TCK女王盃2020予想や過去データ傾向/息の長い脚が活きる展開を見越しての7枠

TCK女王盃2020の予想や過去データ傾向を紹介します。(2020年1月22日大井競馬第23回TCK女王盃Jpn3/4歳上牝馬重賞/ダート1800m)

年始早々におこなわれるTCK女王盃。全国から強豪牝馬が集い、地方馬上位2頭にエンプレス杯の優先出走権が与えられるレース。

今年は、前走JBCレディスクラシック3着のファッショニスタに地方勢からは前走クイーン賞を優勝した川崎クレイジーアクセル。

また、レディースプレリュード優勝馬アンデスクイーンや前走1600万クラスを勝ち上がってきたメモリーコウなどが参戦します。

基本的にJRA組の単勝1番2番人気が強いレースですが近年は地方勢も活躍しているだけにJRAのみで決着がつくという考えでは痛い目を見そうなメンバー構成です。

TCK女王盃2020も脚質の並びから展開を読み、有利にレースを進められそうな馬に本命を打ちたいと思います。

◎2週連続の万馬券的中で21万獲得の無料予想!

◎10月総額【49,621,960円】獲得!
◎中穴から大穴専門の無料予想!
直近は、3連複10点で254倍、190.2倍を立て続けに的中!

■シリウスSに神戸新聞杯で2週連続の万馬券的中!

実際に公開された買い目がコチラ↓

■中京11RシリウスS
3連複2-3-15
254倍×500円=127000円獲得
回収率2540%

■中京11R神戸新聞杯
3連複2-5-18
190.2倍×500円=95,100円獲得
回収率1902%

単勝14人気ロバートソンキー入れてました!

神戸新聞杯とシリウスSの無料予想で計21万円を獲得は本当に稼がしてもらいました。

■東京スポーツ杯2歳ステークス的中!

1着3ダノンザキッド①番人気
2着2タイトルホルダー⑤番人気
3着10ジュンブルースカイ③番人気
3連複21.7倍×500円=1万850円獲得
回収率217%

今週は京都2歳Sとジャパンカップの無料予想を公開!

昨年のジャパンカップもきっちりと的中!

現在、京都2歳Sの無料買い目を公開中です!

2週連続で万馬券を的中させたここの無料買い目は、闇雲に穴を狙った買い目ではなく、本命3頭+穴2頭といった中配当から高配当まで狙ったバランスの良い買い目です。

今週も厳選された5頭の推奨馬は、期待出来ます。

↑上記から競馬学会のHPへ。【無料】フォームから無料メルアド登録のみでジャパンカップの無料買い目が即確認出来ます!

TCK女王盃2020枠順

1-1 ファッショニスタ牝6/川田将雅/栗東
2-2 エイシンセラード牝5/山崎誠士/大井
3-3 アルティマウェポン牝7/五十嵐冬樹北海道
4-4 サンルイビル牝5/藤本現暉/大井
5-5 サルサディオーネ牝6/赤岡修次大井
5-6 クレイジーアクセル牝5/吉原寛人大井
6-7 アンデスクイーン牝6/C.ルメール栗東
6-8 ナムラメルシー牝6/御神本訓史/大井
7-9 メモリーコウ牝5/古川吉洋/栗東
7-10 トーセンガーネット牝/4左海誠二/美浦
8-11 ミッシングリンク牝6/笹川翼/浦和
8-12 マドラスチェック牝4/森泰斗/美浦

展開予測

展開は、クレイジーアクセルがハナを奪う形。前走クイーン賞も船橋コースの1枠スタートからでもスンナリとハナを取れていましたからスムーズに行けるタイプ。

先行勢は、ファッショニスタにサルサディオーネ、ナムラメルシーにメモリーコウあたりが取りつく形。

スタート次第ではサルサディオーネがしつこくクレイジーアクセルに絡みに行く可能性もありテンの入りは少し速い見立て。

向こう正面に入るころにはやや縦長の展開が3角手前には馬群が一気に集まり、横4列程度の競馬でそのまま4角を回り、最後の直線へ。

逃げるクレイジーアクセルが懸命に後続馬を引き離しにかかりますが先行勢の脚色が良く、最後は、抜け出す競馬が出来る馬がゴールを切っているイメージです。

差し馬に関して言えば、レースが速くなる3角手前からそれなりに前に付けていないと厳しい結果。マクるにしても4角で大きく外に振られる可能性が大きく、差しで狙うなら中枠限定になってくるでしょうか。

