短夜賞2019予想!好枠と騎手を活かせれるなら2番チャイヤプーン

無料メルマガ読者登録はここをクリック

 

短夜賞2019の予想を紹介します。

2019年6月18日 第3回 船橋競馬 第2日
短夜賞2019ダ1,800m
3上 オープン発走時刻20:15

個人的にはあまり1頭だけを
追いかけるということをしない性分なんですが、
ヤマノファイトだけは、追いかけてしまいますね。

 

船橋1800mといえば、
施工レース数の少ない距離で
そこに今回のメンバーですから
難解なレースになります。

 

スタートしてから、
最初のコーナーまでの距離が十分にありますので
そこまでハナ争いが起こるコースではないのがひとつ。

そうなると、逃げ、先行馬が必然と有利に。

 

その理由としては、
スパイラルカーブが待ち構えていますので
最初のコーナーまでの距離に付け加え
スパイラルカーブですから
4角をトップスピードで抜けることが出来ない。

 

今年のメンバーの脚質を確認すると
そこまでハナを主張する馬もいない状況。
どちらかと言えば、先行勢も少ない形。

 

ハナを切るなら、前走から乗り替わりで
この枠順なら2番チャイヤプーンか、
こちらも乗り替わり6番マルヒロナッツオー。

 

その他、スタート次第での
先行策の馬になるでしょうね。

 

単純に力関係で言えば、
ヤマノファイト。

相手関係が楽になった今回は狙い目十分ですが、
エンジンのかかりが遅い同馬が
果たして船橋1800mを差し切れるかどうか?

このあたりが不安。

 

そうなると、脚質の並びや枠順、
近走の成績から判断すれば、
本命は、2番チャイヤプーン。

 

前走大井記念は、スタートが良く、
前に付けるかなと思いきや、
後方待機策に。

 

先行して始めてこの馬の良さが出ると
思っていたので少し驚きました。

 

今回は、2枠で森泰斗騎手ですから
最低でも、2走前の位置取りから
競馬をしてくれるのではないかなと。

ここは、注文が多くつきますが
本命は、2番チャイヤプーンで。

 

対抗はやはりヤマノファイト。

前走大井記念は
最後の直線ではジリジリと
上がって来ての5着。

この馬にとっては上出来だったかもしれません。

 

今回は、相手関係が下がる形ですから
それなりには走ってくるはず。

最後は位置取り次第でしょうか。

 

最後に単穴で6番マルヒロナッツオー。

船橋1800mの距離は問題なく、
このメンバーなら互角に戦えるかなと。

 

また、脚質の並びが最高によく、
6番マルヒロナッツオーの
近隣枠各3頭以降の脚質が差し。

スムーズに好位が取れそうなのも好材料。

 

◎2番チャイヤプーン
◯9番ヤマノファイト
▲6番マルヒロナッツオー

関連記事

京成盃グランドマイラーズ2019予想!前走よりも追走が楽なベンテンコゾウ

北海優駿2019予想!ジョウランの距離不安なら狙いはシベリアンプラウド

 

タイトルとURLをコピーしました