中央競馬最終予想

丹頂ステークス 2019予想オッズと過去データ傾向・追い切りから狙うべき馬を紹介!

丹頂ステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ、コースバイアスや追い切りなどから狙うべき馬を紹介していきます。

出走メンバーがミライヘノツバサやドレッドノータス、チェスナットコートにマイハートビートと、G3級のメンバーが揃った丹頂ステークス2019。

長距離戦線ですから、血統はもちろんのこと、先行力があり、持続力のある馬が活躍しているだけに、過去実績とそれに裏付けされる血統背景は必要なレース。

個人的にも楽しみな1戦ですので、しっかりと予想をしていきます。

丹頂ステークス2019予想!

過去5年を見るだけでも、4角5番手以内の逃げ、先行馬が馬券になっていますので、中心は先行馬。

スローペースが主流で、3コーナー過ぎから一気に馬群が凝縮するパターンで、そこからどれだけ自分の競馬に徹することが出来るか?これですべてが決まってしまうようなレース。

また、マクリがちょういちょい決まっていますので、そのあたりにも注目した予想になっています。

本命◎

タイセイトレイル

予想の入り方としては前走札幌日経オープン2600m組から。

最先着だった3着タイセイトレイルのタイムが2:40.8。例年であれば、まずまずのタイムで、丹頂ステークスでも十分に勝ち負け出来る内容です。

これがオープン初戦の走りですから、大したもの。

母マザーウェルの父がシンボリクリスエスで、長距離や札幌コースには相性の良い種牡馬。そこにさらに中長距離のサンデーサイレンス系、ハーツクライですから、札幌コースの長距離でこそ輝ける血統背景。

タイセイトレイル自身の戦歴を見ても血統的に見ても晩成型で、4歳から6歳にかけてその成長力が加速するタイプ。

メンバーの脚質を見るとスローペースは濃厚かなと。

そうなると先行力ある脚質で、そのまま抜け出す競馬で勝ち負け出来そうなイメージです。

対抗◯

ヴァントシルム

前走札幌日経オープンは4着も、出遅れた上に一気のマクリでは、そこは札幌コース、脚が最後までもつわけがない。

それでも、コンマ2秒差まで粘った脚は、コース適性や距離性は確実にあるかなと。

個人的にヴァントシルムが好きで、母メジロシャレードはメジロ一族の末裔で、その血筋はもろに長距離配合。

サンデーサイレンス系にジャンポケですから、札幌は得意なのは言うまでも無いかなと。

騎手が前走に続き藤岡康騎手ということあり、対抗にはしましたが、先行スムーズなら勝ち負け。

仮にマクリでも、このメンバーで、前走から斤量マイナスなら、決まっても予想かなと考えています。(してほしくないけどね)

単穴▲

ヤマカツライデン

2016年の丹頂ステークス優勝馬ヤマカツスズラン。

前走札幌日経オープンは果敢にハナに立って1秒差の8着。

休養明け初戦だったことを考えれば、まずまずの走りでした。

距離適性や洋芝適正は十分ですから、割愛しますが、今回は中間の調教が良かった。

札幌ダート重(81.3/66.0/51.3/38.0/12.5)単走馬なり。

正確に言うと、今回のメンバーの中では一番良かったかなと。

で、今回は久々の斤量54kg。

これなら一発あっても不思議ではないですし、叩き2戦目ですから、ハナに行くとしても、前走よりは踏ん張りが利くはず。

新潟記念2019最終予想!追い切りや過去データから狙うべき馬は新潟コース[3-0-1-0]2019年9月1日新潟記念2019予想!最終追い切りや過去データから評価の高い馬を中心に展開や新潟記念2019のコースバイアスなども含め...
雷光特別2019予想オッズと過去データ傾向・追い切り!藤田菜七子は見送りで買いは8枠2019年9月1日(日)新潟競馬2回12日目:雷光特別2019の予想を中心に予想オッズや過去データ、コースバイアスや追い切りなどから狙う...
すずらん賞 2019予想オッズと過去データ傾向・追い切りから狙えるのはこの馬だ!2019年9月1日(日)札幌競馬2回6日目すずらん賞2019の予想を中心に予想オッズや過去データ、コースバイアスや追い切りなどから狙うべ...
岩室温泉特別2019予想オッズと過去データ傾向・追い切りから狙える軸馬とは?2019年9月1日(日)新潟競馬2回12日目:岩室温泉特別2019の予想を中心に予想オッズや過去データ、コースバイアスや追い切りなどから...
[insert page=’anken1′ display=’content’]

丹頂ステークス2019予想オッズ

チェスナットコート3.0
モンドインテロ4.1
マイハートビート4.8
ミライヘノツバサ5.7
ヴァントシルム10.6
タイセイトレイル14.2
ドレッドノータス18.6
マイネルヴンシュ21.7
カラビナ23.6
ヤマカツライデン34.4
ポンデザール38.5
ハナズレジェンド67.3
メイショウスミトモ125.0
オブリゲーション155.3

引用先:ネット競馬

丹頂ステークス2019コース解説

向こう正面の直線半ばからスタートして、3コーナーまでの距離は165m。最初のコーナーまでの距離が短いため先行争いはやや激しくなるが、洋芝の長丁場とあって、ペースは落ち着きやすく、勝負どころまでどれだけロスなく脚を溜められるかがポイント。

とにかくスタミナが重要で、4コーナーでいい位置に取り付いて最後の直線は究極の我慢比べとなる。コーナーを多く回るため外枠の馬は不利。引用先:競馬ラボ

過去7年、4角5番手以内の逃げ先行馬が馬券になっている背景から『スタミナ』『パワー』が絶対に必要なコースで、血統背景が重要。

サンデーサイレンス系が非常に強いですが、その中でも長距離路線で活躍したステイゴールド産駒やマンハッタンカフェ産駒が優秀。

また、ミスプロ系やSadler’sWells系も優秀。

長距離実績に裏付けされる血統背景が重要なレースですね。

[ad]

丹頂ステークス2019過去データ傾向分析

過去5年の結果を参考にしています。

  1. 1番人気[1-0-1-3]連対率20%
  2. 2番人気[1-0-0-4]連対率20%
  3. 3番人気[0-0-1-3]連対率20%
  4. 関西馬[3-4-2-20]連対率24%
  5. 関東馬[2-1-3-34]連対率8%
  6. 牡馬[5-4-2-45]連対率16%
  7. 牝馬[0-1-1-4]連対率17%
  8. セン馬[0-0-2-5]連対率0%
  9. 4枠6枠7枠8枠が有利
  10. 4角5番手以内の逃げ先行馬が優秀
  11. 4歳5歳6歳7歳と年齢は幅広く活躍も勝率では4歳の4勝で33%超え
  12. 前走距離は2600mが優秀も、2000m以上なら勝負
  13. 前走札幌日経オープン組みが優秀
  14. サンデーサイレンス系の中でもステイゴールド産駒が優秀。ミスプロ系やSadler’sWells系も優秀。
  15. 穴なら斤量52kg以下が優秀

長距離レースのわりに中枠から外枠が活躍しており、特に逃げ先行馬が馬券に。

上位人気馬が信頼に欠ける走りで、4番人気~6番人気がそれに変わり好走。

関西馬が優秀で、血統背景に裏付けされる実績馬の好走が目立っています。

逃げ、先行馬+関西馬+サンデーサイレンス系+前走2000m以上+中枠~外枠

[ad]
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。