中央競馬最終予想

【天皇賞春2021】阪神開催になって狙える騎手の条件とは?知らないと損する好走騎手3名

【天皇賞春2021】阪神開催になって狙える騎手の条件とは?知らないと損する好走騎手3名を紹介します。

例年の京都開催から阪神開催に代替えされる、天皇賞春2021。

コース形体、特に高低差の関係から見ても、スタミナやパワーが京都開催より必要になることは容易に想像出来ます。

先日、yaooニュースで取り上げられていた記事に対して、興味深いコメントが載っていました。

距離が伸びることで、騎手への影響もあるのだろうか?例えば、3分以上の騎乗は、馬だけではなく、騎手の騎乗時のスタミナなども影響してくるのだろうか?

個人的には、まったく発想のなかったことで、これは面白い話しだなと。

確かに全場年間を通しても、芝3000m以上の出走機会数は少ない。そこへ、例年の京都開催から阪神開催ですから、何かしら騎手への影響もあるのかどうか?

で、騎手のスタミナへの影響があるのかどうか?これを分析して証明することは不可能ですから、結局は、過去データの数値に頼るしかないということで、

過去10年のデータ分析をベースに、好走騎手を調べて見ました。

京都コース過去10年全クラス全年齢芝3000m以上騎手データ

阪神コース過去10年全クラス全年齢芝3000m以上騎手データ

出走機会数が違いすぎるのと、出走機会数の少なさで、なんとも言い難い結果ですが、それでも上位5名のうち3名は、京都、阪神ともにランクイン。

  • 福永祐一騎手
  • 岩田康騎手
  • ルメール騎手

この3名は、先週までの全国リーディング騎手上位20名に入っており、ルメール騎手、福永祐一騎手はトップ5にランクイン。

阪神コース過去10年全クラス全年齢芝2400m以上騎手データ

阪神芝3000m以上では、出走機会数が少ないので、芝2400m以上の過去10年データを参考にすると、やはり、福永騎手、ルメール騎手がTOP3にランクイン。

さらに2名ともに単複回収率100%を超えており、かなり優秀な2名というのが伺えます。

逆に川田騎手。芝2400mまでなら3着内率45.3%で2位に入っていますが、芝3000m以上になると[0-1-0-3]。さらに京都芝3000m以上は[1-0-1-21]3着内率8.7%と苦戦しています。

結論としては、リーディング上位騎手でも、距離の得意、不得意が数値によって明確に現れており、その中でも福永騎手、ルメール騎手は、芝2400m以上なら信頼出来る好走率を持っていると判断して良さそうです。

阪神コース過去10年全クラス全年齢芝2400m以上騎手データ(単勝1番人気)

単勝1番人気に限定すると、福永騎手、ルメール騎手の勝率、連対率、3着内率が格段に上がっています。

またやや苦戦だった川田騎手も好走率を上げて来ており、騎手全体的にも上がって来ています。当たり前と言えば、当たり前の結果ですが、長距離戦の単勝1番人気は、それだけ信頼度が高いのかなと。

これがスプリント、マイル戦になれば、例えば、阪神芝1600mでトップの川田騎手の勝率、連対率、3着内率は、芝3000m以上に比べて約10%ほど下がっています。

このあたりを考慮しても、距離が長い=単勝1番人気が優秀、そして、その単勝1番人気で3着内率80%以上の福永騎手、ルメール騎手は『上手い騎手』と言えます。

阪神コース過去10年全クラス全年齢芝2400m以上騎手データ(単勝4番人気以下)

ここからが面白いところで、誰もが知りたい単勝4番人気以下の人気薄時での騎手好走率。

それまで好走率を維持していた福永騎手が、3着内率32.4%とまずまずの成績も、勝率5.4%と急激に好走率を落としており苦戦。

単複回収率100%を超えているのはさすがですが、軸馬としては厳しいのかなと。逆にルメール騎手は、勝率33.3%と好走しており、上位人気馬であろうが、なかろうが、騎手好走率の視点から言えば、アリストテレスの軽視は禁物ということになります。

逆にワールドプレミアが単勝4番人気以下になれば、買い辛い騎手になります。

4月28日現在の予想オッズは以下の通りです。

参考:ネット競馬

ここからが面白いところで、単勝4番人気以下で好走率の高い騎手は、浜中騎手ですが、今回は騎乗機会無し。

そこで目に止まった好走騎手が川田騎手。阪神コース過去10年全クラス全年齢芝2400m以上騎手データでは、苦戦騎手としましたが、単勝4番人気以下になると勝率10.3%と人気薄の中では上々の成績です。

今年の天皇賞は、代替え開催に加え、絶対的軸馬の存在がなく混戦模様の盾レース。

騎手好走の視点から、その混戦を断ち切るためのファクターを調べて来ましたが、結論は『やっぱリーディング上位騎手はすげーな』という部分。

20年以上前から私が感じていた「長距離になればなるほど、騎手の実力が反映されやすい」というのが、今回の検証である程度証明されたのかなと。

まとめると、

単勝3番人気以内:ルメール騎手、福永騎手
単勝4番人気以下:ルメール騎手、川田騎手
本命◎アリストテレス
対抗○ワールドプレミア
単穴▲オーソリティ

騎手の視点、好走率から見れば、以上の3頭が有力馬となります。

「距離が伸びることで、騎手への影響もあるのだろうか?例えば、3分以上の騎乗は、馬だけではなく、騎手の騎乗時のスタミナなども影響してくるのだろうか?」

今回のデータ分析は、上記のコメントに興味を持ったのがきっかけで、検証をしましたが、ルメール騎手に会う機会があれば、騎手のスタミナ面のことを聞いておきますね。

昨年万馬券的中の感動をもう1度!!
クイ-ンSの攻略法を公開

今週日曜日、函館競馬場では古馬牝馬の重賞のクイーンSが開催!

◆クイーンS過去10年平均配当
単勝1186円
馬連4509円
3連単86317円

過去10年1番人気は着外1頭のみですが2番人気以下は横並びで、人気馬同士の決着は1度しかないので、11番人気くらいまでの紐荒れには注意です。

ただし、人気薄が絡みやすいのはわかっていても、紐馬を絞るのは至難の技。

そこでぜひチェックして欲しいのがうまとみらいとの馬コラボ指数
クイーンSは昨年は3連単153.700円の大的中でした↓↓


【2020年クイーンS】
1着レッドアネモス  (11番人気)
2着ビーチサンバ   (4番人気)
3着スカーレットカラー(1番人気)
3連単153.700円

ポイントは赤文字指数の穴馬を上手に取り込む事。

昨年11番人気で穴を開けたレッドアネモスのように、人気よりも指数順の高い馬を狙へば、点数も絞れて高確率で高配当が見込めます。

今週はクイーンS他24Rの指数を無料開放!!
2年連続万馬券的中を目指しましょう!!

↓↓無料指数はこちら↓↓

カンタン1分!無料メルアド登録はこちらから

登録に必要なのはメールアドレスのみ!名前も住所も必要ありません。
「ezweb」及び「icloud」は登録できない場合があるのでyahoo,gmailなどがおススメです。