中央競馬最終予想

テレQ杯予想や過去データ傾向・叩き2戦目で狙い目十分

テレQ杯2020予想や過去データ傾向を紹介します。

テレQ杯過去の結果データ傾向から厳選した(人気・枠順・血統・馬体重・前走距離・前走レース・前走場所・前走クラス・前走人気・脚質・生産者・調教師・騎手・種牡馬)を分析した中から最終予想として印を紹介します。

5千円投資が8~9万円に変わるのでやめられません!

無料予想:京王杯SC・1674%的中!
無料買い目画像↓

京王杯SC3連複167.4倍×500円
[払戻]83,700円[回収率]1674%
相手馬に8,10人気入れて超高回収率の離れ業!!

無料公開買い目・ほか実績
◎谷川岳S回収率148%
◎サンシャインS回収率413%
◎中山GJ回収率193%
◎日経賞回収率163%
◎スプリングS回収率255%
◎壇ノ浦S回収率238%
◎チューリップ賞回収率103%

高回収率はマグレじゃない↓
オーシャンS回収率1865%
無料買い目画像↓

的中率狙いながら時にこんな高配当あり!
5千円投資が8~9万円に変わるのでやめられません!

日曜の無料買い目はコチラ

↑昨年から追いかけてますがココは本当にオススメ!日曜日も無料予想あるので今すぐチェックです◎

テレQ杯2020枠順

テレQ杯2020予想

◎本命:複勝

アダムバローズ

前走佐世保Sは、長期休養明け初戦の中、単勝5番人気で8着。勝ち馬からコンマ9以内はさすがに負けすぎたかなと思う反面、馬体重増12キロの馬体なら、まずまずの叩き台にはなったかなと。

今回、8枠を引いたことは少し痛かったのですが、それでもそこそこの位置取り、4番手以内の外には付けれるイメージで、

あとは道中の競馬についていければ、おのずと出番が回って来る形。

これまで中距離で4勝と好走してきたましたが、昨年から1400m~1200mと距離を短縮しての競馬。血統背景は中距離向きですが、昨年の走りを見る限り、スプリントが合うのは確か。

今回のメンバーなら十分勝ち負け出来ると見ています。

◎アダムバローズ
○タイセイブレーク
▲ビアイ
△コンパウンダー
×ショウナンタイガ
×ワールドフォーラブ

馬連◎○=▲△××8点

テレQ杯2020予想オッズ

1 ビアイ 3.1
2 アダムバローズ 5.6
3 タイセイブレーク 6.8
4 ワールドフォーラブ 8.3
5 ショウナンタイガ 8.6
6 コンパウンダー 9.7
7 ヤマニンペダラーダ 15.2
8 クインズチャパラ 18.1
9 コウエイダリア 18.5
10 エムティアン 19.9
11 イオラニ 24.5
12 タマモメイトウ 35.3
13 ラフィングマッチ 48.3
14 スカイパッション 48.3
15 マッスルマサムネ 48.3
16 ゲンキチハヤブサ 56.0
17 クラウンルシフェル 389.1

テレQ杯2020過去データ傾向分析

同条件の北九州ハンデ過去8年を参考にしています。

単勝人気データ

人気 着別度数 勝率 複勝率
1番人気 1-1-1-5 12.5% 37.5%
2番人気 1-1-2-4 12.5% 50.0%
3番人気 1-0-2-5 12.5% 37.5%
4番人気 1-1-0-6 12.5% 25.0%
5番人気 2-1-0-5 25.0% 37.5%
6番人気 1-1-0-6 12.5% 25.0%
7番人気 0-1-0-7 0.0% 12.5%
8番人気 0-1-0-7 0.0% 12.5%
9番人気 1-0-1-6 12.5% 25.0%
10番人気 0-0-0-7 0.0% 0.0%
11番人気 0-0-0-7 0.0% 0.0%
12番人気 0-0-2-3 0.0% 40.0%
13番人気 0-0-0-5 0.0% 0.0%
14番人気 0-1-0-4 0.0% 20.0%
15番人気 0-0-0-5 0.0% 0.0%
16番人気 0-0-0-5 0.0% 0.0%
17番人気 0-0-0-4 0.0% 0.0%
18番人気 0-0-0-2 0.0% 0.0%

単勝オッズデータ

単勝オッズ 着別度数 勝率 複勝率
2.0~ 2.9 1-0-0-3 25.0% 25.0%
3.0~ 3.9 0-1-1-1 0.0% 66.7%
4.0~ 4.9 1-1-2-2 16.7% 66.7%
5.0~ 6.9 1-0-2-8 9.1% 27.3%
7.0~ 9.9 3-1-0-10 21.4% 28.6%
10.0~14.9 1-3-0-9 7.7% 30.8%
15.0~19.9 0-0-0-5 0.0% 0.0%
20.0~29.9 1-1-1-9 8.3% 25.0%
30.0~49.9 0-0-1-13 0.0% 7.1%
50.0~99.9 0-1-1-14 0.0% 12.5%
100.0~ 0-0-0-19 0.0% 0.0%

