多摩川ステークス2020予想や過去データ傾向/前走叩き台は明らか!今回が狙い目の本命

多摩川ステークス2020の予想や過去データを紹介。過去の傾向から厳選した(人気・枠順・血統・種牡馬・馬体重・前走・脚質・種牡馬)や、展開を予測して予想を組み立てています。

春G1・8戦6勝の無料情報!秋G1は天皇賞秋~ジャパンカップ的中!

◎春G1シリーズ8戦6勝!
◎秋G1シリーズも天皇賞秋、菊花賞、マイルCS・ジャパンカップ的中!

無料予想で稼ぐならここがダントツに稼げます!

■春G1無料予想8戦6勝~天皇賞秋・マイルCS

春G1無料予想は、投資金41200円→18万以上を獲得!

■秋G1も好調で、菊花賞・天皇賞秋・マイルCS無料買い目

◎天皇賞秋/3連複9.6倍×600=5760円/回収率107%
◎菊花賞/3連複38.1倍×600円=22,860円/回収率423%
◎マイルCS/3連複16.1倍×600円=9660円獲得/回収率177.8%

■京都2歳S&ジャパンカップ無料買い目

◎京都2歳S/3連複44.2倍×500円=22,100円/回収率442%
◎ジャパンC/3連複3.0倍×700円=2,100円/回収率43%

ジャパンCはやはり堅め展開、予想はガミも土曜重賞と合わせて2万4千円獲得+1万4千円収支!

今週の無料予想
12/05ステイヤーズS
12/06チャンピオンズカップ

先週土日の無料予想は、ジャパンカップ、京都2歳S、ワイド1鞍的中・4戦3勝で3万2200円獲得で楽勝のプラス。

ここの無料買い目は、マジで稼げます。

初めて参考にされる方は、土曜重賞も良く来ていますので、まずは、ステイヤーズSの無料買い目をチェックして見てください!

↑無料アドレス登録のみで即、ステイヤーズSとチャンピオンズカップの無料買い目が確認できます。

多摩川ステークス2020レース概要

開催日 2020年6月21日/日曜日
開催場所 東京競馬場
レース名 多摩川ステークス
条件 3歳以上3勝クラス/定量
距離 芝1400m・左回り
本賞金1着 1820万円

多摩川ステークス2020 過去データ傾向分析

同条件の白秋ステークスの過去10年を参考にしています。

単勝人気別成績

単勝1番人気[2-3-0-5]連対率50%と、まずまずの成績。勝鞍は、単勝6番人気を目安にそこまで荒れないレースとなっています。

単勝オッズ別成績

枠順別成績

やっぱりというか、2枠の成績が落ちるのがポイントで、スタートのテンからスムーズに前が取れる馬でないと馬券になりにくいのが2枠かなと。

その他では、5枠がやや苦戦という以外は、ほぼ勝ち負けが出来ている結果です。

脚質別成績

逃げ馬が[1-0-2-7]3着内率30%とまずまず馬券になっていますが、先行馬はやや苦戦。

最も好走しているのが差し馬で[7-5-4-51]勝率10%連対率17.9%。

上がり3F勝負というわけでも無いのですが、切れる事に越したことは無い数字で、上がり3F1位2位で5勝ですから、やはりといったところです。

馬年齢別成績

6歳以上[0-0-0-42]と苦戦しており、4歳馬が7勝とトップの成績。

前走単勝人気別成績

前走単勝2番人気以内で6勝とトップ。ある程度の支持は必要になってくるレースです。

血統・種牡馬別成績

サンデーサイレンス系が優秀ですが、ディープインパクト産駒は[0-0-3-12]と苦戦。

馬体重データ

多摩川ステークス2020 予想オッズ

引用先:ネット競馬

多摩川ステークス2020 枠順

引用先:競馬ラボ

多摩川ステークス2020 予想

◎本命:複勝

アフランシール

前走フリーウェイSは、休養明け初戦ということで馬体重がプラス14キロと馬体が仕上がっていない感じの中、好位6番手から差す競馬も4着に敗退。

最後まで追っていないように見えましたので、ここは叩き台の意味合いが強いレースだったかなと考えています。

今回は叩き2戦目で上積みが見込め、斤量2キロ増にはなりますが、馬格がある牝馬ですので問題無いと思います。

全3勝の内2勝が芝1400mで、[2-0-1-2]と得意の距離。

で、今回は、本当に良い枠順に入ったなと。

速くてもミドルペース以内を想定しているレースの中、7枠を引いたことで、最後の直線でバラけにくい東京コースですから、外めを追走しながら、最後は外よりを上がって来れそうなのがプラスで、

さらに人気馬が大外に入ったことも、最終的には目標に出来る分、前走以上に伸びも違って来るはず。

早い時期から重賞で善戦していますし、現状では芝1400mが合っているようにも見えますので期待したい1頭ですが、不安点も。

川田騎手からルメール騎手に乗り替わりになった過去3年は[1-1-2-10]とやや苦戦。このあたりがどうでるかですが、今回は陣営の本気度が高いレースと思いたいですね。

タイトルとURLをコピーしました