東京新聞杯2020出走予定馬や予想オッズ・注目馬評価/上がり馬が躍動するレース

東京新聞杯2020の出走予定馬や予想オッズ・注目馬評価・各馬の参考レース動画を紹介します。(2020年2月9日東京競馬第70回東京新聞杯4歳以上オープンG3/芝1600m)

昨年は、後の安田記念優勝馬となるインディチャンプが1着となり、一昨年は、有馬記念を優勝して引退した名牝リスグラシューが優勝するなど、その後の活躍が目立つレース。

ひと昔前であれば、G1では少し荷が重いマイラーたちが数多く出走していたレースでしたが近年は、出世レースに変わって来ています。

今年は、4歳5歳勢が中心のレースになりそうで、その中でもヴァンドギャルドやレイエンダ、サトノアーサーあたりが有力。

この2頭以外にも注目したい馬がいますので出走予定馬や注目馬を紹介をしていきます。

◎2週連続の万馬券的中で21万獲得の無料予想!

◎10月総額【49,621,960円】獲得!

■シリウスSに神戸新聞杯で2週連続の万馬券を的中!

実際に公開された買い目がコチラ↓

■中京11RシリウスS
3連複2-3-15
254倍×500円=127000円獲得
回収率2540%

■中京11R神戸新聞杯
3連複2-5-18
190.2倍×500円=95,100円獲得
回収率1902%

単勝14人気ロバートソンキー入れてました!

神戸新聞杯とシリウスSの無料予想で計21万円を獲得は本当に稼がしてもらいました。

■東京スポーツ杯2歳ステークス的中!

1着3ダノンザキッド①番人気
2着2タイトルホルダー⑤番人気
3着10ジュンブルースカイ③番人気
3連複21.7倍×500円=1万850円獲得
回収率217%

今週は京都2歳Sとジャパンカップの無料予想を公開!

昨年のジャパンカップもきっちりと的中!

2週連続で万馬券を的中させたここの無料買い目は、闇雲に穴を狙った買い目ではなく、本命3頭+穴2頭といった中配当から高配当まで狙ったバランスの良い買い目です。

今週も厳選された5頭の推奨馬でシリウスSの回収率2540%以上を期待して見てください!

↑上記から競馬学会のHPへ。【無料】フォームから無料メルアド登録のみでジャパンカップの無料買い目が即確認出来ます!

東京新聞杯2020出走予定馬

※出走予定馬や騎手は随時更新しています

馬名 性齢 斤量 想定騎手
(外)キャンベルジュニア 牡8 56.0 Fミナリ
クリノガウディー 牡4 56.0 横山典弘
クルーガー 牡8 57.0 Sフォー
ケイアイノーテック 牡5 58.0 津村明秀
ケイデンスコール 牡4 56.0 石橋脩
ゴールドサーベラス 牡8 56.0 内田博幸
サトノアーサー 牡6 56.0 田辺裕信
シャドウディーヴァ 牝4 54.0 岩田康誠
(外)スウィングビート 牡5 56.0 大野拓弥
ドーヴァー 牡7 57.0 北村宏司
ブレスジャーニー 牡6 56.0 松岡正海
プリモシーン 牝5 56.0 Mデムー
プロディガルサン 牡7 56.0 石川裕紀
モルフェオルフェ 牝5 54.0 江田照男
レイエンダ 牡5 57.0 丸山元気
レッドヴェイロン 牡5 56.0 Cルメー
ロワアブソリュー 牡7 56.0
ヴァンドギャルド 牡4 56.0 福永祐一

東京新聞杯2020枠順

馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 1 プリモシーン 牝5 56.0 Mデム [美]木村哲
1 2 ヴァンドギャルド 牡4 56.0 福永祐 [栗]藤原英
2 3 モルフェオルフェ 牝5 54.0 江田照 [美]大江原
2 4 クルーガー 牡8 57.0 Sフォ [栗]高野友
3 5 サトノアーサー 牡6 56.0 田辺裕 [栗]池江泰
3 6 レイエンダ 牡5 57.0 丸山元 [美]藤沢和
4 7 ケイデンスコール 牡4 56.0 石橋脩 [栗]安田隆
4 8 (外)スウィングビート 牡5 56.0 大野拓 [美]加藤征
5 9 レッドヴェイロン 牡5 56.0 Cルメ [栗]石坂正
5 10 ロワアブソリュー 牡7 56.0 吉田豊 [栗]須貝尚
6 11 (外)キャンベルジュニア 牡8 56.0 Fミナ [美]堀宣行
6 12 シャドウディーヴァ 牝4 54.0 岩田康 [美]斎藤誠
7 13 クリノガウディー 牡4 56.0 横山典 [栗]藤沢則
7 14 ゴールドサーベラス 牡8 56.0 内田博 [美]清水英
8 15 ケイアイノーテック 牡5 58.0 津村明 [栗]平田修
8 16 ドーヴァー 牡7 57.0 北村宏 [美]伊藤圭

東京新聞杯2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

東京新聞杯2020出走予定注目馬

レイエンダ

生年月日 2015年01月30日 (牡5歳)
調教師 藤沢 和雄(美浦)
生産者 ノーザンファーム
中央獲得賞金 1億1244万0000円
通算成績 11戦4勝[4-2-0-5]
主な勝鞍 19’エプソムカップ
キングカメハメハ
ラドラーダ
系統 Mr. Prospector系

