中央競馬最終予想

スワンステークス2020予想や過去データ傾向

スワンステークス2020予想や過去データ傾向を紹介します。2020年10月31日(土)4回京都7日第63回 毎日放送賞スワンステークス(GⅡ)3歳以上オープン・芝1400m

スワンステークス過去10年の結果データ傾向(人気・枠順・血統・馬体重・前走距離・前走レース・前走場所・前走クラス・前走人気・脚質・生産者・調教師・騎手・種牡馬)から厳選したデータを分析。予想を紹介します。

[temp id=10]

スワンステークス2020出走予定馬

スワンステークス2020予想オッズ

1 サウンドキアラ 1.6
2 アドマイヤマーズ 2.9
3 ステルヴィオ 5.8
4 カテドラル 17.7
5 ボンセルヴィーソ 31.4
6 シヴァージ 35.1
7 スマートオーディン 54.0
8 アルーシャ 63.9
9 メイショウオーパス 104.5
10 カツジ 112.5
11 ベステンダンク 135.7
12 プロディガルサン 161.7
13 レインボーフラッグ 193.5
14 キングハート 200.0
15 ロケット 222.6
16 タイムトリップ 357.0
[temp id=12]

スワンステークス2020過去データ傾向分析

単勝人気データ

単勝3番人気以内[9-4-2-15]と好走しており中心。

単勝13番人気以下[0-0-0-35]と苦戦。

全体的には、単勝8番人気の複勝回収率が100%を越えているように、紐荒れもあり、広めの予想が必要なレース結果です。

単勝オッズデータ

単勝2倍~2.9倍[2-1-0-1]と好走していますが、それ以降はやや苦戦しており、単勝49.9倍以内までなら、どこからでも好走している結果です。

単勝50倍以上は[0-0-0-42]と苦戦。

枠順データ

3枠4枠が極端に成績が悪く[0-0-4-32]。連対以上が出ていない結果。

5枠~8枠が好走しており、8勝と中心の存在。単勝1番人気が5枠~8枠に入れば[2-2-0-1]と好走しており、当日の枠順と単勝オッズは要チェックでしょうか。

脚質データ

逃げ[2-2-2-4]勝率20%、3着内率60%と好走していますが、全体的には、追い込みも[2-2-3-39]と3着内率15.2%と、最近の重賞レースでは高い数字です。

上がり3F1位が5勝と強い結果も、上がり3F3位以下も好走しており、上がり3Fが切れれば良いくらいの結果でしょうか。

間隔データ

中2週以下[0-0-1-11]と苦戦。

中3週~25週が好走しています。

馬体重データ

極端に軽馬体重馬以外なら好走している結果です。

年齢データ

7歳以上[0-0-0-18]と苦戦。これは単勝1番人気~3番人気も含まれる結果ですので、強いデータだと思います。

3歳が4勝と好走しており、全体的には6歳まで活躍しています。

単勝1番人気が3歳or4歳なら[3-1-0-1]とさらに好走しています。

騎手データ

福永騎手[1-1-2-5]と好走。

騎手の好走や苦戦は、けっこうな偏りがある中、浜中騎手、福永騎手、岩田騎手、和田騎手などは、狙い目でしょうか。

調教師データ

生産者データ

前走人気データ

前走2番人気以内[6-4-4-17]と好走していますが、単勝10番人気以下からの巻き返しもあるため、前走人気はほぼ不問と言って良い結果だと思います。

前走着順データ

前走人気同様に前走着順も不問と言って良い結果だと思います。

前走クラスデータ

前走オープン特別以上が好走しており中心。

前走レースデータ

全体的には、どこからでも勝ち負け出来る結果となっていますが、安田記念、オータム、スプリンターズS、ポートアイランド、毎日王冠。このあたりが好走しやすい結果です。

前走距離もほぼ不問となっており、前走芝1600m[6-4-3-37]がトップの成績です。

スワンステークス2020過去データ傾向分析まとめ

単勝3番人気以内[9-4-2-15]と好走

単勝13番人気以下[0-0-0-35]と苦戦

単勝2倍~2.9倍[2-1-0-1]と好走

単勝50倍以上は[0-0-0-42]と苦戦

3枠4枠が極端に成績が悪く[0-0-4-32]

5枠~8枠が好走

脚質有利不利は無し

上がり3F1位が5勝

中2週以下[0-0-1-11]と苦戦

中3週~25週が好走

極端に軽馬体重馬以外なら好走

7歳以上[0-0-0-18]と苦戦

福永騎手[1-1-2-5]と好走

前走2番人気以内[6-4-4-17]と好走

前走オープン特別以上が好走

前走芝1600m[6-4-3-37]がトップの成績

[temp id=11]

スワンステークス2020予想

◎本命サウンドキアラ/複勝

これまで極端な枠順であれば好走出来たように今回も1枠1番。

馬込みも平気で、インで脚を溜めながら、経済コースを抜け出す競馬が出来る脚質は、まさに2走前阪神牝馬Sの競馬。

正直、あの位置取りから抜け出す時の速さを見た時は、素直に強い馬だなと。マイルなら牡馬混合でも十分やりあえるだろうなというのが本音で。

今回、脚質的には差し~追い込みが揃った形に見え、そこまで速くならない競馬を想定。そうなれば、ある程度前での競馬が有利になり、

その中でも、スムーズに好位先団を取れているサウンドキアラに展開が向くはず。

陣営のトーンが少し下がり気味なのが気になりますが、久々も苦にしない同馬に期待したいですね。

◎サウンドキアラ
○ステルヴィオ
▲アドマイヤマーズ
△ボンセルヴィーソ
△スマートオーディン
×メイショウオーパス
×カツジ

馬連◎=○▲△△××6点
3連複◎=○▲△△××15点

[temp id=18] [temp id=17]
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。