スピカステークス2019予想!気持ちはパイオニアバイオも叩き一変を狙いたいアーバンキッド

この記事は約3分で読めます。


スピカステークス2019の予想を中心に複勝推奨馬を紹介します。

2019/3/3(日) 2回中山4日目
中山9Rスピカステークス
サラ系4歳上1600万 (混)[指] 定量
芝1800m 9頭 14:35発走

密かに楽しみにしていた1戦。この時期の1600万クラスは見覚えのある馬が数多く出走してきますが、今回はパイオニアバイオが出走してきます。

クラシック戦線は何かと美味しい思いをさせてくれた同馬でした。で、その出会いはフローラS。あのレース以来、個人的には良いとこ取りのような馬券の買い方をしてきましたのでこの1頭だけで見ればプラス。

今回も人気の中心になりますが、それでもオッズは割れた形。

レースの傾向としては、1番人気が馬券になる場合の脚質は差し。そのほとんどが切れ味を持った差し馬が馬券になっています。また、定量戦というのがポイントで、牡馬牝馬の斤量差は2キロ。これも予想のロジックになりますので注意したいところ。

スピカステークス2019上位人気馬評価

パイオニアバイオ

生年月日2015年03月03日 (牝4歳)
毛色鹿毛
調教師牧 光二(美浦)
馬主バイオ 株式会社
生産者/産地ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金5755万4000円
通算成績15戦1勝[1-7-1-6]
主な勝鞍18’サラ3歳未勝利
系統Mr. Prospector系

これまで中山コースは[1-2-0-3]の成績。基本は中山か東京でしか走っていないのでこの数字になってきますが、それでも中山なら走ってもおかしくない存在。

脚質の並びを見ても、頭数的に考えてもスローペース濃厚かなと。そうなるとパイオニアバイオの展開になりやすい。

切れる脚がない分、息の長い脚が使えるだけに中山1800mが良く合うかなと。スローペースを先行しながら、最後の直線では他馬が離脱していくのを横目にしながら最後まで踏ん張るタイプ。

持ち時計も1:48.5なら問題なく走れるはず。

ただし不安材料も。

定量戦のため前走からプラス1キロの斤量。更に使い詰めで来ていますのでそろそろ馬体も緩くなってくるかなと。

スピカステークス2019複勝推奨馬

アーバンキッド

生年月日2013年03月04日(牡6歳)
毛色鹿毛
調教師斎藤 誠(美浦)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者/産地ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金7358万3000円
通算成績18戦2勝[2-3-3-10]
主な勝鞍17’サラ3上1000万
兄弟馬アサケパワー、セプタードアイル
系統サンデーサイレンス系

ティソーナがまんまで行ってしまうかなと思いながらも複勝推奨馬はアーバンキッド。

前走初富士Sは久々の競馬も勝ち馬からコンマ3秒差の5着と力のある所を見せた形。今回は久々を叩いた上積みも見込める今回は狙い目。

3歳時は毎日杯2着、ラジオNIKEI賞3着とオープンクラスで活躍するほど力を持っていましたが4歳時はイマイチの結果が続き、気がつけば1000万クラス。

それでも完全に負けていたような内容は少なく、
今回は得意の中山1800mに戻ることでその力が十分に発揮出来るかなと。

また前走に引き続きF.ミナリク騎手となれば期待も高まります。

今回は内枠に入ったことでスムーズに前に行けるでしょうし距離ロスも防げる。パイオニアバイオの前走が疲労によるもの、もしくは距離が長ったことが原因なら今回も厳しいかなと。そうなると出番は必然とアーバンキッドに回ってくる考え。

ただ1点だけ不安材料も。

基本はマイラー基質に見えますので、スローペースでどこまで折り合いがつくのかが鍵になるかなと考えています。

タイトルとURLをコピーしました