出走予定馬

2021高松宮記念の出走予定馬や注目馬評価・予想オッズ・初1200m組が多数出走予定

高松宮記念2021の出走予定馬や注目馬評価、予想オッズを紹介します。(2021年3月28日中京競馬第51回高松宮記念G1/4歳以上/国際/指定/オープン/定量/芝1200m)

最優秀短距離馬に選出されたグランアレグリアが大阪杯に向かうことで、高松宮記念2021は一気に激戦。

その中でも芝1200m戦が初といった馬が多く、それが上位人気に支持されそな面々ですからひと波乱起きそうなイメージです。

それでは、高松宮記念2021の出走予定馬や注目馬評価を紹介します。

高松宮記念2021出走予定馬

高松宮記念2021予想オッズ

人気 馬名 予想オッズ
1 レシステンシア 1.6
2 ダノンスマッシュ 4.5
3 インディチャンプ 8.0
4 ダノンファンタジー 14.1
5 ラウダシオン 17.1

高松宮記念2021出走予定注目馬

モズスーパーフレア


昨年の高松宮記念優勝馬のモズスーパーフレア。

優勝後は、勝ち星がなく、重賞で善戦止まり。昨年の年末には初のダートでJBCスプリントに出走して4着など、地力の高さが証明されてはいますが。

今年は、前走シルクロードSから始動も、単勝1番人気で17着に敗退。

高松宮記念過去10年のデータでは、前走シルクロードSで5番人気以内+当日単勝5番人気以内なら好走していますので、当日の人気に注目したい1頭です。

マルターズディオサ

高松宮記念過去10年、前走阪神カップ[0-1-0-5]と苦戦しており、前走阪神カップで2着だったマルターズディオサには少し不安なデータかなと。

今回、初の芝1200m戦になりますので、道中のスピードについていけるかがポイントで、血統背景から見ても、やはり不安要素のひとつ。

連下止まりの評価です。

ライトオンキュー

前走シルクロードSは、単勝3番人気で2着。勝ち馬からコンマ2秒差ですから惜しい競馬でした。

2019年の3勝クラスを勝ち上がると、そこから善戦を重ね京阪杯を優勝。さらに2020年はキーンランドカップ2着、スプリンターズS9着と善戦しており、血統背景を超える晩成型なのかなと。

6歳になった前走でシルクロード2着。先行力あり、中京コースでも勝ち星がありますので期待出来る1頭です。

インディチャンプ

マイルCSを優勝するなど、マイル路線で活躍してきたインディチャンプが初のスプリントに出走ということで、個人的には距離が短い印象が拭えないかなと。

前走阪急杯で4着に善戦しており、このあたりを見ても1400mまでが理想。

人気になりそうなならスパッと切りたい1頭です。

サウンドキアラ

前走阪神カップは単勝5番人気で4着。勝ち馬からコンマ4秒差なら悲観する内容ではなく。むしろ牝馬で、前残りの展開の中で良く差して掲示板に載ったなと。

今回、初の芝1200m戦になりますが、母サウンドバリアーから見れば、距離は合うと考えており、牝馬も好走している高松宮記念なら、期待出来る1頭だと思います。

ただし、前走レースが相性の悪い阪神カップですので、ポイントはそのあたりになりそうです。

 

ダノンスマッシュ

高松宮記念は、前走海外組[0-0-0-2]とイマイチで、国内1戦を挟むのが理想ですが、過去実績から見れば、ここは勝ち負けしないといけない1頭かなと。

昨年の高松宮記念は単勝3番人気で10着に大敗。稍重にモズスーパーフレアの絶妙なミドルペースに翻弄されたような内容ですから悲観することも無いのですが、

『中京コース』。これがイマイチなのかなと。

休養明け初戦が大一番ということも重なり、不安要素は多くなりますが、それでも地力でなんとかしそうなイメージもありますね。

ダノンファンタジー

これまで14戦の内、9着以下が1戦もなく、いつも善戦するダノンファンタジーも、裏を返せば勝ちきれないタイプだけに、初の芝1200mに行って、良い意味で開花すればというイメージ。

前走阪急杯は単勝2番人気で5着。休養明け初戦にしてはまずまずの走りも、後手を踏んでの後方待機策からの競馬ですから、度外視出来る内容だったと思います。

芝1400m~芝1800mで重賞勝ちをしている同馬ですから、個人的には距離は合うと考えており、あとはスピードとぱわーがどこまで通用するのか?このあたりかなといったところです。

[temp id=34]
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。