ダイヤモンドステークス2020の出走予定馬や予想オッズ・注目馬評価を紹介します。(2020年2月22日東京競馬第70回ダイヤモンドステークス4歳以上オープンG3ハンデ/3,400m芝)

春の大一番、天皇賞春へ向けたステップレース。

今年は昇級初戦馬の出走予定が多く、非常に面白いレースになるかなと。

ダイヤモンドSは上がり3F勝負になりやすく、過去10年3着以内30頭中19頭が上がり3F3位以内での決着となっていますので今年もこのあたりが予想のポイントになると思います。

特に昇級初戦馬には、過去内容をしっかりと確認する必要がありますね。

それではダイヤモンドS2020の出走予定馬や予想オッズ・注目馬を紹介していきます。

無料公開予想が4週連続的中!
先日の戸塚記念的中やセントウルスSで回収率900%超えのTAZUNAが
日本テレビ盃とスプリンターズSの無料情報を公開します!

直近の結果がコチラ

■9/21ブエナビスタC
→2万400円獲得・回収率425%

■9/13セントウルS
6000円→5万4720円・回収率912%
12人気メイショウグロッケ入れてます!

■9/16戸塚記念ワイド2点
5000円投資→14400円・回収率288%

そして記憶に新しい皐月賞の万馬券
■4/19皐月賞91.5倍×600円
5400円→5万4900円・回収率1016%

各検証証拠画像がコチラ↓↓

戸塚記念の他にも地方競馬無料情報も好調で

羽田盃270%
大井記念384%
スパーキングLC110%

地方交流重賞の無料予想が上手いサイトで
その買い目は的確。
回収率も300%前後が主流ですから
頼りになる無料情報なんです!

そんな絶好調のTAZUNAが今週末にはスプリンターズSの無料情報を公開!さらに日本テレビ盃を当日レース前に無料公開!

秋の競馬でプラス収支を目指すならココの無料予想が本気で激アツです!

【メールアドレス】を無料登録で即買い目が確認出来ます。

ダイヤモンドステークス2020出走予定馬

※出走予定馬は随時変更、追記をおこなっています。

馬名 性齢 毛色 斤量 想定騎手 調教師
アドマイヤジャスタ 牡4 鹿 54.0 田辺裕 須貝尚
ウインテンダネス 牡7 56.0 杉山晴
オセアグレイト 牡4 鹿 54.0 野中悠 菊川正
サトノティターン 牡7 黒鹿 57.0 石橋脩 堀宣行
ステイブラビッシモ 牡7 鹿 52.0 江田照 久保田
タイセイトレイル 牡5 黒鹿 55.0 中谷雄 矢作芳
タガノディアマンテ 牡4 55.0 川田将 鮫島一
ダノンキングダム 牡6 54.0 津村明 安田隆
ノチェブランカ 牝5 50.0 武藤雅 国枝栄
バレリオ 牡5 54.0 Fミナ 相沢郁
ホウオウドリーム 牡6 鹿 53.0 吉田豊 矢作芳
ポポカテペトル 牡6 55.0 北村宏 友道康
(地)マコトガラハッド セ7 鹿 51.0 鮫島一
ミライヘノツバサ 牡7 54.0 木幡巧 伊藤大
メイショウテンゲン 牡4 55.0 池添謙 池添兼
ララエクラテール 牡8 鹿 51.0 今野貞
(地)リッジマン 牡7 鹿 57.0 Sフォ 庄野靖
(地)レイホーロマンス 牝7 鹿 51.0 酒井学 橋田満
レノヴァール 牡5 鹿 54.0 横山典 高野友
ロサグラウカ 牝5 黒鹿 52.0 丸山元 尾関知
ヴァントシルム 牡6 鹿 55.0 Mデム 須貝尚

ダイヤモンドステークス2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

【無料情報】神戸新聞杯3連複的中!次はスプリンターズSの無料情報を公開

神戸新聞杯1900%
単勝14人気ロバートソンキー入れてました!

◆中京11R神戸新聞杯
3連複2-5-18
190.2倍×500円=95,100円獲得
回収率1902%

実際に公開された買い目がコチラ↓

夏も好調で9月ラストに高配当!

その夏直近の無料予想結果が↓

▶9/05札幌11R:札幌2歳S
1万5300円獲得!回収率306%
▶8/22札幌11R:札幌記念
6950円獲得!回収率139%
▶8/09札幌11R:エルムS
1万3400円獲得!回収率268%

前夜公開された無料買い目がこちら↓

春競馬はフローラS6万はじめダービー・日経賞など重賞好調なんです!

フローラステークス回収率1246%の買い目がコチラ↓

あまりの的中率の良さに無料会員が殺到!数多くの無料会員が浮足だったことは言うまでもない話しです。

今回、満を持して無料公開に踏み切るレースが、
シリウスSとスプリンターズS
です。

厳選された5頭ボックスの買い目は、
これまでの結果を見て頂ければ、
安心とワクワク感が止まらないと思います!

厳選5頭の推奨馬

今週はシリウスSとスプリンターズSの無料予想で神戸新聞杯を超える回収率1900%以上を期待してみてください!

