多摩川オープン2020予想/展開的に素直に先行抜け出しがハマりそうな馬を狙う

多摩川オープン2020の予想を紹介します。(2020年1月30日川崎競馬4歳以上オープン/ダート1600m)

JRAから転厩初戦、2戦を迎える実績馬サトノアッシュやストロングバローズ。すでに転厩をして地方で勝利を収めているドリームドルチェあたりが上位人気になるかなと。

展開的に見ても、一歩間違えれば、大外の差し馬が飛んで来そうな脚質の並びで、それでも先行勢がそのまま押し切るのかどうか?といった見極めが予想のポイントになってくると思います。

個人的には、18年、19年と同じ展開を予測していますので、その展開通りに走れそうな馬を本命としています。

◎2週連続の万馬券的中で21万獲得の無料予想!

◎10月総額【49,621,960円】獲得!
◎中穴から大穴専門の無料予想!
直近は、3連複10点で254倍、190.2倍を立て続けに的中!

■シリウスSに神戸新聞杯で2週連続の万馬券的中!

実際に公開された買い目がコチラ↓

■中京11RシリウスS
3連複2-3-15
254倍×500円=127000円獲得
回収率2540%

■中京11R神戸新聞杯
3連複2-5-18
190.2倍×500円=95,100円獲得
回収率1902%

単勝14人気ロバートソンキー入れてました!

神戸新聞杯とシリウスSの無料予想で計21万円を獲得は本当に稼がしてもらいました。

■東京スポーツ杯2歳ステークス的中!

1着3ダノンザキッド①番人気
2着2タイトルホルダー⑤番人気
3着10ジュンブルースカイ③番人気
3連複21.7倍×500円=1万850円獲得
回収率217%

今週は京都2歳Sとジャパンカップの無料予想を公開!

昨年のジャパンカップもきっちりと的中!

現在、京都2歳Sの無料買い目を公開中です!

2週連続で万馬券を的中させたここの無料買い目は、闇雲に穴を狙った買い目ではなく、本命3頭+穴2頭といった中配当から高配当まで狙ったバランスの良い買い目です。

今週も厳選された5頭の推奨馬は、期待出来ます。

↑上記から競馬学会のHPへ。【無料】フォームから無料メルアド登録のみでジャパンカップの無料買い目が即確認出来ます!

多摩川オープン2020枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 サトノアッシュ 牡8 57 森泰斗
2 2 ストロングバローズ 牡7 57 矢野貴之
3 3 ミッシングリンク 牝6 55 的場文男
3 4 ゼンノウラヌス 牡8 53 M.ミシェル
4 5 ロジチャリス 牡8 57 町田直希
4 6 ハクサンルドルフ 牡7 57 吉原寛人
5 7 プロトコル 牡9 57 山林堂信彦
5 8 ドリームドルチェ 牡8 57 本橋孝太
6 9 バルダッサーレ 牡7 57 笹川翼
6 10 ラブミークン 牡8 57 御神本訓史
7 11 バンドオンザラン 牡6 57 左海誠二
7 12 ブレーヴマン 牡8 55 丹内祐次
8 13 ウェイトアンドシー 騸9 57 今野忠成
8 14 ジャーニーマン 牡7 57 藤本現暉

多摩川オープン好走展開予測

過去3年の展開を確認すると、向こう正面で6番手以内につけていないと3着以内に入りづらい状況で、連対であれば5番手以内が最低条件。

7、8番手以下は、すでに4角手前で差をつけられている可能性が高く、差し馬でも団子状態、ひと塊の中での差しですからほぼ先行勢と変わらないポジションが重要。

スタートして先行勢が横3隊列で進むレースが多く、先団が6頭ほどで流れ、逃げ馬は必然と突かれる競馬になりますから4角から直線に向くころには脚が上がりはじめています。

今年のメンバーは、逃げ先行勢が揃ったことにより、上記展開と同じだった2018年、2019年の展開を想定。

2枠3枠4枠あたりのスタートが良ければハナに行きますから、5枠6枠7枠8枠の先行~差しで、横2列目3列目の6番手以内を追走出来そうな馬を狙うのがベストかなと思います。

多摩川オープン2020予想

2枠2番ストロングバローズの取り捨てが難しく、スタートや行き脚がつかなければ、枠順的に後方からの競馬になりますから、そうなると届かない可能性が大きいわけで、

また、久しぶりの競馬に加え転厩初戦がどうか。地方の砂が合うかどうかも未知数も、3歳時にはJRAの伏竜S1着、ユニコーンS2着、近走は梅田S(1600万)1着と実績面は言うことなし。

年齢的なこともありズブさが出て差し脚質になっていますが、3歳時は先行力もありましたから、ここでいきなりその先行力が復活する可能性も否定出来ないだけに取り捨てが難しいですね。

ただ、今回は、これだけ不安要素がありますから、あくまでも紐扱いとするのが妥当で、単複なら他の馬を狙うほうが得策。

◎本命:複勝

ドリームドルチェ

3走前中原オープンが移籍2戦目で優勝する自体、地方の砂が合っている証拠で、タイム1:40.8秒ですから強いのひとこと。

続く2走前勝島王冠は、距離が長かったことやレベルが格段に上がったことが敗因で度返ししても問題ない内容でした。

スタートも悪くない馬ですし、先行勢が揃ったここは、そこまで前を意識した走りではなく、結果的に少し後ろ4番手5番手あたりを進みながら4角で先団に取り付ける王道競馬になるかなと予測。

そうなれば、あとは真っ直ぐに走るだけですからここは軸不動かなと。

単勝ではなく複勝にしたのは、前走大師オープンのように先行勢のスピードにそのまま同じように走ってしまうと最後で少し伸びを欠きそうかなと言う不安から、安定の複勝ということです。

オッズ的につかない可能性もありますが2着以下混戦ですから仕方なしといったところです。

対抗以下

展開崩れで大外から差し込むなら、▲ラブミークンと△バルダッサーレ。

川崎1600mには適正がありますし、時計がかかれば、ラブミークンは昨年大師オープンで2着の実績がありますし、大井マイルで何度も好走しているバルダッサーレも侮れない1頭。

◯ストロングバローズに関しては、実績面で対抗という評価もあっさりと連対するか負けるかの2択。

×サトノアッシュも実績上位で鞍上は、森泰斗騎手に障害帰りは走って来ることが多いですから抑え。

×ゼンノウラヌスは、ミカエル・ミシェル効果です。

◎ドリームドルチェ
◯ストロングバローズ
▲ラブミークン
△バルダッサーレ
×サトノアッシュ
×ゼンノウラヌス

馬連◎=◯▲△××5点

[common_content id=”9807″]
タイトルとURLをコピーしました