予想注目馬分析評価

東海S2019予想注目馬!インティよりもアンジュデジールを狙う理由とは?

東海ステークス2019(東海テレビ杯)の注目馬の紹介です。重要なデータやコース解説、サイト管理人の推奨馬などは、のちほど公開します。今年は、未勝利戦から5連勝で勝ち上がって来たインティに、前走名古屋GPで圧巻の走りを披露したチュウワウィザードの明け4歳馬2頭が人気の中心になって来ると思います。4歳馬VS古馬対決を制するのはどの馬か?サイト管理人の注目馬を紹介します。

2019/1/20(日) 1回中京2日目
中京11R東海テレビ杯東海S(GⅡ)
オープン (国)(指) 別定ダ1800m 19頭 発走


先に、過去10年の中で重要なデータを上げるとすれば、前走2着以内の馬が毎年馬券になっていること。

これに該当する馬は、

インティ
サルサディオーネ
スマハマ
チュウワウィザード
マイネルバサラ
ミツバ

この6頭です。

過去10年のデータで言えば、この6頭から少なくとも1頭は馬券になるということです。

スポンサーリンク

東海ステークス2019予想オッズ

1インティ2.0
2チュウワウィザード3.4
3アンジュデジール4.8
4スマハマ8.0
5クインズサターン14.1
6ミツバ22.3
7アポロケンタッキー30.7
8グレンツェント38.6
9コスモカナディアン60.5
10サルサディオーネ98.6
11アスカノロマン110.7
12メイショウスミトモ119.9
13モルトベーネ174.9
14マイネルバサラ227.8
15アングライフェン264.3
16カゼノコ285.5
17タムロミラクル405.1
18シャイニービーム801.0
19サングラス2253.1

東海ステークス2019サイト管理人の注目馬

インティ

生年月日 2014年04月08日(牡5歳)
毛色栗毛
調教師野中 賢二(栗東)
馬主武田 茂男
生産者/産地山下 恭茂/浦河町
中央獲得賞金4889万6000円
通算成績 6戦5勝[5-0-0-1]
主な勝鞍 18’観月橋ステークス
系統Mr. Prospector系

未勝利戦から5連勝でオープンへ。
5連勝ですから素直に考えても、この馬が中心になってもおかしくないわけです。この馬の何が凄いのか?ですが、4つの異なる競馬場で勝利を上げている点。左回りも、右回りも走る素直さ。スローペースからハイペースで上がり最速1着。なおかつ4角3番手以内の逃げ先行で。今回のメンバーの脚質を見る限り、単騎逃げ、もしくは、アンジュデジールの番手追走。どちらにせよ、気持ちよく走れる可能性が大きのもプラスです。中京なら、よほどのことが無い限り負けないと思いますが競馬には『よほどのこと』が存在していますので、私はこの手の馬を買いません。詳しい理由は、こちらの予想記事に書いております。ええ、二度と連勝1600万上がり馬は買いませんよ。

 

チュウワウィザード

生年月日 2015年04月19日(牡4歳)
毛色青鹿毛
調教師大久保 龍志(栗東)
馬主中西 忍
生産者/産地ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金6180万3000円
通算成績 8戦5勝[5-1-2-0]
主な勝鞍 18’名古屋グランプリ
兄弟馬クイーンブロッサム、チュウワグルーヴ
系統Mr. Prospector系

前走名古屋グランプリの予想では完全に軽視をしていましたが、思った以上に力強い走りでさすがにキングカメハメハ産駒だなと再確認したレースでした。メンバーの脚質を見る限り、スローペースからミドルペースが濃厚なため、ある程度前の位置取りを取らないと厳しい展開になる可能性もありますが、このコースはキングカメハメハ産駒が活躍しており、中京の砂質が思った以上に深いという部分でプラスに働きそうです。今回も川田騎手がスライド騎乗ですから期待が持てる1頭になると思います。

 

アンジュデジール

生年月日 2014年05月01日 (牝5歳)
毛色 黒鹿毛
調教師 昆 貢(栗東)
馬主 安原 浩司
生産者/産地 辻 牧場/浦河町
中央獲得賞金 9162万2000円
通算成績 18戦6勝[6-4-1-7]
主な勝鞍 18’JBCレディスクラシ
兄弟馬 アキトクレッセント
アルドーレ
系統 サンデーサイレンス系

密かに期待している1頭です。
前走チャンピオンズカップは、逃げてコンマ6秒差の4着と見せ場十分の走りでした。今回は、前回よりも相手が落ちるこのレースで、相手は1600万勝ち馬と、地方交流を勝ったばかりの馬ですから枠順次第では良い勝負か、それ以上もあるかなと。前走チャンピオンズCのタイムが1:50.7と優秀なタイム。個人的には、距離が少し長いかなと思っていただけに逃げは抜群の選択だったと思います。また、馬体重も自己最高体重での4着ですから、お釣りがあるような状態です。今回も横山騎手ですから、逃げる可能性もあり、位置取りの部分で、不安要素もありますが、それでも積極的に狙っていきたい1頭ですね。ただ、予想人気では、3番人気なんですよね。

まとめ

展開を考えれば、無理にハナを切る馬がいなければ、インティのペースで、馬券内が濃厚のようなレースになりますが、この辺は脚質の並び次第でしょうか。逃げようと思えば逃げれる馬が数頭はいますからね。

逃げ先行有利の展開が崩れるならチュウワウィザードは堅いと思いますし、過去10年、差し馬も1頭は絡むレースが多いですから、チュウワウィザード以外に、もう1頭の差し馬も選定する必要があります。この辺は、最終予想で紹介が出来たらと思っています。

そして、もうひとつの重賞「アメリカジョッキークラブカップ」の注目馬はこちらになります⇒アメリカジョッキークラブカップ2019予想注目馬シャケトラを狙いたいが

シャケトラを狙っていましたが、狙いづらい理由があり、現在も思案中です。変わって、予想オッズ内から見て一番旨味のある馬を紹介していますので、ぜひ確認してみてください。

スポンサーリンク