【天皇賞春2021】阪神開催になって狙える騎手の条件とは?知らないと損する好走騎手3名

【天皇賞春2021】阪神開催になって狙える騎手の条件とは?知らないと損する好走騎手3名を紹介します。

例年の京都開催から阪神開催に代替えされる、天皇賞春2021。

コース形体、特に高低差の関係から見ても、スタミナやパワーが京都開催より必要になることは容易に想像出来ます。

先日、yaooニュースで取り上げられていた記事に対して、興味深いコメントが載っていました。

距離が伸びることで、騎手への影響もあるのだろうか?例えば、3分以上の騎乗は、馬だけではなく、騎手の騎乗時のスタミナなども影響してくるのだろうか?

個人的には、まったく発想のなかったことで、これは面白い話しだなと。

確かに全場年間を通しても、芝3000m以上の出走機会数は少ない。そこへ、例年の京都開催から阪神開催ですから、何かしら騎手への影響もあるのかどうか?

で、騎手のスタミナへの影響があるのかどうか?これを分析して証明することは不可能ですから、結局は、過去データの数値に頼るしかないということで、

過去10年のデータ分析をベースに、好走騎手を調べて見ました。

京都コース過去10年全クラス全年齢芝3000m以上騎手データ

阪神コース過去10年全クラス全年齢芝3000m以上騎手データ

出走機会数が違いすぎるのと、出走機会数の少なさで、なんとも言い難い結果ですが、それでも上位5名のうち3名は、京都、阪神ともにランクイン。

  • 福永祐一騎手
  • 岩田康騎手
  • ルメール騎手

この3名は、先週までの全国リーディング騎手上位20名に入っており、ルメール騎手、福永祐一騎手はトップ5にランクイン。

阪神コース過去10年全クラス全年齢芝2400m以上騎手データ

阪神芝3000m以上では、出走機会数が少ないので、芝2400m以上の過去10年データを参考にすると、やはり、福永騎手、ルメール騎手がTOP3にランクイン。

さらに2名ともに単複回収率100%を超えており、かなり優秀な2名というのが伺えます。

逆に川田騎手。芝2400mまでなら3着内率45.3%で2位に入っていますが、芝3000m以上になると[0-1-0-3]。さらに京都芝3000m以上は[1-0-1-21]3着内率8.7%と苦戦しています。

結論としては、リーディング上位騎手でも、距離の得意、不得意が数値によって明確に現れており、その中でも福永騎手、ルメール騎手は、芝2400m以上なら信頼出来る好走率を持っていると判断して良さそうです。

阪神コース過去10年全クラス全年齢芝2400m以上騎手データ(単勝1番人気)

単勝1番人気に限定すると、福永騎手、ルメール騎手の勝率、連対率、3着内率が格段に上がっています。

またやや苦戦だった川田騎手も好走率を上げて来ており、騎手全体的にも上がって来ています。当たり前と言えば、当たり前の結果ですが、長距離戦の単勝1番人気は、それだけ信頼度が高いのかなと。

これがスプリント、マイル戦になれば、例えば、阪神芝1600mでトップの川田騎手の勝率、連対率、3着内率は、芝3000m以上に比べて約10%ほど下がっています。

このあたりを考慮しても、距離が長い=単勝1番人気が優秀、そして、その単勝1番人気で3着内率80%以上の福永騎手、ルメール騎手は『上手い騎手』と言えます。

阪神コース過去10年全クラス全年齢芝2400m以上騎手データ(単勝4番人気以下)

ここからが面白いところで、誰もが知りたい単勝4番人気以下の人気薄時での騎手好走率。

それまで好走率を維持していた福永騎手が、3着内率32.4%とまずまずの成績も、勝率5.4%と急激に好走率を落としており苦戦。

単複回収率100%を超えているのはさすがですが、軸馬としては厳しいのかなと。逆にルメール騎手は、勝率33.3%と好走しており、上位人気馬であろうが、なかろうが、騎手好走率の視点から言えば、アリストテレスの軽視は禁物ということになります。

逆にワールドプレミアが単勝4番人気以下になれば、買い辛い騎手になります。

4月28日現在の予想オッズは以下の通りです。

参考:ネット競馬

ここからが面白いところで、単勝4番人気以下で好走率の高い騎手は、浜中騎手ですが、今回は騎乗機会無し。

そこで目に止まった好走騎手が川田騎手。阪神コース過去10年全クラス全年齢芝2400m以上騎手データでは、苦戦騎手としましたが、単勝4番人気以下になると勝率10.3%と人気薄の中では上々の成績です。

今年の天皇賞は、代替え開催に加え、絶対的軸馬の存在がなく混戦模様の盾レース。

騎手好走の視点から、その混戦を断ち切るためのファクターを調べて来ましたが、結論は『やっぱリーディング上位騎手はすげーな』という部分。

20年以上前から私が感じていた「長距離になればなるほど、騎手の実力が反映されやすい」というのが、今回の検証である程度証明されたのかなと。

まとめると、

単勝3番人気以内:ルメール騎手、福永騎手
単勝4番人気以下:ルメール騎手、川田騎手
本命◎アリストテレス
対抗○ワールドプレミア
単穴▲オーソリティ

騎手の視点、好走率から見れば、以上の3頭が有力馬となります。

「距離が伸びることで、騎手への影響もあるのだろうか?例えば、3分以上の騎乗は、馬だけではなく、騎手の騎乗時のスタミナなども影響してくるのだろうか?」

今回のデータ分析は、上記のコメントに興味を持ったのがきっかけで、検証をしましたが、ルメール騎手に会う機会があれば、騎手のスタミナ面のことを聞いておきますね。

【競馬単複】MOSTLY CORRECT 無料メルマガ会員募集のお知らせ

当サイトでは、◎○▲などの印付き予想を無料メルマガで公開しています。

《前回の的中結果》マーメイドステークス
◎15ホウオウエミーズ
○12マリアエレーナ2着
▲7ウインマイティー1着
△10アイコンテーラー
△3ソフトフルート3着
✕4ステイブルアスク
✕1スルーセブンシーズ

【買い目】

馬連
15.127.10.3.4.1/10点

3連複
1頭目15・12
2頭目15・12・7・10・3
3頭目15・12・7・10・3・4・1/23点
馬連57.6倍的中
3連複171.9倍的中

1着ウインマイティーは、マーメイドステークス2022消去データ推奨馬でも取り上げていました!

《2022無料メルマガ予想結果》

◆日本ダービー・馬連730円/5点
◆天皇賞春・馬連520円/5点
◆スイートピーS・馬連1,270円/4点
◆大阪杯・馬連8-14/10,980円/10点
◆フローラS・馬連5,710円/7点

↑↑無料メルマガに登録して頂くと、こういった内容の予想が届きます。

[無料メルマガの内容]

  1. 重賞予想
  2. 特別戦や平場厳選予想
  3. 消去法データ推奨馬の記事公開速報
  4. 有益な情報

無料メルマガの登録は、yahooやGoogleの無料メルアドで登録できます。

無料メルマガの登録はコチラ

また、無料メルマガはいつでも配信解除できます。

配信解除はコチラ

当サイト2022重賞消去法データ推奨馬一覧