松籟ステークス2019予想!内枠先行の利を活かしてアルメリアブルーム


松籟ステークス2019の予想、複勝推奨馬を紹介します。

2019/2/10(日) 2回京都6日目
京都9R松籟ステークス
サラ系4歳上1600万(混)ハンデ
芝2400m 9頭 14:25発走

歴史のある京都松籟(しょうらい)ステークス。
ハンデ戦ですが、実績を評価された斤量馬の成績が良く、上位人気で決まりやすいレースです。斤量56キロが中心で、上がり勝負になりやすいのが特徴です。人気の中心は、前走寿S2着マイハートビートに菊花賞7着シャルドネゴールド。オリオンS3着サラスでしょうか。

全体的に先行馬が有利も、差し、マクリなども決まるコースで各馬の能力がそのまま反映されやすいコースです。無理に人気薄を狙いに行くよりは、実績のある馬から馬券を組みてるのがベストかなと考えています。

それでは予想オッズです。

 

出典:netkeiba.com


 

松籟S2019予想人気上位2頭の評価

マイハートビート56キロ

前走寿Sはケイティクレバーの絶妙な逃げにしてやられたようなレースで2着。それでもミドルペースを先行しながら上がり最速は強い内容かなと。2歳の早い時期から500万を勝ち上がり、3歳若駒Sは2着と健闘。明け4歳の古馬になったここは、十分に勝ち負け出来る存在。引き続き川田騎手騎乗も心強い。

シャルドネゴールド56キロ

あっさりと勝ってもおかしくないかなと思っていますが。格上だった菊花賞がコンマ8秒差の7着。それ以前にレインボーSは好タイムで2着。京都新聞杯は3着。実績から言えば、この馬で決まりなんですが、騎手相性がどうか。また、激走だった菊花賞あとですから、勝ってもおかしくないですが複勝推奨馬としては手が出せないですね。

松籟S2019複勝推奨馬

アルメリアブルーム54キロ

前走オリオンSのタイムが優秀の中、上がり最速で2着は立派。初の2400mも問題なく、スローペースでも折り合いをつけスムーズに追走。1着シュペルミエールにハナ差まで詰めよる内容。

これまで同じクラスを何度か経験しながら「レースを覚えて勝ち上がる」タイプの馬で
1600万クラスも今回で4戦目。この手の馬は、勝ち切るまで数戦かかるも安定した走りが出来ますので複勝馬として信頼しやすい馬。

今回もスローペースを想定していますのでここでも十分馬券になる考えです。

今週の重賞&特別レース予想まとめ

クイーンC2019最終予想
京都記念2019予想
こぶし賞2019予想
共同通信杯2019予想
洛陽S2019予想
あすなろ賞2019予想

タイトルとURLをコピーしました