ターコイズステークス2019消去法データ推奨馬/3歳勢が中心も上位混戦模様の結果

ターコイズステークス2019の消去法データ推奨馬や予想を紹介します。(2019年12月14日中山競馬第5回ターコイズステークス/3歳以上 (国際)牝(特指)オープンハンデ/芝1600m)

クラシック戦線を終えた3歳勢がここから古馬との初対決を迎えるなど牝馬戦線も激しくなってきます。

今年は、シゲルピンクダイヤにコントラチェックなどクラシック戦線を賑わした3歳勢が出走。

ターコイズステークス2019の消去法データ推奨馬が3歳勢中心になったことで予想も楽になるはずが上位混戦模様となっており、やはり難しい牝馬ハンデ戦となっています。

春G1・8戦6勝の無料情報!秋G1は天皇賞秋~ジャパンカップ的中!

◎春G1シリーズ8戦6勝!
◎秋G1シリーズも天皇賞秋、菊花賞、マイルCS・ジャパンカップ的中!

無料予想で稼ぐならここがダントツに稼げます!

■春G1無料予想8戦6勝~天皇賞秋・マイルCS

春G1無料予想は、投資金41200円→18万以上を獲得!

■秋G1も好調で、菊花賞・天皇賞秋・マイルCS無料買い目

◎天皇賞秋/3連複9.6倍×600=5760円/回収率107%
◎菊花賞/3連複38.1倍×600円=22,860円/回収率423%
◎マイルCS/3連複16.1倍×600円=9660円獲得/回収率177.8%

■京都2歳S&ジャパンカップ無料買い目

◎京都2歳S/3連複44.2倍×500円=22,100円/回収率442%
◎ジャパンC/3連複3.0倍×700円=2,100円/回収率43%

ジャパンCはやはり堅め展開、予想はガミも土曜重賞と合わせて2万4千円獲得+1万4千円収支!

今週の無料予想
12/05ステイヤーズS
12/06チャンピオンズカップ

先週土日の無料予想は、ジャパンカップ、京都2歳S、ワイド1鞍的中・4戦3勝で3万2200円獲得で楽勝のプラス。

ここの無料買い目は、マジで稼げます。

初めて参考にされる方は、土曜重賞も良く来ていますので、まずは、ステイヤーズSの無料買い目をチェックして見てください!

↑無料アドレス登録のみで即、ステイヤーズSとチャンピオンズカップの無料買い目が確認できます。

ターコイズステークス2019出走予定馬や騎手

馬名 騎手 厩舎
アマルフィコースト54 坂井瑠星 牧田和弥
ウインシャトレーヌ53 松岡正海 大久保龍
ウインファビラス52 畠山吉宏
エスポワール53 Mデムーロ 角居勝彦
オールフォーラヴ55 石橋脩 中内田充
クリノアリエル49 武英智
コントラチェック54 Cルメール 藤沢和雄
シゲルピンクダイヤ54 和田竜二 渡辺薫彦
ダノングレース54 三浦皇成 国枝栄
ディメンシオン54 Oマーフィー 藤原英昭
デンコウアンジュ56 柴田善臣 荒川義之
トロワゼトワル55 横山典弘 安田隆行
ハーレムライン54 大野拓弥 田中清隆
フィリアプーラ53 丸山元気 菊沢隆徳
フローレスマジック54 北村宏司 木村哲也
フロンテアクイーン56 津村明秀 国枝栄
ブランノワール51 須貝尚介
メイショウオワラ53 内田博幸 岡田稲男
メイショウグロッケ53 蛯名正義 荒川義之
メイショウショウブ53 池添謙一 池添兼雄
モアナ54 高橋文雅
リバティハイツ55 藤岡佑介 高野友和
スポンサーリンク

