当サイト無料メルマガ予想→皐月賞ダノンキングリー桜花賞クロノジェネシス的中!無料メルマガの登録はこちらから
競馬ニュース

東京大賞典2018枠順確定!ケイティブレイブは痛恨の1枠になるのか?

東京大賞典2018の枠順確定がしました。予想1番人気ゴールドドリームは7枠。ケイティブレイブは1枠。3枠にはオメガパヒューム。古豪サウンドトゥルーは、4枠。

1-1 マイネルリボーン(牡8、青柳正義、金沢・高橋俊之)
1-2 ケイティブレイブ(牡5、福永祐一、栗東・杉山晴紀)
2-3 スーパーステション(牡4、阿部龍、北海道・角川秀樹)
2-4 モジアナフレイバー(牡3、繁田健一、大井・福永敏)
3-5 オメガパフューム(牡3、M.デムーロ、栗東・安田翔伍)
3-6 エイコーン(牡3、岩田康誠、栗東・吉田直弘)
4-7 サウンドトゥルー(セ8、御神本訓史、船橋・佐藤裕太)
4-8 ヤマミダンス(牝4、中島龍也、金沢・中川雅之)
5-9 フレアリングダイヤ(牡3、井上幹太、大井・市村誠)
5-10 リーゼントロック(牡7、松岡正海、栗東・矢作芳人)
6-11 クリソライト(牡8、戸崎圭太、栗東・音無秀孝)
6-12 ワークアンドラブ(牡3、真島大輔、大井・荒山勝徳)
7-13 ゴールドドリーム(牡5、C.ルメール、栗東・平田修)
7-14 コスモプラシデス(牡4、千田洋、大井・秋吉和美)
8-15 グルームアイランド(牡7、矢野貴之、大井・渡辺和雄)
8-16 アポロケンタッキー(牡6、O.マーフィー、栗東・山内研二)

東京大賞典2018の予想はこちら⇒東京大賞典2018予想!若駒には無い貫禄と切れ味サウンドトゥルー

データ的には4枠から外に向かって成績が良くなっている東京大賞典。有力どころでは、4枠7番サウンドトゥルー、6枠11番クリソライト、7枠13番ゴールドドリーム、8枠16番アポロケンタッキーが引き当てた感じです。

JBCクラシック1着のケイティブレイブは1枠2番と、窮屈な枠から。展開ひとつで抜け出せない可能性もあるだけに注目の枠番ですね。また、3枠5番にオメガパヒューム。こちらも包まれる可能性もあり、いつもとは違う位置取りでレースをする可能性もあります。

その他、東京大賞典2018の詳しいコースバイアスやデータはこちらをご参考ください⇒東京大賞典2018予想注目馬データ解析JRA所属馬の評価分析など