弥生賞2020消去法データ推奨馬や予想/該当馬は3頭・ワーケア鉄板級も穴なら逃げ馬

[common_content id=”9807″]

弥生賞2020消去法データ推奨馬や予想を紹介します。(2020年3月8日中山競馬第57回報知杯弥生賞ディープインパクト記念/皐月賞トライアル/3歳オープン/芝2000m)

ワーケア1強のようなメンバー構成の中でも、穴馬なら前走逃げて味のあるパンサラッサを含め、該当馬は3頭。

今年は、億超えホースであるサトノフラッグが権利を取れるかどうかに注目が集まり、その鞍上には世界の武豊騎手ですから期待せずにはいられないかなと。ただし、消去法データ推奨馬は意外な結果となり、このあたりは、慎重に取り捨てを行いたいところです。

また、弥生賞は距離実績が絶対的な好走条件となっており、連対馬20頭10頭に芝2000mでの勝鞍、残る10頭に芝1800mでの勝鞍があったように距離実績にも注目したいですね。

それでは、弥生賞2020消去法データ推奨馬と予想を紹介します。

弥生賞2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

弥生賞2020枠順

馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 サトノフラッグ 牡3 56.0 武豊
2 2 エンデュミオン 牡3 56.0 田中勝
3 3 パンサラッサ 牡3 56.0 坂井瑠
4 4 オーロアドーネ 牡3 56.0 三浦皇
5 5 ブラックホール 牡3 56.0 石川裕
6 6 ウインカーネリアン 牡3 56.0 Fミナ
6 7 メイショウボサツ 牡3 56.0 横山典
7 8 ワーケア 牡3 56.0 Cルメ
7 9 アラタ 牡3 56.0 大野拓
8 10 オーソリティ 牡3 56.0 Lヒュ
8 11 ディヴィナシオン 牡3 56.0 内田博

 

[common_content id=”10781″]

弥生賞2020消去法データ

  1. 逃げ[0-1-0-9]
  2. 単勝11番人気以下[0-0-0-19]
  3. 単勝30倍以上[1-0-1-46]
  4. キャリア7戦以上[0-1-022]
  5. 前走未勝利[0-0-0-7]
  6. 前走新馬戦[0-1-0-5]
  7. 前走共同通信杯[1-0-0-5]
  8. 前走中山500万クラス[0-0-0-8]
  9. 前走2200m以上[0-0-0-5]
  10. 前走単勝10番人気以下[0-0-0-6]
  11. 前走10着以下[0-0-0-7]
  12. 前走1秒以上の負け[0-0-0-15]

該当馬

アラタ
オーロアドーネ
サトノフラッグ
ディヴィナシオン
メイショウボサツ
ウインカーネリアン
エンデュミオン
ヴィズサクセス
エンデュミオン
ブラックホール

弥生賞2020消去法データ推奨馬

推奨馬

オーソリティ
サトノフラッグ
パンサラッサ
ワーケア

弥生賞2020好走データ

  1. 関西馬[7-7-6-43]連対率22%
  2. 先行馬[5-6-3-28]連対率26%
  3. キャリア4戦[4-1-3-14]連対率23%
  4. 単勝1番人気は、全馬がオープンクラス勝ち。その内、キャリア3戦以内なら[5-0-0-2]
  5. 連対馬20頭中10頭が重賞勝ち実績
  6. 連対馬20頭10頭に芝2000mでの勝鞍、残る10頭に芝1800mでの勝鞍
  7. 年内休養明け初戦[5-7-5-21]連対率32%。その内、単勝2番人気以内は[5-3-1-4]連対率61%
  8. 前走芝2000mオープンクラスなら最多の7勝
  9. 前走G1で3着以内・4着以下無しが[1-1-3-1]

予想

◎ワーケア
◯オーソリティ
▲パンサラッサ

◎ワーケアは、文句無しの消去法データ推奨馬で、特に前走G1で3着以内・4着以下無しが[1-1-3-1]は、かなり強いデータ。さらに年内休養明け初戦[5-7-5-21]連対率32%。その内、単勝2番人気以内は[5-3-1-4]連対率61%も合わせると、本命に相応しい。

弥生賞2020・1週間前予想や評価

ワーケア

  • 生年月日 2017年02月12日 (牡3歳)
  • 調教師/手塚 貴久(美浦)
  • 馬主/落合幸弘
  • 生産者/ノーザンファーム
  • 中央獲得賞金/4231万3000円
  • 通算成績/3戦2勝[2-0-1-0]
  • 主な勝鞍/19’アイビーステークス
  • サンデーサイレンス系

