厳選単複予想

園田ジュニアカップ2歳2018予想!今回は馬単予想でテンマダイウェーヴから

園田ジュニアカップ2歳2018の予想を紹介します。

園田競馬1700m言えば、コーナーを6回も通ることから
スピードとパワー、センスなどがないとなかなか勝ちきれないコースです。

園田競馬1700mに限って言えば、
単勝1番人気になった馬は、他場と比べると、
人気通りの活躍をする可能性が高く、
スピードとパワー、センスがすべて備わっての1番人気だと考えています。

枠順は外枠が不利ですが、スタートしてすぐに
外枠馬が内枠馬に被っていくような位置取りを取ることが多く、
結果的に中枠が不利を受けやすくなります。

この辺も園田らしい傾向ですね。

以下、重要なデータとして、

  1. 4枠5枠6枠の逃げ、先行馬が有利
  2. 前走4角3番手以内追走で3着以内馬
  3. 前走1着で2着馬にコンマ8秒以上差
  4. 前走1400m組

 

予想:馬単◎⇒◯▲△ 3点

今回は馬単予想でいきます。

本命◎4番テンマダイウェーヴ
対抗◯8番テツ
単穴▲11番オオエフォーチュン
注目△1番リリコ

若駒賞組から馬券を組み立てるなら4番テンマダイウェーヴ
前走もきっちり1着と、2着リリコにコンマ8秒差なら
若駒賞の実力が本物ということでしょうか。

脚質の幅も広く、逃げ~差しと自在な脚質で
どんな展開でも走れる形のある現状はかなりのプラス材料。

また、すでに対戦した相手も多く、
ここでは人気に応える走りが見られそうですね。

枠順も最高の枠で、過去5年を見ても、
この枠順辺りから連対馬が出ていますし、
逃げるのであれば、2番手以下は、捕まえることは難しいかも
しれないぐらい、強いと思います。

テンマダイウェーヴと一緒になって
最後は粘り込みの連対が出来そうな8番テツ

前走はテンのスピードの違いでハナへ。
2着馬にコンマ9秒差の快勝。

テンマダイウェーヴが行くなら番手、
行かないならハナへと自在脚質も魅力。

結果的に前の脚が鈍くなり、
大外から差して来れそうなのが11番オオエフォーチュン
外枠を引いた時点で差しは確定的だと思いますので
展開が向けば1発ある!という形での▲。

近走の安定感を評価して1番リリコ
最内で有利があるかどうか、この辺がポイントですが
これまでの戦績を見ても、このメンバーでは上位争い。

全体的には、テツ、リリコの脚が上がれば、オオエフォーチュンの出番。

>>中山金杯2019予想データ解析注目推奨馬!狙う価値のある重賞未勝利馬
>>京都金杯2019予想データ解析注目馬それでも狙いたくなる明け7歳馬

以下、公開予定重賞一覧です。(青文字は予想を公開しています)

12/29 第64回東京大賞典2018
12/30 第12回東京シンデレラマイル
12/30 第22回ライデンリーダー記念
12/31 第42回東京2歳優駿牝馬
12/31 第47回東海ゴールドカップ
12/31 第47回園田ジュニアカップ
12/31 第49回高知県知事賞

スポンサーリンク