【スプリンターズS2018予想注目馬】制裁覚悟で突っ込んでくるあの騎手

スプリンターズS2018データ解析を中心に予想オッズや登録馬の紹介になります。今年の好走データポイントは『高松宮記念組』です。また、それ以外にはキーランドカップ組なども要注目のレースです。上がり馬よりも中山コース適性馬の好走を見極めます。

スプリンターズS2018 登録馬

アドマイヤゴッド57.0
アレスバローズ57.0
カイザーメランジェ55.0
キャンベルジュニア57.0
キングハート57.0
グレイトチャーター57.0
スノードラゴン57.0
セイウンコウセイ57.0
ダイメイプリンセス55.0
タマモブリリアン55.0
ティーハーフ57.0
ナックビーナス55.0
ヒルノデイバロー57.0
ファインニードル57.0
ブラヴィッシモ57.0
ムーンクエイク57.0
ラインスピリット57.0
ラブカンプー53.0
レッツゴードンキ55.0
レッドファルクス57.0
ワンスインナムーン55.0
地方馬、外国馬
ラッキーバブルズ57.0

スプリンターズS2018 予想オッズ

ファインニードル2.1
ナックビーナス3.9
レッツゴードンキ7.6
レッドファルクス9.5
アレスバローズ11.0
ムーンクエイク16.1
ラブカンプー18.8
セイウンコウセイ20.7
ダイメイプリンセス39.7
キャンベルジュニア40.4
ラッキーバブルズ47.1
ワンスインナムーン59.2
ラインスピリット84.4
スノードラゴン153.1
グレイトチャーター159.5
ヒルノデイバロー358.8
キングハート358.8
アドマイヤゴッド395.9
ティーハーフ459.3
タマモブリリアン499.2
カイザーメランジェ499.2
ブラヴィッシモ 1435.3

スプリンターズS2018 コース解析

外回りの向こう正面に入った坂の頂上部分からスタート。最初のコーナーまでの距離は275mと短いが、3コーナーのカーブが緩く、ゴール前坂下までおよそ4.5mを一気に下っていく。最後の直線はローカル場並の310mと短く、最後に中山名物の急勾配が待ち受ける。直線が短いため基本は先行馬有利だが、オーバーペースで先行した馬は急坂で脚が止まり、差し馬の餌食となる。枠は中枠の数字が良いが、下り坂を一気に駆け下りてくるため、4コーナーで馬群が外に振られることもあり、最内をロスなく回った馬が突き抜けることもある。(参考:keibalab.jp)

スプリンターズS2018 過去10年データ解析

枠順

1枠 1-1-1-17
2枠 0-2-3-15
3枠 0-1-3-16
4枠 3-1-0-16
5枠 2-1-0-16
6枠 0-0-1-19
7枠 3-2-2-12
8枠 1-2-0-17

脚質

逃げ2-2-1-5
先行2-3-4-26
差し6-5-3-52
追込0-0-2-45

人気別

1番人気 4-2-0-4
2番人気 1-4-0-5
3番人気 3-1-0-6
4番人気 0-0-0-10
5番人気 0-1-1-8
6番人気 1-0-1-8
7-9番人気0-1-7-22
10-番人気1-1-1-65

馬齢傾向

3歳 1-0-1-10
4歳 3-2-4-16
5歳 3-6-4-34
6歳 2-0-1-34
7歳 0-2-0-23
8歳上 1-0-0-11

性別傾向

牡・セン馬6-7-5-98
牝馬 4-3-5-30

馬体重

439 0-0-0-2
440-459 0-0-1-12
460-479 4-0-3-34
480-499 5-7-3-31
500-519 0-3-2-25
520-539 0-0-1-22
540~ 1-0-0-2

データ的に見れば?

スプリンターズステークス出走馬で、その年の高松宮記念で1着~3着までに入った馬の連対率が異様に高いです。過去10年で見ると、実に8回も高松宮記念上位馬が連対をしています。単純にスプリント色の強い馬で実績のある馬は軸馬に最適だと言うことでしょうね。

今年で言うと、ファインニードル、レッツゴードンキ、ナックビーナスの3頭。予想オッズでもこの3頭は5番人気以内に入っていますから間違いなく、スプリンターズSの中心になるでしょうね。

予想オッズ

ファインニードル2.2
ナックビーナス3.9
レッツゴードンキ7.5
アレスバローズ10.1
レッドファルクス10.8

ファインニードルの中山はイマイチだが

ファインニードルの中山での成績は[1-0-0-2]。巷では中山は不向きだと言われていますが、たったの3レースで不向きだと決めつけるのは早いかなと。1着だった1600万アクアマリンでのタイムは1:08.5。9月の野芝開催ではなかったことを考えると、平均な時計で、そこまで悲観することはないと思いますけどね。この辺をどう見るか?オレは大丈夫だと思っていますけど。

レッドファルクスの3連覇はあるのか?

無いと思う。Mデムーロ騎手が騎乗停止になったことで、この馬の末脚を活かせれる騎手が他にいないと思う。とういうか、やっと制裁が出た感じで、この騎手はいつになったら騎乗停止の処分がくだされるのか?って本気で思っていたからね。岩田騎手同様に無茶な位置取りや、進路変更とかザラにあったから。

話を戻すと、名手戸崎騎手が乗り代わっても、レッドファルクス以外に野芝の荒れた馬場に合う馬が何頭かいるので、今回は厳しいと思う。実際に、レッドファルクス自身も荒れた野芝には抜群の適正力があるから、ここでも見劣らないんだけど、それ以上の馬がいる予想なので、ここは厳しいと思う。

ポイントは、やっぱり逃げ馬

今年もポイントは逃げ馬。ラブカンプーとワンスインナムーンの2頭のどちらかがハナに立つと思うけど、出脚がつくのはラブカンプーだと思うけど、行きたいのはワンスインナムーンだから、和田騎手がグッと我慢出来るかどうかで展開が変わってくると思います。グッと我慢が出来れば、ハイペースでもそこまで速くないハイペース。我慢出来なければ超ハイペース。

ハイペース⇒ラブカンプー、ナックビーナス、セイウンコウセイ

超ハイペース⇒ファインニードル、グレイトチャーター、レッドファルクス、レッツゴードンキ

この辺が有利になるかなと考えています。

推奨馬は、レッツゴードンキ

レッツゴードンキの調教過程や臨戦態勢はわかりやすい部類に入るかなと思っています。前走は完全に叩き台だったレースで、過去放牧明け初戦は、本番に向けての叩き台が多い陣営ですよ。

前走のキーランドカップは勝ち馬からコンマ8秒の6着と叩き台にしてはまずまず。上がり3Fもそこまで悲観する内容でもない。レース自体は稍重だったとしても遅いタイムでのもの。全体的にはレベルの低いレースだったことを考えると、ここは叩き台のレース。

G1馬で、中山コースでの持ち時計も適正も抜群。中山コースの枠順有利は1枠2枠3枠。レッツゴードンキも1枠2枠3枠での成績が優秀。枠順がその辺に収まれば、岩田騎手の秘技、無理やり内イン攻めをしていきますから、見ものですよ。

タイトルとURLをコピーしました