前走ホープフルステークスは、コントレイルと同様に無傷の3連勝でG1優勝を狙っていたワーケア。

スタート直後に後手に回り後方からの競馬。ペースが速くなる3角手前でもモタつき、その末脚はゴール前に入ってから加速したような切れ味でした。

エンジンのかかりが遅いワーケアですが、コントレイルを物差しにすれば、父ハーツクライの良い特徴を受け継いだ中山巧者ぶりが伺え、中山コースの直線だけで3着に入った走りから見れば、コントレイルと同等で、強いのは確か。

それでも気性面が懸念される走りでしたから、実際は広いコースでその力を発揮するタイプでしょうか。

今回は、前走より相手関係が楽にはなりますが、ワーケア自身、自分との戦いのようなレースになると考えています。言って見れば、「自分で自分のペースを守りきれるか」が鍵でしょうね。

サトノフラッグ

生年月日/2017年02月26日 (牡3歳)
調教師/国枝栄(美浦)
馬主/株式会社サトミホースカンパニー
生産者/ノーザンファーム
中央獲得賞金/1230万0000円
通算成績/3戦2勝[2-0-0-1] 主な勝鞍/20’サラ3歳500万
サンデーサイレンス系

コントレイルとワーケアが注目されたホープフルステークスでしたが、そのホープフルS優勝馬コントレイルと同タイムを3歳500万下で出したのがサトノフラッグ。

新馬戦こそ6着。秒差も1.5秒と大きく負けはしたものの、続く2戦目の未勝利戦でレコードタイムで優勝。スタートこそ他馬との接触で後方からの競馬も最後はしっかりと伸びた競馬でした。

1億超えの高額馬が未勝利戦をあっさりと勝ち上がると、前走3歳500万下では2着以下に3馬身差をつけて圧勝と着実にその期待に応える走りを見せる形。

特に注目したいのが未勝利戦の内容。ハイペースを後方で待機。4角に入るころには、すでに前を捉えるほど馬なりで上がっていった脚力は並ではない証拠で、結果的にマクッた競馬となりましたが、未勝利でこういった競馬が出来るのは、気性面が安定している証拠かなと。

コントレイルやワーケアは気性面に不安がある分、サトノフラッグにはそれが無いですから、個人的には、この弥生賞は期待出来る1頭だと思います。

オーソリティ

生年月日/2017年02月12日 (牡3歳)
調教師/木村哲也(美浦)
馬主/有限会社シルクレーシング
生産者/ノーザンファーム
中央獲得賞金/3012万6000円
通算成績/3戦2勝[2-0-0-1] 主な勝鞍/19’芙蓉ステークス
サンデーサイレンス系

良血馬で近親にサートゥルナーリアなどがいるオーソリティ。

芙蓉Sは、好内容で楽勝に見えた競馬。父オルフェーヴルということや、前走中山コースを圧勝したことなどでホープフルステークスで、上位人気を負かせるのはこの馬かなと思っていましたが結果は、5着に敗退。

力差ということを考えればそれまでですが、コンマ8秒差は、芙蓉Sの内容を考えれば、少し離されたような印象が強く、同コースの弥生賞をどういった競馬で皐月賞の権利を取りに行くのか?

今となっては、芙蓉Sのタイム2:02.9秒が極端に良いタイムでは無かっただけに、ここは試金石の1戦になると思います。

ブラックホール

生年月日/2017年02月16日 (牡3歳)
調教師/相沢郁(美浦)
馬主/芹澤 精一
生産者/杵臼牧場
中央獲得賞金/3922万7000円
通算成績/4戦2勝[2-1-0-1] 主な勝鞍/19’札幌2歳ステークス
サンデーサイレンス系

前走ホープフルステークスは、休養明け初戦での本番ということもあり、馬体重プラス10キロでの出走。

結果は9着に敗退も勝ち馬から1.5秒差は、調教過程がうまく行っていなかったと捉えるのが自然かなと。

ただ、2走前札幌2歳Sが強い勝ち方で、父ゴールドシップに荒れた馬場なら歓迎の口といった部分もありましたから、調教がうまくいかなかったとしても負けすぎは否めない形です。

今回も休養明け初戦となりますので、最終追い切りには十分チェックしたいところです。

タイトルとURLをコピーしました