競馬の単勝や複勝で儲けるための必要最低限の戦略

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

無料メルマガ読者登録はここをクリック
【競馬単複】MOSTLY CORRECTの足立です。

この記事では「競馬の単勝や複勝で儲けるための必要最低限の戦略」と題していかに効率良く単勝や複勝で儲けるかの戦略を紹介します。

 

単勝で儲けるには「レース数を選定して自信のある1頭を買う!」的なことが良く言われていると思いますが個人的には「儲けれるなら何レースでもやりますよ」となるのが普通かなと思います。

 

ただ、儲けることが出来ないから、必然とレース選定をする。結論から言うと単勝で儲けるには嫌でもレース選定をしないといけなくなるということです。

 

競馬初心者の方でも、玄人の方でも、資金には限りがあると思います。潤沢な資金がある場合は別ですが大抵の方は、資金の上限は必ず決まっていると思います。

その決まっている資金の中から儲けを出さないといけないわけですから自然とレース数を絞って馬券を購入していくことになります。

 

これ、絶対と言って良いほど、そうなります。どれだけ的中率の高い方でも、最終的にレース数が厳選されていきます。

 

この理由はいたって簡単で、負けたくないからです。資金を枯渇させたくないからです。当たり前の話ですが、この辺の部分を初めから意識して予想をするのとしないのとでは雲仙の差がついてきます。

 

それでは、単勝で儲けるための必要最低限の戦略を紹介します。

単勝多点買いから予想を組み立てていく

単勝多点買いをご存知でしょうか?単勝2点以上をひとつの馬券と考え、予想をする方法です。この単勝多点買いのメリットは、以下の3つ。

  1. 的中率の安定と回収率の底上げ
  2. 人気馬と穴馬の両方を押さえることが出来る
  3. 展開に左右されやすいレースなどでその威力を発揮

単勝多点買いのデメリットは以下の3つ

  1. 均等買いの場合、点数分以上のオッズが最低オッズになる
  2. 上位拮抗レースには不向き
  3. 単勝1番人気が飛ぶか飛ばないかを予想出来ないと使えない

単勝1点で勝負をするのは必然なことだと思いますし、回収率を上げていくには1点に勝るものはありません。

ただし、よほどの自信がない限り、単勝1点で儲け続けることは難しいのが私の本音です。あとで説明をしますが、複勝と単勝のセットであれば儲けられる確率がグッと上がりますが、そうでなければ、単勝1点買いは資金の枯渇を早く招く原因になります。

ですから、単勝2点以上を予想のスタンスに据えることで、的中率が上がってきます。そして何よりも意外と回収率の底上げにも繋がってきます。

ですから、初めは、単勝多点買いで、的中させる癖をつけ、なおかつ回収率の面でも優位に立てるように単勝多点買いを勧めています。

また、単勝1番人気が飛ぶかどうか?ここの予想も重要になってきます。この辺りについては以下の記事に詳しくまとめてあります

競馬初心者でも簡単に適切にあらゆる単勝1番人気の信用を見抜く方法
無料メルマガ読者登録はここをクリック 競馬初心者でも簡単に適切に単勝1番人気の信用を見抜く方法を中心に紹介していきます。 単勝1番人気にも色々な種類がありますが、一番重要なのは、オッズによる人気度合いです。 ...

単勝と複勝をセットでひとつの馬券

単勝と複勝をセットでひとつの馬券とする考えは、古くから存在しており、ある意味、競馬で勝つための王道馬券種かもしれません。単勝と複勝をセットでひとつの馬券のメリットは2つ。

  1. 的中率の底上げ
  2. 的中率と回収率のバランスを取りやすい

デメリットは1つ。

  1. 負けが混むと回収するのに時間がかかる

昔から、単勝3複勝7の割合で購入するのがベストだと言われていますが、意外とそうでもなく、狙った馬のオッズで割合を変えるべきかなと考えています。3:7の法則は、複勝150円以上でマイナスにならない前提の割合ですから、複勝が200円以上つくのであれば、3:7にする必要はありません。

結局は、馬券を買う側の判断次第で何とでもなります。ちなみに私の場合は1:1が多いですね。例えば以下の画像です。

単勝1000円、複勝1000円の1:1の割合で馬券を購入しましたが、このレース、私的には限りなくハッピーアローの1着は堅いと思っていたレースで、単勝1点でも良かったくらいのレースでした。

で、ここで汲み取って頂きたいのが、複勝オッズが1.3~からしかないことです。2着に人気薄が入りましたから複勝180円まで跳ねてくれましたが、上位で決まっていたら130円の配当になっていたでしょう。

にも関わらず、1:1で購入している。

これは、ダブル的中なら回収率の底上げが期待出来るなと思ったからこその買い方でした。信条心理の買い方と言うか、本来ならトリガミになる可能性もある買い方ですが、自分の中では攻めの買い方だったということです。

実際は、3:7や2:8で馬券を組み立てるのが鉄則です。ただし、自身の信用度でその割合を変えるのは必然で、利益を追求するのであれば、3:7では限界があるということです。

このあたりを理解しだすと、単勝1点勝負が出来る日も、そう遠くはないと思います^^

 

また、週末なら中央競馬の無料単複予想をこちらで公開していますので参考にして見てください⇒厳選単複予想

地方競馬なら月~木であれば毎日公開しています⇒地方競馬予想

最後に払い戻し均等型と回収率について

単勝や複勝で儲けるための必要最低限の戦略について2つの買い方を説明しましたが払い戻し均等型の買い方も紹介します。これは、2点以上の馬券を購入する際、何が来てもだいたい同じ払い戻しになるように資金分配をする方法です。

詳しくはこちらで解説していますのでご参考ください⇒払い戻し均等買いでこそ力を発揮するオッズを使った誰でも簡単に出来る手法

 

最後に回収率です。回収率はあくまで利益が幾ら出たのか?を数字で現すためのものであって、そこまで気にする必要はないかなと考えています。

例えば、年間の馬券購入代金が300万以上あるならば、回収率や合算率を把握しながら馬券を購入しないといけませんが、そうでない場合はそこまで気にする必要はないかなと。

実際、私の回りに要る競馬ファンの方で「回収率」を口にする方はいません。回収率より、「幾ら勝てたか?」これが口癖です。

もっと言えば、馬券購入は、資金を回しながら購入する方が多いはず。初めから年間100万円分が用意出来る方なら、資金配分をするためにも回収率の計算は必至です。しかし、ほとんどの場合は資金を回す形だと思います。

いつも思うことですが、回収率を意識するより、1開催、1日、幾ら勝てたのか?幾ら勝ちたいのか?ここを明確にしないと、回収率なんて何の約にも立たないと思っています。

あなたは幾ら勝ちたいですか?

これが明確になって初めて回収率の本質がわかるはずです。そして、幾ら勝ちたいかによって合算率という考えに辿り着きます。回収率より遥かに大切な合算率

これは、またの機会に説明させて頂きます。

無料メルマガ読者登録はここをクリック

タイトルとURLをコピーしました