館山特別2020予想/コース変わりで前走以上を期待出来るトーセングラン

館山特別2020の予想を紹介します。(2020年3月21日中山競馬4歳以上2勝クラス/芝2000m)

過去5年の優勝馬はすべて上がり3F3位以内の脚を使っており、4角7番手以内の先行~差しが好走しています。

3着以内15頭まで確認しても、上がり3F3位以内は、延べ12頭と全頭近くが「切れ味」で勝ち負けを演出していることになります。

ただし、切れ味といっても35秒台の切れ味ですから、最後までしぶとく伸びきれる脚が必要になってきます。

また、中山芝2000mと言えば、逃げ・先行馬が有利で、押し切る競馬がセオリーですが、館山特別に限っては、プラスα「上がり3Fが切れる馬」が必要になってくるレース。

今年の人気の中心は、サトノセシル。前走中山500万芝2000mで上がり3F2位の末脚で優勝。今回が昇級初戦となりますが、内容自体も悪くなくあっさりと勝ち上がる可能性は高いです。

ただ、他にもそれ以上に走って来そうな馬がいますので、今回は、その自己条件好走馬を狙ってみます。

館山特別2020前日オッズ

引用先:JRA

館山特別2020枠順

馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 1 (外)サトノセシル 牝4 55.0 大野拓 [美]堀宣行
2 2 ヴァンランディ 牡4 57.0 丸山元 [美]藤沢和
3 3 (地)イチダイ 牡7 57.0 Lヒュ [美]柄崎孝
4 4 (地)クリノオスマン セ6 57.0 Mデム [美]伊藤伸
5 5 ミルトプレスト 牡6 57.0 Fミナ [美]佐藤吉
6 6 マイネルステレール 牡4 57.0 丹内祐 [美]菊川正
6 7 ダディーズマインド 牡4 57.0 宮崎北 [美]青木孝
7 8 (地)タニノホウザン 牡6 57.0 武士沢 [美]星野忍
7 9 トミケンボハテル 牡6 57.0 三浦皇 [美]武市康
8 10 シャインアロー セ8 57.0 吉田豊 [美]高橋文
8 11 トーセングラン 牡4 57.0 横山和 [美]田村康

館山特別2020予想

◎本命:複勝

トーセングラン

すでに自己条件を2戦おこない[0-1-1-0]の成績を残しているトーセングラン。

休養明けを叩いての2戦目だった前走1000万クラスが惜しい競馬も、得意の距離で無かったことや、極端なスローペースでの上がり勝負だったことを考えれば、悲観する内容では無かったと思います。

芝2000mは[2-1-0-0]と連対率100%を維持しており、今回は臨戦態勢で望むようなレース。

上がり3F勝負も問題無く、むしろ中山コースに変わることで、スタミナを要する切れ脚は実証済みで、すでに1000万クラスで目処が立っているトーセングランを3着以内候補で考えれば、一番安定した結果を残してくれそうかなと。

今回、外枠を引いたことで、好位追走が楽に取れそうな分、最後の伸びも違って来ると思いますので、期待したい1頭ですね。

◎トーセングラン
◯ヴァンランディ
▲サトノセシル
△ダディーズマインド
×イチダイ
×トミケンボハテル

馬連◎=◯▲△××5点

[common_content id=”10987″]
タイトルとURLをコピーしました