スプリングステークス2020予想や過去データ傾向/今年は平穏も面白いのはガロアクリーク

スプリングステークス2020の予想や過去データ傾向を紹介します。(2020年3月22日中山競馬第69回フジテレビ賞スプリングステークスG2/3歳オープン皐月賞トライアル/芝1800m)

過去10年、阪神開催を除く単勝1番人気は[2-4-2-1]連対率67%と好走しており、阪神開催を合わせれば[3-4-2-1]とさらに好走。

今年の人気の中心は、ヴェルトライゼンデ。前走ホープフルSがコントレイルの2着に好走。さらに非根幹距離巧者ですから人気の中心も頷ける話し。

続く2番手以下には、1ハロン距離延長でどうなるかサクセッションや、前走あすなろ組が好走している中でのファルコニアが上位を形勢する形です。

中山芝1800mは、内枠+逃げ先行馬が有利なコースですから、そのあたりも踏まえながら予想に入っています。

スプリングステークス2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

スプリングステークス2020枠順

馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 1 (外)[地]エン 牡3 54.0 柴田大 [招]河津裕
2 2 シルバーエース 牡3 56.0 横山典 [栗]橋口慎
3 3 ヴェルトライゼンデ 牡3 56.0 池添謙 [栗]池江泰
4 4 ココロノトウダイ 牡3 56.0 丸山元 [美]手塚貴
5 5 ファルコニア 牡3 56.0 Mデム [栗]角居勝
6 6 [地]ガミラスジャクソン 牡3 56.0 鴨宮祥 [招]長南和
7 7 ガロアクリーク 牡3 56.0 Lヒュ [美]上原博
7 8 アオイクレアトール 牡3 56.0 田辺裕 [美]古賀慎
8 9 サクセッション 牡3 56.0 三浦皇 [美]国枝栄
8 10 ラグビーボーイ 牡3 56.0 北村宏 [美]勢司和

スプリングステークス2020予想

少頭数になっても、前走重賞3着以内orオープン特別で3着以内or500万下優勝からのレースといった強いデータは、今年のメンバー構成であれば、ここでも活きる可能性が強いと感じています。

展開的にスローペースの上がり勝負になると想定しており、そうなれば、ヴェルドライゼンデが有利になる可能性が大きく、枠順もベストですから3着以内は外さないとは思います。

◎本命:複勝

ヴェルドライゼンデ

過去データ的に考えても、今回の展開を考えて見ても、前走ホープフルSの内容からすれば、ここは安定の軸馬になることは間違いなく、

ホープフルS同様にスローペースを想定していますので、後は切れる脚をしっかりと出されば、問題なく走って来れるというイメージです。

また、芝1800mが[2-0-0-0]の成績は、クラシック戦線のこの時期においては、かなりのプラス材料で、新馬戦で小倉1800mを優勝していますから、中山1800mも問題無い形。

最終追い切りは、栗東/坂路/良/4F52.6/3F38.5/2F24.8/1F12.0/馬なりと申し分無い時計となっており、1週間前に負荷をかけた調教をおこない12秒を切る走り。

状態面もしっかりと作って来ていますので、ここは抜かりなく好走してくると思いますが、休養明け初戦にトライアルレースという部分を汲み取れば、頭までのイメージがつかなかったので複勝にしてあります。

◯対抗

サクセッション

前走ジュニアカップは、タイム1:33秒4で優勝。このタイムはかなりの好タイムで、ハイペースを3角7番手で通過、4角には、2番手まで押し上げて抜け出す競馬。

2着馬にコンマ4秒差を付けたのも完勝と言って良い内容だったと思います。

前走内容の中で特に目を引いたのが、ハイペースからのマクリ。外国人騎手が良くやるパターンですが、これをハイペースからやってのけましたから、サクセッションの力を十分に理解していないと出来ない騎乗で、騎手にも自信が無いと出来ない技だと思います。

大抵の場合、残り100mで脚が上がってしまうパターンが多いですから、それを2着馬にコンマ4秒差ですから本当に強いレースでした。

今回対抗にした理由としては、1ハロン距離延長の部分。血統背景は、1600m~2000mまでカバー出来る血筋ですが、全兄のクルーガーがマイラーズC優勝という部分を考えれば、中山芝1800mは少し厳しい可能性もあるため、対抗にしています。

ただ、スピードは確かなものがありますから、ためが利く競馬になれば突き抜ける可能性も十分にあると思います。

△連下

ガロアクリーク

前走水仙賞は、ハイペースを4角3番手で追走して4着に善戦。勝ち馬からコンマ3秒差も好内容でした。

その善戦した内容の中でも特に注目したいのがタイム。2:13.4は、3勝クラスよりも速いタイムで、それをハイペースでの粘りで4着ですから立派。

上がり3F3位だったことを考えれば、粘るというよりは、伸び切ろうとしていたとも言えるだけにスタミナは相当なもの。

今回、少頭数でスローペースを想定していますので得意な展開になるかなと。

3角から早めに抜け出しをはかる競馬なら、ちょっとケツが浮いても良い瞬間だと思います。騎手も乗れていますので期待出来る1頭だと思います。

◎ヴェルドライゼンデ
◯サクセッション
▲ファルコニア
△ガロアクリーク

馬連◎=◯▲△3点

[common_content id=”10987″]

スプリングステークス2020過去データ傾向

特に重要なデータ傾向を紹介します。

  1. 追い込み[0-0-1-37]
  2. 単勝11番人気以下[0-0-1-31]
  3. 単勝50倍以上[0-1-0-43]
  4. キャリア1戦[0-0-0-3]
  5. キャリア7戦以上[0-0-1-20]
  6. 前走新馬戦&未勝利戦[0-0-0-13]
  7. 前走1400m以下[0-0-1-6]
  8. 前走2200m以上[0-0-0-7]
  9. 前走単勝10番人気以下[0-0-0-14]
  10. 前走5着以下[0-1-0-35]
  11. 前走負け1秒以上[0-0-0-17]
  12. 単勝1番人気[3-4-2-1]3着内率90%
  13. キャリアの3着内率順なら、3戦[2-5-3-22]、4戦[4-3-3-24]、5戦[2-1-2-17]
  14. 前走別3着内率順ならG1[2-2-3-6]、前走500万クラス[5-5-3-32]、G3[2-3-1-36]
  15. 前走芝1600m組[3-5-4-28]
  16. 前走単勝3番人気以内[8-8-7-51]
  17. 前走3着以内[10-8-9-76]と勝率100%
  18. 前走1着馬で2着馬にコンマ6秒~9秒以内の差なら[1-2-0-2]
  19. 前走4角7番手以内
  20. サンデーサイレンス系
タイトルとURLをコピーしました