良血馬として注目を集めるもクラシック戦はセントライト記念2着のみに出走。

続くチャレンジカップは単勝1番人気に支持されるも6着に敗退。初の古馬対決に距離適性の部分など数多くある課題の中でのレースでしたが勝ち馬から1秒の負けは、今後が不安になる内容だったかなと。

それでもエプソムCは単勝5番人気で1着と初重賞制覇。さらに 富士Sで2着に好走と少しずつ適正距離がわかってきたような内容。

前走マイルCSは、後方からの競馬も上がりが切れることなく15着に大敗。

これまでのレース内容から総括すると、上がり最速を出すまでに時間がかかるレイエンダにとっては、東京コースのような最後の直線が長いコースに適正があり、なおかつ展開待ちの部分が多い点。

さらに極端な枠より、中枠の中団から後方でインに近い位置取りで脚をため、最後で切れ差すといった競馬が好走条件になるかなと。

いずれにせよ条件が多いレイエンダだけに騎手と枠順は最低条件になってくるのかなと考えています。

サトノアーサー

生年月日 2014年03月01日 (牡6歳)
調教師 池江 泰寿(栗東)
生産者/産地 ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金 1億4967万1000円
通算成績 14戦4勝[4-4-2-4]
主な勝鞍 18’エプソムカップ
ディープインパクト
キングスローズ
系統 サンデーサイレンス系

前走キャピタルSが単勝2番人気で6着。勝ち馬からコンマ6秒以内であれば、久々を使った分の差で、叩いて上積みを見込めそうな今回はまさに狙い目なのかなと。

ただ鉄砲が効くタイプでもありますから、このあたりは最終追い切りでしっかりと判断したいところです。

クラシック戦線では、東京ダービーと菊花賞以外は、大負けをすることもなく、神戸新聞杯は3着に好走。その後のレース内容からしてマイル~1800mあたりが適正距離と判断出来ますので、今回は初重賞制覇も夢ではい形。

1800m以上であれば、スローペースの上がり勝負で安定感を出していましたが、マイルになってからは、ミドルペース以上でも切れる脚が出せており、やはり適正距離はマイルだろうなという感じです。

昨年は2戦にとどまり、明け6歳でも14戦程度ですからまだまだ底が知れていない状態。期待したい1頭ですね。

ヴァンドギャルド

生年月日 2016年02月20日 (牡4歳)
調教師 藤原 英昭(栗東)
生産者 社台ファーム
中央獲得賞金 7198万5000円
通算成績 9戦4勝[4-0-2-3]
主な勝鞍 19’ウェルカムステークス
ディープインパクト
スキア
系統 サンデーサイレンス系

昨年は一気の3連勝でオープン入りを果たしたヴァンドギャルド。

2歳時は、東スポ2歳S3着、ホープフルS6着。3歳時春は、 毎日杯3着と1800m以上で好走を繰り返し、安定した走りも、あと一歩届かずの競馬が多かった要因には距離があったのかなと。

初のマイル戦だったアーリントンCが9着と大敗も勝ち馬イベリスからコンマ4秒差ですからまったく悲観する内容ではなく、それどころか、この好走によってマイル適正が高いことに陣営も気づくレースとなります。

その後、自己条件からマイルを一気の2連勝ですから適正は◎だったということ。

今回は初重賞挑戦でもなく、幾度なく重賞戦線では好走してきましたから、今回のメンバーなら即優勝があってもおかしくない見立て。

前走ウェルカムS(1800m)は、ハイペースの中を先行して抜け出せた競馬が、今回の東京新聞杯ではプラスに出る可能性が高いです。

期待したい1頭ですね。

レッドヴェイロン

生年月日 2015年04月21日 (牡5歳)
調教師 石坂 正(栗東)
生産者/産地 ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金 1億0700万3000円
通算成績 12戦4勝[4-5-2-1]
主な勝鞍 19’紅葉ステークス
系統 Mr. Prospector系

アーリントンC3着、NHKマイルC3着と重賞で好走を続けてきたレッドヴェイロン。

その後の走りからしてもマイル適正は十分で、特に2走前紅葉Sが1:32.0秒と好タイムで優勝。上がり3F2位の切れ味は、約1年ぶりの実践だったとは思えない走りでした。

続く前走キャピタルSは道悪の中、差す競馬で2着。不良馬場の中、最後の直線で追い上げるのは位置取り的に厳しいかなと思って見ていましたが、最後までしっかりと伸びて2着は立派。

これで東京マイルは[2-1-1-0]と3着内率100%ですから、必然と東京新聞杯でも期待したくなります。

NHKマイルCや前走のように後ろすぎると1着まで届かないレースになりやすいですからスタートを決めてある程度前での競馬が出来る騎手が最低条件になってくるかなと。

あとは、スムーズな競馬が出来れば、勝ち負け必至のようなレースになると考えています。

きさらぎ賞2020出走予定馬や予想オッズ・注目馬評価

[getpost id=”10145″]
タイトルとURLをコピーしました