ターコイズステークス2019枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 メイショウグロッケ 牝5 53.0 蛯名 正義
1 2 ウインシャトレーヌ 牝5 53.0 松岡 正海
2 3 モアナ 牝5 54.0 石橋 脩
2 4 ハーレムライン 牝4 54.0 大野 拓弥
3 5 デンコウアンジュ 牝6 56.0 柴田 善臣
3 6 フロンテアクイーン 牝6 56.0 津村 明秀
4 7 シゲルピンクダイヤ 牝3 54.0 和田 竜二
4 8 エスポワール 牝3 53.0 M.デムーロ
5 9 リバティハイツ 牝4 55.0 藤岡 佑介
5 10 ダノングレース 牝4 54.0 三浦 皇成
6 11 オールフォーラヴ 牝4 55.0 W.ビュイック
6 12 フローレスマジック 牝5 54.0 北村 宏司
7 13 コントラチェック 牝3 54.0 C.ルメール
7 14 フィリアプーラ 牝3 53.0 丸山 元気
8 15 ディメンシオン 牝5 54.0 O.マーフィー
8 16 トロワゼトワル 牝4 55.0 横山 典弘

ターコイズステークス2019予想オッズ

引用先:ネット競馬

ターコイズステークス2019消去法データ1

  1. 6歳以上で当日単勝4番人気以下[0-0-0-17]
  2. 前走G2G3組[0-0-2-25]
  3. 前走1400m以下のOP特別[0-0-1-19]
  4. 前走1000万クラス[0-0-1-5]
  5. 前走地方競馬[0-1-0-3]
  6. 前走1400m以下だった馬で当日単勝10番人気以下[0-0-0-18]
  7. 前走4角5番手以内の単勝7番人気以下[0-1-0-26]

該当馬は、アマルフィコースト、ウインシャトレーヌ、ウインファビラス、オールフォーラヴ、クリノアリエル、ダノングレース、ディメンシオン、デンコウアンジュ、トロワゼトワル、ハーレムライン、フィリアプーラ、フローレスマジック、フロンテアクイーン、ブランノワール、メイショウオワラ53メイショウグロッケ、メイショウショウブ、モアナ、リバティハイツ

スポンサーリンク

ターコイズステークス2019消去法データ2

ターコイズステークス2019消去法データ1で生き残った馬がエスポワール、コントラチェック、シゲルピンクダイヤの3頭。

  1. 連対馬20頭中16頭が芝1600mで優勝経験
  2. 残りの4頭が芝1800m、2000mで2勝以上の実績
  3. 近年はトップハンデ馬が3着以内
  4. ダイワメジャー産駒、キングカメハメハ産駒
  5. ノーザンファーム生産馬[1-1-1-19]
  6. 斤量53~56キロ[6-2-6-45]

ターコイズステークス2019消去法データ推奨馬

◎コントラチェック
◯シゲルピンクダイヤ
▲エスポワール

消去法データ推奨馬2の取り扱いによっては印がガラッと変わってしまう形ですからこのあたりは当日の枠順や脚質、馬体重や最終追い切りを加味して決定するのが得策です。

ダイワメジャー産駒やキングカメハメハ産駒が強いレースの中、血統で言えば、シゲルピンクダイヤとエスポワール。特にエスポワールはSS系×ロベルト系と好走血統にハマっていますので走ってもおかしくない形。

また、1600mのマイルで優勝経験は、コントラチェックが1800m2勝、1600m1勝と1ハロン長めの距離を走れるスタミナが必要なターコイズSですから軍配はコントラチェック。

