春雷ステークス2020予想/長期休養明け初戦を叩いて上積みが見込めるトゥラヴェスーラ

春雷ステークス2020の予想を紹介します。(2020年4月12日中山競馬4歳以上オープンハンデ/芝1200m)

別定戦を含む過去5年は単勝1番人気が[2-2-0-1]と好走している中、単勝6番人気~9番人気が4連対と紐荒れ傾向の強いレース結果となっています。

今年の人気中心はマリアズハート、トゥラヴェスーラ、タイセイアベニール。

朝の単勝オッズでは、マリアズハートが5.6倍で1番人気ですが、上記3頭で人気割れをしている形。

過去5年の1番人気は4連対で、その内2頭は4倍以上での連対ですから単勝オッズはそこまで気にする必要はないのかなと。

また、4角2番手~5番手以内が好走しており、先行馬有利のレース。過去5年の中でハイペースが一度もなかったことが先行有利になった要因。

今年もフルゲート16頭で争われる中、強力な逃げ馬不在、スタート次第で先行策を取るといった自在性のあるメンバー構成となっていますので、速くてもミドルペースまでを想定しています。

それでは予想です。

春G1・8戦6勝の無料情報!秋G1は天皇賞秋~ジャパンカップ的中!

◎春G1シリーズ8戦6勝!
◎秋G1シリーズも天皇賞秋、菊花賞、マイルCS・ジャパンカップ的中!

無料予想で稼ぐならここがダントツに稼げます!

■春G1無料予想8戦6勝~天皇賞秋・マイルCS

春G1無料予想は、投資金41200円→18万以上を獲得!

■秋G1も好調で、菊花賞・天皇賞秋・マイルCS無料買い目

◎天皇賞秋/3連複9.6倍×600=5760円/回収率107%
◎菊花賞/3連複38.1倍×600円=22,860円/回収率423%
◎マイルCS/3連複16.1倍×600円=9660円獲得/回収率177.8%

■京都2歳S&ジャパンカップ無料買い目

◎京都2歳S/3連複44.2倍×500円=22,100円/回収率442%
◎ジャパンC/3連複3.0倍×700円=2,100円/回収率43%

ジャパンCはやはり堅め展開、予想はガミも土曜重賞と合わせて2万4千円獲得+1万4千円収支!

今週の無料予想
12/05ステイヤーズS
12/06チャンピオンズカップ

先週土日の無料予想は、ジャパンカップ、京都2歳S、ワイド1鞍的中・4戦3勝で3万2200円獲得で楽勝のプラス。

ここの無料買い目は、マジで稼げます。

初めて参考にされる方は、土曜重賞も良く来ていますので、まずは、ステイヤーズSの無料買い目をチェックして見てください!

↑無料アドレス登録のみで即、ステイヤーズSとチャンピオンズカップの無料買い目が確認できます。

春雷ステークス2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

春雷ステークス2020枠順

馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 1 ライオンボス 牡5 56.0 鮫島克 [美]和田正
1 2 アルマエルナト セ9 53.0 木幡巧 [美]伊藤大
2 3 トゥラヴェスーラ 牡5 54.0 Lヒュ [栗]高橋康
2 4 キングハート 牡7 56.0 北村宏 [美]星野忍
3 5 ダイシンバルカン 牡8 53.0 田中勝 [栗]吉田直
3 6 タイセイアベニール 牡5 55.0 三浦皇 [栗]西村真
4 7 (地)メイショウキョウジ 牡5 55.0 津村明 [栗]藤岡健
4 8 ラヴィングアンサー 牡6 54.0 吉田豊 [栗]石坂正
5 9 ナランフレグ 牡4 55.0 丸田恭 [美]宗像義
5 10 カルヴァリオ セ7 53.0 内田博 [美]大竹正
6 11 エスターテ 牝5 51.0 野中悠 [美]伊藤伸
6 12 レジーナフォルテ 牝6 54.0 杉原誠 [美]佐藤吉
7 13 トウショウドラフタ 牡7 54.0 岩部純 [美]萱野浩
7 14 トウショウピスト 牡8 53.0 江田照 [美]土田稔
8 15 イエローマリンバ 牝5 53.0 斎藤新 [栗]河内洋
8 16 (外)マリアズハート 牝4 53.0 大野拓 [美]菊沢隆

春雷ステークス2020予想

基本的に良く言えば、自在性のある馬が多く出走しており、悪く言えば、どういった脚質でレースを進めるのか検討が付きにくいメンバー構成。

それでも全体的にはミドルペースを想定していますので先行馬を狙いつつ、トップハンデ馬の苦戦傾向や、追い込み馬苦戦。7歳以上も苦戦といった細かいデータを取り入れながら予想を組んでいます。

◎本命:複勝

トゥラヴェスーラ

まずは、2枠を引いたことで、スタートさえ五分なら好位先団をスムーズに取れるのはプラス。

また前走北九州短距離から斤量マイナス2キロもプラス材料。

前走北九州短距離は、骨折での長期休養明けでしたが4着に好走。重馬場や斤量56キロだったことを考えれば善戦した内容だったかなと。

直線に向いてから手応は抜群に見えましたが上がり3F36.0は、やはり長期休養明けの分が響いた形。

今回、ひと叩きされた馬体に絶好の2枠。斤量54キロなら初の中山コースでも十分に勝負出来る見立て。

期待したい1頭ですね。

◯対抗

メイショウキョウジ

中1週での臨戦態勢も、前走内容が上々だったメイショウキョウジ。

前走船橋Sは、初の中山コースでもスタートを決め、好位先団4番手を追走。ハイペースで稍重の競馬を先行しながら最後まで走り抜いた脚質は、ミドルペースを想定しているここなら十分に抜け出し押し切れる見立て。

小倉や京都といった平坦コースで善戦してきましたが、前走船橋Sで中山コースでもやれることを証明したのは大きかったかなと。

ただ、稍重のハイペースに、楽に先団を追走出来たといった恩恵に近いものがありましたから、今回はある意味、試金石の1戦。

その中で津村騎手が乗り替わりということもあり、個人的には鞍上強化と見ています。

スタートさえ五分なら十分に狙える1頭です。

◎トゥラヴェスーラ
◯メイショウキョウジ
▲マリアズハート
△タイセイアベニール
△ナランフレグ
×レジーナフォルテ
×ラヴィングアンサー

馬連◎◯=◎◯▲△△××11点

タイトルとURLをコピーしました