 ナムラムート 牡6 56 下原理
2 2 ライブスター 牝6 54 石堂響
3 3 エイシンエンジョイ 牡5 56 吉原寛人
4 4 ペリステライト 牡6 56 大山真吾
5 5 イルティモーネ 騸7 56 田中学
5 6 エイシンメッセ 牝5 54 松本幸祐
6 7 アロマティカス 牡6 56 鴨宮祥行
6 8 ナリタミニスター 牡5 56 吉村智洋
7 9 ナチュラリー 牡6 56 笹田知宏
7 10 バイラ 牡5 56 杉浦健太
8 11 ヒダルマ 牡5 56 川原正一
8 12 ステップシュート 牝6 54 広瀬航

園田チャレンジカップ2020過去データ傾向

過去5年を参考にしています。

  1. 単勝1番人気[1-3-0-1]、単勝2番人気[2-1-0-2]と好走しており、勝ち馬は単勝5番人気以内まで
  2. 8枠[3-0-2-5]と好走しており、次に2枠3枠。1枠4枠5枠に3着以内馬がおらず苦戦
  3. 逃げ[2-2-0-2]と好走しており、次に先行[3-1-3-7]。数字では逃げ優秀ですが、数字では先行馬が好走
  4. 4角4番手以下が[0-0-2-37]と苦戦しており、4角3番手以内が優秀
  5. 川原正騎手[2-0-1-2]、下原理騎手[1-1-0-3]、 吉原寛騎手[1-1-0-1]と好走
  6. 盛本信厩舎[2-0-0-4]、新子雅厩舎[0-2-0-2]が優秀
  7. 7歳以上[0-0-2-16]と苦戦しており、中心は4歳~6歳
  8. 前走2着以内[3-4-2-12]と中心も、7着以下からの巻き返し可能な結果
  9. 前走1400m[3-3-3-17]と中心の存在
  10. 前走園田コース組[1-3-4-28]と中心も、笠松コース[2-1-0-5]と好走
  11. 前走逃げ先行[4-5-3-14]と好走

園田チャレンジカップ2020予想

9月10日の園田最終レースが重馬場での発走で、このままいけば、不良馬場での開催もあるかなと。

そうなれば、逃げ馬が揃った今年は、足抜きの良さが手伝うのか?ノメリやすくなり差し馬に展開が向くのか?このあたりからまずは予想を行わないといけない形で。

スタートしてから足抜きの良さも手伝い、テンからハナ争いでハイペースは必至。そうなれば差し馬の展開になりそうですが、差し馬も後ろで同じように脚を使わされていますので、最後の直線で思った以上に差せない競馬。

結果的に、4角2番手~5番手以内が抜け出す競馬をイメージしており、逃げ馬には辛い展開になるのかなと。

◎本命:複勝

ナリタミニスター

馬場が悪い中でのレースを想定していますので、ある程度抑えの利く馬を狙うのがベストかなと。逃げてしまえば、オーバーペースは見えていますので、3番手以下で折り合いを付けながら、最後の直線で前を交わす競馬がハマるかなと。

ナリタミニスターの3走前向暑特別は、不良馬場の中、4角2番手の競馬から前を交わして優勝。勝ちタイム1:27:3は好タイムで、それが斤量58キロでの内容ですから、少し力が違ったように見えました。

今回、同型馬多数ですが、控えた競馬もできますし、前に馬を置いたほうが走れる場合もあり、ハイペースを想定している中であれば、必然と行きたい馬に行かせて、自身は、余裕の番手追走をするはず。

あとは、前走からマイナス2キロの斤量56キロに4連勝の勢い。さらには距離適性◎なども手伝って、期待出来る1頭なのは間違いないかなと考えています。

ただし、スタートで一緒になってハナ争いをすれば、終わった感半端ない形でレースを眺めているような気もします。

ようは、スタートの位置取りがすべてかなと。

◎ナリタミニスター
○ナムラムート
▲ヒダルマ
△イルティモーネ

馬連◎=○▲△3点

[common_content id=”15717″]
タイトルとURLをコピーしました