STV賞2020予想・先行抜け出しを期待出来る1頭に穴2頭の牝馬で狙い撃ち!

STV賞2020の予想を紹介します。2020年8月1日札幌競馬/STV賞/芝1800m

STV賞過去データ傾向から厳選した(人気・枠順・血統・馬体重・前走距離・前走レース・前走場所・前走クラス・前走人気・脚質・生産者・調教師・騎手・種牡馬)から分析した中から、本命・対抗・単穴・連下の印をつけて紹介します。

STV賞2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

STV賞2020枠順

STV賞2020予想

今年のSTV賞は、条件がガラッと変わり、過去データを参考に出来ませんので、展開予測と近走内容、実績から予想を組み立てています。

先週の札幌芝1800mは、ミドルペースかスローペースの競馬で、先行~差し馬が活躍。ペースによって決まる脚質が変わっているため。展開予測はしっかりとおこないたいところです。

今年は、クラヴィスオレアがハナを主張する中、先行勢がそこまで揃っていないため、スローペースを想定。

そうなれば、先行馬~差しの上がり3F勝負になりやすく、内枠~中枠が馬券になりやすいかなと。

ハンデ差は、最大で4キロですので、そこまで気にする必要はなく、実績を買われた斤量56キロ組を中心視した予想をおこなっています。

◎本命:複勝

ハーメティキスト

5走前札幌の 富良野特別で後の阪神大賞典2着馬トーセンカンビーナにコンマ7秒差をつけて圧勝したあたりから見ても、洋芝適正は十分に見え、その時の池添騎手が前走から引き続き手綱を取るというのも、陣営の本気度が高いと伺えます。

前走むらさき賞は、久々の競馬で5着。勝ち馬からコンマ2秒差なら善戦した内容だったと思います。

今回、叩いた上積みも見込め、得意の芝1800mに札幌コースですから期待が持て、5枠を引いたことで、外め中団から前を追走出来そうなのがプラス。

最悪、少し後ろからでも、外を上がっていけますし、メンバー的に見ても、ここは勝ち負け出来る材料が揃ったと考えています。

先行押しきりも良し、マクリも良しなら狙わない手はないかなといった感じですね。

○対抗

ダンサール

個人的に鞍上が団野騎手というのがプラスに見え、さらに3枠4番に入ったことで、スタートさえ五分なら、勝ち負け出来る1頭かなと。

前走パールSは、放牧明け初戦で太め残りの競馬で4着。好走馬体重が520キロ以下を考えれば、善戦した内容だったかなと。

今回も久々の競馬となり、馬体重が気になりますが、札幌コースは未勝利戦で2着3着とまずまずの結果を出していますので問題なく、あとは、そこそこ速い流れになった時にどう対応出来るかが鍵で。

それでも、メンバーを見れば、ここは連対以上を期待していい近走内容ですので、団野騎手の乗り方に注目したいですね。

▲単穴

ウインゼノビア

逃げ馬は、クラヴィスオレアを想定していますが、2枠に入ったことや、黛騎手騎乗ということでウインゼノビアが逃げる可能性もあるだけに、洋芝適正◎の部分で逃げ残りを期待出来る1頭で。

クローバー賞で早め先頭に立つと、そのままスローペースを維持しながら押し切る競馬で1着。2着馬にコンマ5秒差をつけたあたりは、洋芝適正は十分かなと。

今回、斤量52キロと軽ハンデのレースとなり、

◎ハーメティキスト
○ダンサール
▲ウインゼノビア
△イェッツト
×エターナルヴィテス
×ハナズレジェンド

馬連◎○=◎○▲△××9点

[common_content id=”10677″] [common_content id=”9807″]
タイトルとURLをコピーしました