中央競馬最終予想

ワールドオールスタージョッキーズ2019第3戦予想/追い切りや血統・過去データ分析

2019年8月25日第2回札幌競馬第4日ワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)2019第3戦ダート1,700mの予想を中心に追い切りや血統・過去データ分析などを紹介します。

WASJ第1戦、第2戦がイマイチの予想で、不完全燃焼が半端ないんですが、とにかく、地方同士で競り合うのだけは、勘弁してほしかったですね(^_^;)

特に第1戦は「えっ?吉村さん!!そこでハナを譲らないって???」という感じで、スタートしてすぐに諦めたのをついさっきまでボヤいていました。

で、気持ち入れ替えてのWASJ第3戦の予想を紹介していきます!!

コース解説

札幌のダートコースは高低差が0.9mとほとんどなく、これはJRAの競馬場では新潟のダートコースに次ぐもの。また、コーナーの半径が大きく、カーブは緩やか、更に直線距離が264mと短いため逃げ・先行馬が有利という2つの特徴がある。

最初の1コーナーまでの距離は240m。重賞も組まれているダートのメイン条件で、この距離も前へ行った馬が有利なのだが、1000mほど逃げ馬が強くなく、好位から長くいい脚を使った馬が好成績を残している。また、緩いコーナーを利して一気にポジションを上げるマクリもよく決まる。いずれにせよ、直線入口では前のポジションにいないと厳しい。

好配当を狙うのなら2歳戦。人気馬同士で決まることは少なく、パイロ、ゴールドアリュール産駒が穴を開けている。引用先:競馬ラボ

ワールドオールスタージョッキーズ第3戦は、マクって来る騎手がいるんじゃないかと。

解説にもあるように、コーナーが緩やかですから、加速を付けながらコーナーを曲がることが出来るコースですから、そういった器用なことが出来る騎手、そして、そういった器用な脚質で、足りないものを補おうとしそうな陣営なんかを狙ってみようかと思っています。

ワールドオールスタージョッキーズ2019第3戦予想

本命◎

キャベンディッシュ

前走、2走前と同じ福島で同じ1700mで1:45.8。

違うところがあるならば、上がり3Fのタイム。前走は36.8で、2走前が37.9。

しっかりと後方で脚を溜めれば、しっかりと切れる脚を使ってくれますので、先行有利なコースでも、狙いたくなるなと。

そして、吉村騎手。

マクリの利くコースですから、吉村騎手ならマクって来るかなと。キャベンディッシュが3着止まりの突破口を開くなら、吉村騎手のマクリか、最後まで諦めない追い。

後方からの競馬ではなく、先行した場合でも、最後まで追ってくれる吉村騎手なら、という思いもありますね。

[insert page=’anken1′ display=’content’]

ワールドオールスタージョッキーズ2019第3戦過去データ傾向分析

データ傾向は、他札幌ダート1700m1000万クラスのデータを参考にしています。

  1. 当日単勝1番人気[1-3-0-1]
  2. 当日単勝2番人気[1-1-1-2]
  3. 当日単勝3番人気[1-0-1-3]
  4. 4歳が優秀
  5. 当日単勝4番人気以内の決着が多い
  6. 先行馬が優秀
  7. 牡馬が中心

人気上位で決まりやすい傾向が強く、特に4歳馬の活躍が目立ちます。

脚質は先行馬で、ミドルペース以内であれば、ほぼ先行決着。ハイペースになるようであれば差し馬も馬券になるかなというくらいです。

セン馬の出走数が少ないですが、狙い目なのは確か。牝馬の好走はイマイチで、基本は牡馬が中心です。

[ad]
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。