ダイヤモンドステークス2020注目馬評価

タガノディアマンテ

生年月日 2016年04月20日 (牡4歳)
調教師 鮫島 一歩(栗東)
馬主 八木 良司
生産者 有限会社新冠タガノファーム
中央獲得賞金 6155万5000円
通算成績 11戦2勝[2-1-1-7]
主な勝鞍 20'万葉ステークス
オルフェーヴル
タガノレヴェントン
系統 サンデーサイレンス系

前走万葉Sは、外めを追走しながらの競馬。4角でも大外を回って最後の直線に入った途端に抜群の手応えで上がり3F35.8秒の1着。

2着馬に3馬身以上をつけた内容は本当に強かったなと。特に直線に向いてからの走りは長い直線の東京コースでも十分に走れそうで、タガノディアマンテ以下が勝手に離脱していく、そんな競馬をすでにイメージさせるほどの内容でした。

東京コースはダービー以来になりますがダイヤモンドSの展開はスローペースが主流で、ダービーのようなハイペースになりにくいため、長距離の上がり勝負で力を発揮出来るタガノディアマンテにとっては、好材料の1戦になると考えています。

ただし、距離が伸びれば伸びるほど良いタイプでも無いと勝手に思っていますので天皇賞春は、また違う話しになってくると思います。

↓万葉S1着・ピンクの帽子15番タガノディアマンテ

バレリオ

生年月日 2015年01月18日 (牡5歳)
調教師 相沢 郁(美浦)
馬主 有限会社 サンデーレーシング
生産者 (有)社台コーポレーション白老ファーム
中央獲得賞金 5626万4000円
通算成績 7戦4勝[4-0-0-3]
主な勝鞍 19'オリオンステークス
ステイゴールド
リリウム
系統 サンデーサイレンス系

前走 オリオンS(1600万)を単勝3番人気で優勝。ダイヤモンドSが昇級初戦の初重賞挑戦ということで、厳しいレースになる可能性も、ハンデ次第では好走をしてもおかしくないかなと。

オリオンSは超スローペースを3番手で追走しながらペースが速くなる3コーナー手前でも慌てず騒がずのじっくりと構えて、4角5番手で最後の直線へ。

結果的に差す競馬でタイム2:26.6秒。上がり3F33.5と完全な上がり勝負にはなりましたが内容もタイムもなかなかのもので。

こういった展開でしっかりと上がりが出せる馬は折り合い面に不安はなく、安定して走ってくる反面、ミドルペース以上になると上がりが不発に終わるケースが多いのも特徴のひとつ。

これまで2400mは[2-0-0-1]の成績で距離が伸びても良さそうですが、母父クロフネというあたりが少し気になるところ。

ただ前走内容は確かなものだったため、軽視は出来ない存在かなと考えています。

↓オリオンS1着・赤い帽子3番バレリオ

ロサグラウカ

生年月日 2015年05月04日 (牝5歳)
調教師 尾関 知人(美浦)
馬主 有限会社 サンデーレーシング
生産者/産地 ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金 5635万1000円
通算成績 10戦4勝[4-1-0-5]
主な勝鞍 19'グレイトフルS
ルーラーシップ
ローザブランカ
系統 Mr. Prospector系

前走グレイトフルS(1600万)を単勝3番人気で1着と今回が昇級初戦での重賞挑戦となりますが、とにかく中山コースの適正が高いなといった印象が強いですね。

グレイトフルSは、自身初の逃げで優勝しましたが、そのラップが同コース距離だった3歳上1000万とほぼ変わらない内容で、前半をある程度速く走り、最後はかなり時計をかけて走るといった高低差のある中山コースでこそ出来る走り。

それを同じように走り、違う脚質で優勝していますので本当に中山適正は高いです。

そして今回は東京コース。

中山コースであれば押し切り勝ちが出来やすいコースですがダイヤモンドSの場合、上がり3F勝負は必至で、過去10年、3着以内30頭中19頭が上がり3F3位以内での決着となっている点がどうか?

また、今回は単騎逃げが見込めるだけに目標にされやすいため、ここは苦戦が強いられそうなレースになると考えています。

リッジマン

生年月日 2013年05月25日 (牡7歳)
調教師 庄野 靖志(栗東)
馬主 有限会社 辻牧場
生産者 辻 牧場
中央獲得賞金 1億6201万8000円
通算成績 27戦5勝[5-4-0-18]
主な勝鞍 18'ステイヤーズS
スウェプトオーヴァーボード
アドマイヤモンロー
系統 Mr. Prospector系

一昨年のダイヤモンドS2着馬で長距離でこそ走って来たリッジマン。

前走ステイヤーズSは連覇を期待されての単勝2番人気でしたが11着に大敗。展開が合わず、脚質も後方で脚をためるほうが良かったと騎手がコメントするように敗因がしっかりしている以上、修正はしてくるかなと。

それでも明け7歳になったことや、器用さが無くなった部分が不安材料として残る以上、好走は厳しい可能性も地力であっさりと3着以内を確保してしまいそうなイメージもありますから、このあたりの取り捨ては本当に難しい馬になりますね。

最後は最終追い切りで判断をしたいと思います。

フェブラリーステークス2020消去法データ推奨馬

京都牝馬ステークス2020出走予定馬や予想オッズ

小倉大賞典2020出走予定馬や予想オッズ

おすすめの記事