東京記念トライアル2020予想/狙うなら転入初戦組!

東京記念トライアル2020の予想を紹介します。2020年7月28日(火)大井競馬東京記念トライアル競走3歳以上オープン特別/ダート2400m

今年は、出走メンバーを見るだけで楽しくなってくる感じで、ニヤケっぱなしで。

とにかく転入組が多く、中央の重賞でバリバリ走っていた馬もおり、本当に面白いレースになりそうです。

東京記念トライアルは、スタミナ勝負になりやすく、2000m以上での連対経験は必要になってくるかなといったレースですから、そのあたりを主観に置きながら予想に入り、

枠順の並びから展開を予測して馬券を組み立てていきます。

東京記念2020の予想はコチラ
[getpost id=”15692″]

東京記念トライアル2020枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 トーセンブル 牡5 57 本田正重
2 2 ホーリーブレイズ 牡6 57 真島大輔
2 3 コスモカナディアン  牡7 57 御神本訓史
3 4 サブノクロヒョウ  牡7 57 西啓太
3 5 ベイズンストリート  牡4 53 山崎誠士
4 6 マルカンセンサー 牝5 55 的場文男
4 7 サクラルコール 牡9 55 笹川翼
5 8 ピアシングステア 牡8 55 和田譲治
5 9 スギノグローアップ 牡7 55 岡部誠
6 10 ニーマルサンデー 牡6 55 酒井忍
6 11 ロードアルペジオ 牡7 57 森泰斗
7 12 カレンカカ 牡6 55 張田昂
7 13 ワンフォーオール 騸6 53 本橋孝太
8 14 チェスナットコート 牡6 57 左海誠二
8 15 テルペリオン 牡6 57 矢野貴之

東京記念トライアル2020予想

コースバイアスが、内枠~中枠有利で逃げ先行馬が馬券になりやすく、先行しながら、豊富なスタミナで押し切る競馬が大井ダート2400mのポイントかなと。

今回のメンバーは、転入初戦組が多く、展開を読むのが難しい1戦で、「根拠のある想像」では無く「願望込みの展開予測」になってしまうので、展開がハズれると、カスリもしない予想になる可能性が大で。

それでも、スタミナ面が豊富で先行力ある馬を狙って行きます。

◎本命:複勝

チェスナットコート

中央競馬の日経賞2着に好走してから、天皇賞春で勝ち馬からコンマ3秒差の5着に善戦。そこから、中長距離で活躍出来るかなと思っていましたが、すべてのレースで苦戦と、ピークが過ぎたような走りも、前走スレイプニルSで先行して見せ場ありの6着に好走。

その後、小久保厩舎に転入し、今回が転入初戦のレース。

スタミナ面は問題なく、それがダートでも前走のように好位を取れれば、走れることがわかり、それも含めての転入だったのかなと。

今回、8枠を引いたことで過去データ的には買いづらい1頭ですが、砂を被る心配が少なくなり、好位先団、下がっても5番手以内の外をスムーズに取れそうなメンバーですから、あとは、前がバテて順番が回って来るだけの競馬を想定。

これまで、芝中長距離を走ってきましたが、ローテーションはそこまで間隔を詰めたレースがなく、30戦を消化していますが、まだまだ走れる1頭だと思っています。

買うなら、ここですね。

◎チェスナットコート
○コスモカナディアン
▲トーセンブル
△ロードアルペジオ
×ホーリーブレイズ

馬連◎○=◎○▲△×7点

東京記念2400mの過去データ傾向分析やコース解説/中枠先行馬が狙い目の基本
東京記念の過去データ傾向分析やコース解説を紹介します。(大井競馬/東京記念S1/ダート2,400m)2018年からS1に格上げされた東京記念。大井競馬場で開催されるレースの中では金盃に次ぐ長距離レースで、JBCクラシックの指定レースにもなっています。また、大井ダート2400mは、現在東京記念以外で使用されない東京記念専用コースですからデータ傾向も偏りやすいですから、ある程度はデータで絞れますので、予想の参考になりやすいかなと思っています。
[common_content id=”10677″] [common_content id=”9807″]

 

タイトルとURLをコピーしました