最後まで悩みの種だったシゲルピンクダイヤ。重賞戦線で好走を繰り返すも1勝馬というのがネック。このあたりは、個人の采配によって変わるのかなと。

3頭ともに最後まで残った消去法データ推奨馬ですが、何度も言うように最終的に枠順が決まってからになりますね。

スポンサーリンク

朝日杯フューチュリティステークス2019消去法データ推奨馬

朝日杯フューチュリティステークス2019消去法データ推奨馬/サリオス対3頭の戦い
朝日杯フューチュリティステークス2019の消去法データ推奨馬や予想を紹介します。(2019年12月15日阪神競馬第71回朝日杯フューチュリティステークス2歳オープンG1/芝1600m)サリオス対3頭の戦いもケチが付けやすい3頭なだけに紐荒れも。
朝日杯フューチュリティステークス2019血統分析評価/血統まであの馬が1番手評価
朝日杯フューチュリティステークス2019の血統分析評価を紹介します。(2019年12月15日阪神競馬第71回朝日杯フューチュリティステークス2歳オープンG1/芝1600m)朝日杯FSは、血統背景と生まれた月が重要で、ある意味ここだけクローズアップすれば、ある程度の馬まで絞り込め、穴馬を拾うことも出来る可能性が十分にあります。
朝日杯フューチュリティステークス2019出走予定馬や騎手・予想オッズ/狙いは先行馬
朝日杯フューチュリティステークス2019の出走予定馬や騎手・予想オッズを中心に注目馬の評価を紹介します。(2019年12月15日阪神競馬第71回朝日杯フューチュリティステークス2歳オープンG1/芝1600m)注目は前走レコード勝ちをした2頭。サリオスにタイセイビジョンがどういった走りをするのか?さらに先行脚質で面白いのがビアンフェ。

ターコイズステークス2019消去法データ推奨馬評価

コントラチェック

調教師 藤沢 和雄(美浦)
生産者/産地 ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金 5655万9000円
通算成績 7戦3勝[3-1-1-2]
主な勝鞍 19’フラワーカップ

フラワーCを制したあと、桜花賞へは向かわずに放牧へ。騎手の調整や距離適性の部分がネックとなっていたような話もあり、オークスでは単勝3番人気に期待された1頭でしたが9着に大敗。

続く秋華賞も15着に大敗とクラシック戦線では見せ場無しで終わり消化不良のようなレースだったかなと。

中山コース[2-1-0-0]と相性が良く、小回りコースでこそ力を発揮出来るタイプなだけに巻き返しは可能。

オークスであれだけ騒がれていた割に好走出来なかったのは距離適性の問題で、1800m前後が合う距離の可能性が秋華賞の走りでさらに高まった形です。

好走条件としては先行をリズム良く進むことが大前提で同型馬が多い場合は、厳しい可能性もあります。

個人的には買いづらい1頭です。

スポンサーリンク

シゲルピンクダイヤ

調教師 渡辺 薫彦(栗東)
生産者/産地 天羽牧場/日高町
中央獲得賞金 1億1051万2000円
通算成績 7戦1勝[1-2-2-2]
主な勝鞍 18’サラ2歳未勝利

7戦して自己条件を1勝もしていない中、前走秋華賞は3着。桜花賞は2着と好走を重ね、父ダイワメジャー産駒らしい距離適性を見せています。

個人的には、桜花賞まで世話になりましたが基本的にどんなペースでも切れる脚は驚異で素晴らしいのですが裏を返せば、どんなペースでも同じ戦法ですから展開待ちの部分が大きいかなと。

過去5年のターコイズSは、差し馬有利なコースでシゲルピンクダイヤに展開が向きそうですから切れる脚を使うための位置取りを和田騎手がどのあたりに決めるのか?

このあたりがポイントになるかなと。

これまで小回りコースを走って来ていないだけにどこまで器用な競馬が出来るかが未知数ですが本来の走りがここでも出れば、好走は可能かなと考えています。

ただ、単勝2、3番人気では買いづらいのが本音ですね。

エスポワール

調教師 角居 勝彦(栗東)
生産者/産地 ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金 5096万0000円
通算成績 7戦4勝[4-1-1-1]
主な勝鞍 19’修学院ステークス

データと血統の両方がターコイズSに合っていそうで、過去4年、サンデーサイレンス系が[4-0-1-33]の4勝と好走も3着内率が13%と苦戦。

これに母の父ロベルト系なら4勝とすべての馬に該当する点。

この血統背景SS系×ロベルト系がまさにエスポワールだから鼻息が荒くなるかなと。さらに過去データ傾向では、3歳の前走が重賞以外の場合が好走しており、これもエスポワールが該当する。

今回初のマイル戦となりますが陣営の話では「マイルでも走れるように持ってきているから大丈夫だと思います。前めで競馬が出来そうなのもプラスですから十分太刀打ちは出来るはずです」と。

前走修学院Sは好位から楽に抜け出して優勝。

個人的にも期待ている1頭ですね。

タイトルとURLをコピーしました