弥生賞2019最終予想!例年通りのスローペースならカントル旨味十分


弥生賞2019の最終予想を中心に重要なデータやデータ推奨馬、複勝推奨馬を紹介します。

2019/3/3(日) 2回中山4日目
中山11R報知杯弥生賞(GⅡ)
(皐月賞トライアル)
サラ系3歳オープン (国)(指) 馬齢
芝2000m 10頭 15:45発走

無料メルマガ登録はこちら⇒俺たちの競馬ライフ

無料メルマガ「俺たちの競馬ライフ」ご案内
配信解除はこちら「俺たちの競馬ライフ」 無料メルマガ「俺たちの競馬ライフ」発行者の足立裕二です。 無料メルマガの登録はこちら「俺たちの競馬ライフ」 競馬って楽しいですよね。 本当に楽しいです。 ひと昔前...

土曜日の予想は3戦1勝。資金分配で個人的には微量のプラス。
チューリップ賞のシゲルピンクダイヤに自信があっただけのことですが、自分の馬券下手にはうんざりと言うか何というか。

小倉競馬早鞆特別は素直に西村騎手を買えば良いのに左脳からの伝達で急にアポロテネシーが良く見えての不的中。

チグハグな予想になりましたが、ともあれ、西村騎手の逃げは見事でした。

それから弥生賞ですね。

例年、荒れるか堅いかの極端なレースが多く、個人的には難しい1戦。ただ、弥生賞に限って言えば1番人気には勝ってほしい願望が強いですね。

こんな「願望」とか言う言葉を口にした時点で私の予想は外れるのがセオリー。まあ、外れますよ。

「こいつがこの馬ならオレはその馬を外すわ」程度に参考にしてもらえたら、今回は帳尻が合うはずです。

それではオッズです。

弥生賞2019単勝オッズ

出典:netkeiba.com

弥生賞2019重要なデータ

・サンデーサイレンス系の天下
・単勝1番人気[6-1-0-3]と安定した成績
・軸として狙うなら5番人気以内
・前走上がり2位以内が優秀
・栗東所属馬が有利
・前走重賞組が有利
・前走4番人気以内
・2勝以上馬が中心
・前走2着以下はコンマ5秒以内まで

全体的に上位人気馬から馬券を組み立てるのがベスト。ざっくりと言えば、ラストドラフトから8番人気くらいまで流せば、馬連、ワイドは、的中しそうなレース。

個人的にはそこまで強いと思っていないラストドラフトでも「単勝1番人気[6-1-0-3]と安定した成績」だけを見れば馬券になる可能性が一番高い馬ですね。

ただ、ニシノデイジーとの兼ね合いもありますので当日の単勝オッズをチェックしたいとことです。

弥生賞2019データ推奨馬

ニシノデイジー

生年月日 2016年04月18日(牡3歳)
毛色鹿毛
調教師高木 登(美浦)
馬主西山 茂行
生産者/産地谷川牧場/浦河町
中央獲得賞金9099万5000円
通算成績 5戦3勝[3-1-1-0] 主な勝鞍 18’東京スポーツ杯2歳S
兄弟馬ニシノキッカセキ、ニシノユメオウ
系統Danzig系

データ推奨馬は難しい選択肢がいくつかあり、思案の結果ニシノデイジーがデータ推奨馬となります。

重賞2勝にG13着ですから文句なしでデータ推奨馬にと言いたいところですが
血統背景がどうか。ここですね。

サンデーサイレンス系の天下の中、ハービンジャー産駒が新しい血脈で活路を開くかどうか。過去10年、サンデーサイレンス系が馬券にならない場合はミスプロ系が代等していましたのでここでDanzig系が来るかどうか。

弥生賞は血統背景が重要になってくると考えていますので個人的には、取り扱いに悩む1頭です。

弥生賞2019複勝推奨馬

カントル

サトノラディウスとカントルの両にらみから馬券を組み立てると、どうしても踏ん切りがつかない。ただ、この2頭のどちらかが馬券になる可能性が高いと見ています。

キャリアも前走も4角の位置取りも、どれを取ってもニシノデイジーやラストドラフトよりも上に見えて仕方がない。更に内枠に入ったことでレースが進めやすく他馬を警戒しやすい位置取りを取れるのもプラス。

そしてトップ騎手の2人が嫌に来そうな雰囲気。

それでも1頭を決めるならカントル。

弥生賞は60秒台のスローペースになりやすく前が有利に思われがちですが、上がりさえ持っていれば差す競馬が得意な馬が有利な場合もあります。

単純にヨーイドンのスタートなら分が悪い反面、ある程度前馬が脚を使ってくれるなら最後の坂道で捉えることも珍しくない。

これまでの4戦すべて上がり3F3位以内。

遠征で前走セントポーリア賞を勝っているのも心強い。

ダービー馬ワグネリアンの弟として恥ずかしくないレースに注目したい。

タイトルとURLをコピーしました