各馬評価

ワールドオールスタージョッキーズ2019第1戦予想!追い切りや血統・過去データ分析

2019年8月24日第2回札幌競馬第3日ワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)2019第1戦芝1,200mの予想を中心に追い切りや血統・過去データ分析などを紹介します。

個人的には、的場文男騎手と吉村騎手がJRA参戦ということだけで札幌競馬場に行きたいくらいの衝撃があります。マジで行きたいな(^^)

とうか、文男ダンスが見たい・・・。

的場文男って誰やねん?って言う方にはこちら>>的場文男のすべてを紹介

WASJ第1戦が芝1200mというのも、なかなか乙なもので、楽しみな1戦なんですが、なんせ、過去データが乏しい。

ですから、基本は前走内容と調教、脚質の並びからの展開のみの予想になりますのでご了承ください。

ワールドオールスタージョッキーズ2019第1戦予想!

本命◎

ヴァリアント

まさかの的場文男騎手が手綱を取るヴァリアントが単勝1番人気。

もう、この馬しかないよね(笑)

前走札幌500万クラスを1着。タイム1:08.7は、明日のキーンランドカップで優勝してもおかしくないタイム。

タイムだけを見れば、飛び級でも優勝出来るだけの力は持っていると思います。

これまで、血統背景的にマイル前後を使って来ましたが、まさかの1200m芝で圧勝という経歴の持ち主。

前走がルメール騎手でしたから、陣営の中では、1200mは走る計算が出来ていた可能性もあり、そうなると、その答えが1:08.7ですから、昇級戦のここでも通用するということ。

さらに好材料として、ハナではなく、ハイペースを2番手で追走して結果を出した点。

今走の脚質の並びを見る限り、ミドルペース以上は見込んでいますので、追走するのも楽。また、枠順も、1枠2枠は控えるタイプですからストレスなく先行を取れる3枠は最高かなと。

また、調教も[69.7/54.3/39.7/12.6)併せ馬なり

好調をキープしていますから、あとは文男ダンスが見れるかどうかだけですね。

あっ!そういえば、思いだしたけど、スパーキングサマーカップのシュテルングランツに騎乗した的場騎手。きっちりと逃げて穴馬を馬券にしていましたから、乗れているのは確かですね。

WASJ第2戦の予想はこちら>>ワールドオールスタージョッキーズ2019第2戦予想!追い切りや血統・過去データ分析

[insert page=’anken1′ display=’content’]
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。