シャングリラ賞2019予想オッズや過去データ/好枠を引いた上に鞍上強化で狙い目十分

シャングリラ賞2019の予想を中心に予想オッズや過去データ傾向を紹介します。(2019年11月24日東京競馬シャングリラ賞3歳上1000万下/ダート1400m)

東京1000万ダートは、人気上位馬が誠実に走り、紐で人気薄が入るような結果が多く、シャングリラ賞も例外はなさそうかなと。

人気の中心はフォッサマグナ。前走内容からしてここでも人気は不動。さらに好枠を引いたペイシャネガノが2番人気。

人気の中心2頭が内枠に入ったことで人気上位で決まる可能性も、紐は手広く流すほうが良さそうなメンバー。

過去データが少ない今年ですから近走内容を重点に予想を行っていきます。

シャングリラ賞2019予想オッズ

引用先:ネット競馬

シャングリラ賞2019枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 フォッサマグナ 牡3 56.0 C.ルメール
1 2 ニシノジャガーズ 牡4 57.0 岩部 純二
2 3 レンブランサ 牝4 55.0 吉田 豊
2 4 アイアムハヤスギル 牡3 56.0 O.マーフィー
3 5 ラディアント 牡3 56.0 田中 勝春
3 6 ペイシャネガノ 牝3 54.0 M.デムーロ
4 7 サーストンバーラム 牡3 56.0 菊沢 一樹
4 8 マイネルキャドー 牡4 57.0 柴田 大知
5 9 オールウェイズゼア 牡5 57.0 野中 悠太郎
5 10 ミトノアミーゴ 牡4 57.0 北村 宏司
6 11 カミノコ 牡4 57.0 松若 風馬
× 6 12 ニシノコトダマ 牡3 56.0 石川 裕紀人
7 13 オルクリスト 牡3 56.0 横山 典弘
7 14 モリトユウブ 牡4 57.0 蛯名 正義
8 15 カゼノドリーム 騸7 57.0 横山 和生
8 16 ローレルジャック 牡6 57.0 武士沢 友治

シャングリラ賞2019予想

本命◎:単勝

フォッサマグナ

前走からダート路線に変更してきたフォッサマグナ。

血統背景から見てもダート色の強い配合で、いきなりから好走してもおかしくない中、タイム差なしの2着。

スタートも良く終始2番手を追走。ミドルペースも上手く折り合い、ダートはやはり合う走りでした。

今回は、ルメール騎手がそのまま手綱を取ることで安心感も半端なく、このメンバーなら鞍上強化と言っても過言ではないかなと。

また、砂を嫌がる可能性がある中の1枠はスタートさえスムーズなら心配がなくなりますから良い枠に入ったかなと。

また、11月23日の東京ダートコースでの枠順傾向が、内枠が強い結果でなおかつ、1枠の成績が良かったのも後押し出来る材料だと思います。

スムーズに競馬が出来れば、圧勝をすると思います。

シャングリラ賞コース解説

1300mのスタート地点をそのまま100m延ばしたところからスタートで、JRAのダートコースで1400mは4場あるが、スタートからダートを走るのはこのコースのみ。

最初のコーナーまでは442mあって、下りの直線距離が長いため前半のペースはかなり速くなる。下級条件では上がりがかかるため切れ味は不要。

他のコースで上がりの差で負けていたバテないタイプの逃げ・先行馬は狙い目となる。後ろから行く馬もなし崩しに脚を使わされ、バテているので、後方一気はあまり期待できない。引用先:競馬ラボ

シャングリラ賞過去データ傾向分析

過去5年の5回東京開催を参考にしています。

  1. 単勝1番人気[1-0-4-0]3着内率100%
  2. 前走5着以内が優秀
  3. 前走条件戦で6着以下は大きな割引が必要
  4. 前走単勝2番人気以内が[2-2-3-8]と好走
  5. 前走から距離延長組が[0-1-0-15]と苦戦
  6. 4角5番手以内の先行馬が優秀

単勝1番人気の3着内率が100%ですが連対馬は、単勝8番人気~10番人気の人気薄も入っており、手広く馬券を組む必要のある条件

前走単勝2番人気以内+5着以内は、かなり優秀な成績。これだけでも軸に出来るほどのデータ

タイトルとURLをコピーしました