[common_content id=”9741″]

アメリカジョッキークラブカップ2020出走予定馬

アメリカジョッキークラブカップ2020出走予定馬や予想オッズ/中山巧者の差しに期待
アメリカジョッキークラブカップ2020の出走予定馬や予想オッズを紹介します。(2020年1月26日中山競馬第61回アメリカジョッキークラブカップ4歳以上オープンG2/芝2200m)今年は、有馬記念優勝馬ブラストワンピースに中山巧者の2頭、ミッキースワローにダンビュライト。さらに4歳勢からラストドラフトなどが出走を予定しています。

東海ステークス2020出走予定馬

東海ステークス2020出走予定馬や予想オッズ・注目馬/同型馬対決が見もののレース
東海ステークス2020の出走予定馬や予想オッズを紹介します。(2020年1月26日京都競馬第37回 東海テレビ杯東海ステークス4歳以上オープンG2/ダート1,800m)昨年の優勝馬インティや3着スマハマの同型馬対決にも注目が集まる1戦。

TCK女王盃2020予想

先に推奨馬を挙げるなら

  1. クレイジーアクセル
  2. アンデスクイーン
  3. メモリーコウ

枠順が決まる前から気になっていた3頭です。

過去5年の優勝馬はすべて3角6番手以内、4角4番手以内を通過しており、先行馬が有利なレース。また、1着馬はすべてJRA組となっていますので必然とアンデスクイーンかメモリーコウのどちらかが本命ということになります。

展開予測で言えば、一番のポイントがアンデスクイーン。

近走は行き脚つかず差し競馬で着順を落としている結果も大井1800mならガラッと変わって良いだけに悩むところ。

クレイジーアクセルは、サルサディオーネの絡み次第も逃げて3着以内は厳しい結果となていますから、狙いにくいのも確か。

そうなると本命はこの馬ですね。

◎本命:複勝

メモリーコウ3着:複勝170円

前走観月橋Sを1着。初重賞挑戦となりますが脚質の並びやその粘り強い先行脚質が活きる競馬になる可能性が高いと考えています。

これまではズブさもあり先行出来なかった部分も、ここ2戦でそのズブさも解消された走り。7枠に入ったことで行き脚をつけるため多少の出ムチもありえますが、そこまでもたつくことはないかなと。

前走観月橋Sが1:51.3で上がり35.9はなかなかの走り。スローペースでもしっかりと折り合いが付き最後まで走りきった内容は、地方の砂でも十分にやっていけるように見えます。

強い馬が多数出走していますが、横3列目以内をしっかりとキープしながら最後は、粘り強い脚質で抜ける競馬をイメージしています。

◎メモリーコウ
◯アンデスクイーン
▲ファッショニスタ
△クレイジーアクセル
△ナムラメルシー
×サルサディオーネ
×ミッシングリンク

馬連◎◯=◎◯▲△△×××13点

[getpost id=”9813″]

TCK女王盃2020過去データ傾向

過去10年を参考に特に重要なデータを紹介します。

  1. 連対馬20頭中16頭がJRA組で、昨年こそ単勝6番人気が優勝しましたが基本は単勝1番、2番人気が中心。単勝1番人気[4-2-3-1]3着内率90%
  2. 1着馬は単勝1番人気4勝、2番人気4勝の成績
  3. 4歳5歳6歳が中心のレース
  4. 1枠8枠が苦戦傾向
  5. 前走クイーン賞、東京シンデレラマイル、JBCレディス組が中心
  6. JRA組で前走JRAの1600万クラス1着馬が優秀
  7. 前走ダート1800組が優秀
  8. 前走6着以下が好走も基本は2着以内[6-5-4-28]が狙い目
  9. 前走12頭以下は[0-0-1-32]と苦戦
タイトルとURLをコピーしました