当サイト無料メルマガ予想→皐月賞ダノンキングリー桜花賞クロノジェネシス的中!無料メルマガの登録はこちらから
予想注目馬分析評価

東京大賞典2018予想注目馬データ解析JRA所属馬の評価分析など

東京大賞典2018予想JRA所属馬の注目馬や評価分析を中心に紹介します。今年はも好メンバーとなった東京大賞典2018。古豪の強さを見せるのかゴールドドリーム。故障明け前走を好走したクリソライトの復活はあるのか?前走は、2走ボケと言われたケイティブレイブ。前走は、王者から1秒差の負けでも虎視眈々と狙うはオメガパヒューム。

スポンサーリンク

アポロケンタッキー
主な勝鞍:17’日本テレビ盃(G2)

気性に難のある同馬。どうも騎手が追ったり、他馬に揉まれると
走る気がなくなるようで、
どうしても後方からの競馬になりやすいということ。
前走は完全に太め感が否めない馬体でチャンピオンズカップ14着も
納得。今回はマーフィー騎手が乗る予定ですので、
気性難を騎手の腕でカバーが出来るのか?この辺でしょうね。
マーフィー騎手はけっこうやんちゃな乗り方をしますので。
前に行けたら、まだやれるかなと思っています。

エイコーン
主な勝鞍:18’花園S(1600万下)

今年に入って1600万クラスまで一気に駆け上がった同馬。
全体のレース内容自体は悪くなく、フリオーソ産駒といった走り。
差す競馬が板に付いたころには必ず上がり2位以内で差し切る内容。
目野厩舎の解散でダート育成に定評のある吉田厩舎に移ったのが大きいのでしょうね。
これまで勝利を上げてきた京都や中京は、スピードを要する馬場。
大井の砂がどこまで合うか走って見ないとわからないのが現状です。
ただ、岩田騎手との新コンビには注目です。

オメガパヒューム
主な勝鞍:18’シリウスS(G3)

ルヴァンスレーヴと互角にやりあってきた同馬でしたが
前走チャンピオンズカップではルヴァンスレーヴから1秒差の5着。
ダート会の中心馬になるためには、少し負けすぎた感は否めないですが
中京から差し届かずの内容でしたから、JRAでは悲観する内容でもないかなとは思っています。
今回は大井競馬場。砂質がJRAより軽いと言う話もありますから、差す競馬でどこまで通用するのか?この辺に期待は持てます。
ただ、JRA所属馬で差して強い馬は他にいますから、今回はよほど前で勝負しないと
厳しい結果が待っている可能性もあります。取り捨てが難しい1頭です。

ゴールドドリーム
主な勝鞍:17’フェブラリーS(G1)

真打ち登場ですね。今年は4戦4連対1着2回のパーフェクト連対。
もう手の付けどころが無いくらいに強いですし、安定していますね。
JRAでも地方でもダート質にこだわらなくても良いタイプですから
どこでも、どこからでも走ってきますよ。
また、今回はノーザンファームしがらき帰りですから、ここは、連軸候補でしょうか。

東京大賞典2018当サイトの推奨馬は地方馬です。詳細はこちらです⇒東京大賞典2018予想!若駒には無い貫禄と切れ味サウンドトゥルー

クリソライト
主な勝鞍:16’コリアC(G1)

今回のメンバーで東京大賞典をしっかりと目指してきた、やる気のある厩舎はここかなと。
故障明けの前走は叩き台でもしっかりと追走出来ての3着。
勝ち馬から1秒以上遅れを取りましたが、内容は悪く無く、陣営もまだまだ諦めていないように見えますね。
これまでの戦績から見ても、ここでは間違いなくトップクラスの実力馬ですから
復活を期待したい1頭。
騎手が戸崎騎手への乗り替わりも好感が持てます。

ケイティブレイブ
主な勝鞍:18’JBCクラシック(G1)

本命にすると大敗をしてしまう同馬。個人的に相性が悪いですね(笑)
前走は騎手も厩舎も首をひねるほど敗因がわからない負け方。
個人的にもあそこまで負けると思っていませんでしたからまさに謎ですね
あえて敗因を上げるなら脚質の部分かなって考えています。
ダートで走り出したころは逃げ脚質で、楽に勝ちきる競馬が多かったですが
歳を重ねるごとに後方へ。
この辺が関係していると思います。
年齢とともにズブさが出初めているなら今回も厳しい結果が待っているかもしれません。
大井競馬場は3着内率100%ですから、ズバッと切るのは怖いですが。

リーゼントロック
主な勝鞍:18’大沼S(OP)

初交流重賞が東京大賞典の同馬。JRA所属馬の中では、実力が乏しく
ここでは厳しい競馬になるかなと。
脚質は自在系ですから、枠順も関係なく、出たとこ勝負になると思います。
今回は、東京大賞典に出走出来たことに陣営が満足しているかどうか?
この辺かなと思っています。
総武S(OP)では先行してタイム差無しの2着。出来れば先行して
後ろの脚を使わす展開が一番合っていると思います。

JRA今年最後のG1ホープフルS2018予想フロックではないニシノデイジーの凄さとは

12月度の当サイトの地方競馬予想は以下になります。

12月27日(木)兵庫ゴールドトロフィー1400m
12月29日(土)東京大賞典2000m
12月24日(月)名古屋グランプリ2500m
12月24日(月)ゴールドカップ1400m

スポンサーリンク