枠順データ

枠番 着別度数 勝率 複勝率
1枠 1-2-1-9 7.7% 30.8%
2枠 0-0-0-13 0.0% 0.0%
3枠 0-0-1-12 0.0% 7.7%
4枠 0-1-1-11 0.0% 15.4%
5枠 3-2-2-6 23.1% 53.8%
6枠 1-0-1-13 6.7% 13.3%
7枠 2-1-2-12 11.8% 29.4%
8枠 1-2-0-17 5.0% 15.0%

脚質データ

脚質上り 着別度数 勝率 複勝率
逃げ 2-0-2-4 25.0% 50.0%
先行 3-5-5-23 8.3% 36.1%
中団 3-3-1-42 6.1% 14.3%
後方 0-0-0-24 0.0% 0.0%
マクリ 0-0-0-0 0.0% 0.0%
3F1位 2-0-1-5 25.0% 37.5%
3F2位 1-2-0-11 7.1% 21.4%
3F3位 1-2-0-4 14.3% 42.9%
3F~5位 2-2-1-8 15.4% 38.5%
3F6位~ 2-2-6-65 2.7% 13.3%

馬体重データ

馬体重 着別度数 勝率 複勝率
400~419kg 0-0-0-2 0.0% 0.0%
420~439kg 0-2-0-5 0.0% 28.6%
440~459kg 2-1-1-21 8.0% 16.0%
460~479kg 3-2-1-24 10.0% 20.0%
480~499kg 0-3-5-26 0.0% 23.5%
500~519kg 2-0-1-13 12.5% 18.8%
520~539kg 0-0-0-2 0.0% 0.0%
540~ 1-0-0-0 100.0% 100.0%

前走人気データ

前走人気 着別度数 勝率 複勝率
前走1人気 0-0-3-6 0.0% 33.3%
前走2人気 1-1-0-6 12.5% 25.0%
前走3人気 0-0-0-7 0.0% 0.0%
前走4人気 0-2-1-2 0.0% 60.0%
前走5人気 3-0-1-3 42.9% 57.1%
前走6~9人 2-5-1-30 5.3% 21.1%
前走10人~ 2-0-2-38 4.8% 9.5%

前走着順データ

前確定着順 着別度数 勝率 複勝率
前走1着 2-1-2-11 12.5% 31.3%
前走2着 0-1-2-6 0.0% 33.3%
前走3着 2-1-2-4 22.2% 55.6%
前走4着 1-0-0-4 20.0% 20.0%
前走5着 0-0-0-6 0.0% 0.0%
前走6~9着 2-5-1-27 5.7% 22.9%
前走10着~ 1-0-1-34 2.8% 5.6%

前走クラスデータ

前走クラス 着別度数 勝率 複勝率
同クラス 6-7-3-69 7.1% 18.8%
今走昇級戦 2-1-2-14 10.5% 26.3%
今走降級戦 0-0-2-8 0.0% 20.0%
1勝 0-0-1-1 0.0% 50.0%
2勝 2-1-1-13 11.8% 23.5%
3勝 6-7-3-69 7.1% 18.8%
OPEN 0-0-0-1 0.0% 0.0%
G3 0-0-2-7 0.0% 22.2%
[common_content id=”15513″] [common_content id=”15468″]

2020年無料予想実績No.1サイト!

2020年G1無料予想+169,490円獲得!

昨年の有馬記念&ホープフルSダブル的中に加え、
2021年中山金杯で183倍的中です!

■2020年G1無料予想結果

◎G1戦績21戦13勝
◎的中率62%
◎獲得額:277,890円
◎収支額:169,490円

2021年春G1シリーズ無料予想も好調!
7戦4勝で回収率100%超えです!

◆高松宮記念◎レシステンシア軸で3連複22倍
◆桜花賞◎サトノレイナス軸で3連複26.6倍
◆天皇賞春◎ワールドプレミア軸で3連複20.4倍
◆NHKマイルカップ◎シュネルマイスター軸で3連複35.4倍

無料買い目画像がこちら↓

土曜は京王杯SCを的中。
3連複167.4×400円=66,960円獲得!
回収率1674%!

現在、ヴィクトリアマイルの無料買い目を公開中です!

少額で楽しむライトユーザーにもお勧めの無料予想です。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

ヴィクトリアマイルの無料買い目はコチラ

↑上記フォームより【今すぐ無料情報を受取る】から無料メール登録のみで即買い目確認できます。

ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。