TVh杯2020予想や過去データ傾向分析/芝に戻って巻き返し可能

TVh杯2020の予想や過去データ傾向分析を紹介。過去の傾向から厳選した(人気・枠順・血統・種牡馬・馬体重・前走・脚質・種牡馬)や、展開を予測して予想を組み立てています。

TVh杯2020レース概要

開催日 2020年7月4日/土曜日
開催場所 函館競馬場
レース名 TVh杯
条件 3歳以上3勝クラス/定量
距離 芝2400m・左回り
本賞金1着 1820万円

TVh杯2020 予想オッズ

引用先:ネット競馬

TVh杯2020 枠順

引用先:競馬ラボ

TVh杯2020予想

これが難しくて難しくて、予想をしながら吐きそうになるくらいむずい。

個人的には、ザイツィンガーとアスタールビーは2着までの評価で、それ以外となると大混戦。

特に馬場が渋る影響で、外差しが決まる可能性も少なく、逃げ馬も最後は脚が上がって止まるかなと。先行馬にしてもメンバーが多いですから、難しい1戦ですね。

◎本命:複勝

サンノゼテソーロ

2走前アクアマリンは、昇級戦で単勝1番人気に支持されるも4着。上手く好位を乗っていましたが、休養明け初戦だったこともあり、最後の伸びに欠けたレースでした。

それでも勝ち馬からコンマ2秒差ですから悲観する内容ではなかったと思います。

前走は初ダートに左回り、さらに間隔のあいた1戦ですから参考外の結果。

これまでのレース内容から見て、武豊騎手騎乗の場合、しかりと先行が取れており、結果も伴う内容。函館芝1200m500万を勝ったのも武豊騎手ですから乗り替わりはプラス。

今回は6枠に入ったことで、スタートさえ五分なら先行策が取れ、やや後ろのいち取りになっても外めを追走出来そなのもプラス。

間隔のあいた1戦にはなりますが期待したい1頭ですね。

◎ハヤブサレジェンド
○インスピレーション
▲アリア
△ザイツィンガー
△アスタールビー
×アンブロジオ

馬連◎○=◎○▲△△×9点

[common_content id=”10677″]

TVh杯2020 過去データ傾向分析

過去10年のハンデ、定量戦を合わせた結果を参考にしています。

単勝人気別成績

単勝1番人気[5-4-0-1]勝率50%、連対率90%、3着内率90%と好走しており、ローカル競馬で、ここまで単勝1番人気が強いレースも珍しいかなと。

単勝1番人気が強い競馬を見せる中、単勝2番人気3番人気は[0-4-4-12]と勝ち切れていない結果も、2着までには好走しており、過去10年で1番人気~3番人気が揃って4着以下になったのは1回のみ。

人気薄は好走しても単勝10番人気あたりまでで、昨年の優勝馬が単勝14番人気で好走したくらいですから、そこまで穴人気を警戒することもないのかなといったところです。

単勝オッズ別成績

単勝2.9倍以内が[3-1-0-0]と好走。

今年は人気割れをしそうで、そうなると5倍~9.9倍が狙い目で[2-6-4-13]。

枠順別成績

1枠が苦戦しており、3枠の勝率が31.3%と5勝でトップ。連対率は2枠3枠が30%を越えており、予想の入り方はここからが妥当でしょうか。

脚質別成績

先行馬が強く[6-4-3-25]勝率15.8%、3着内率34.2%。

ただし、差し追い込み馬も3着内率が15%を越えており、完全に前が有利とも言えない結果です。

馬年齢別成績

4歳5歳が中心で、7歳以上は[1-1-0-18]とやや苦戦。

前走単勝人気別成績

前走単勝6番人気以下から巻き返しに成功したのは5頭もおり、前走人気は不問の結果。

前走着順別成績

こちらも前走単勝人気と同じように前走6着以下から5頭が巻き返しに成功。また前走1着馬の昇級戦も好走しています。

前走レース別成績

前走クラス別成績

前走2勝クラスの昇級戦が好走しており[3-1-2-15]。前走同クラス組よりも数字が良く狙い目十分。

血統・種牡馬別成績

馬体重データ

[common_content id=”9807″]
タイトルとURLをコピーしました