福島競馬芝1200m特徴や傾向・騎手や血統・人気や枠順

福島競馬芝1200m特徴や傾向・良馬場・稍重・重馬場・不良馬場データ・コース解説。過去10年の結果を参考に、人気・枠順・距離・血統・馬体重・脚質・生産者・調教師・騎手・種牡馬などのデータ分析を紹介します。

春G1・8戦6勝の無料情報!秋G1は天皇賞秋~ジャパンカップ的中!

◎春G1シリーズ8戦6勝!
◎秋G1シリーズも天皇賞秋、菊花賞、マイルCS・ジャパンカップ的中!

無料予想で稼ぐならここがダントツに稼げます!

■春G1無料予想8戦6勝~天皇賞秋・マイルCS

春G1無料予想は、投資金41200円→18万以上を獲得!

■秋G1も好調で、菊花賞・天皇賞秋・マイルCS無料買い目

◎天皇賞秋/3連複9.6倍×600=5760円/回収率107%
◎菊花賞/3連複38.1倍×600円=22,860円/回収率423%
◎マイルCS/3連複16.1倍×600円=9660円獲得/回収率177.8%

■京都2歳S&ジャパンカップ無料買い目

◎京都2歳S/3連複44.2倍×500円=22,100円/回収率442%
◎ジャパンC/3連複3.0倍×700円=2,100円/回収率43%

ジャパンCはやはり堅め展開、予想はガミも土曜重賞と合わせて2万4千円獲得+1万4千円収支!

今週の無料予想
12/05ステイヤーズS
12/06チャンピオンズカップ

先週土日の無料予想は、ジャパンカップ、京都2歳S、ワイド1鞍的中・4戦3勝で3万2200円獲得で楽勝のプラス。

ここの無料買い目は、マジで稼げます。

初めて参考にされる方は、土曜重賞も良く来ていますので、まずは、ステイヤーズSの無料買い目をチェックして見てください!

↑無料アドレス登録のみで即、ステイヤーズSとチャンピオンズカップの無料買い目が確認できます。

福島競馬芝1200mコース解説

スタートは、向正面ポケットから。最初のコーナーまでの直線距離は約412mで、向正面はずっと上りが続く勾配のあるコース。

芝1200mと言う短距離もあって、逃げ、先行が有利ですが、スタートからテンで競り合う展開になると、オーバーペースとなり、差し馬に交わされることもあります。

枠順の有利不利は少ないですが、良馬場と稍重以上の場合は、内外の有利が変わり、良馬場であれば、逃げ先行馬の内枠が好走。

最終的に脚質の多さで前が有利、後ろが有利と変わってきますので、展開予測はしっかりとおこないたいところです。

福島競馬芝1200m過去10年データ傾向分析

枠順データ

良馬場

良馬場であれば、1枠がやや好走している68勝ですが、全体的には、どこからでも勝ち負けが出来ている結果です。

ただし、3着内率では、1枠2枠8枠が20%を越えていますので、内枠有利なのは間違いないでしょうか。

稍重・重・不良馬場

稍重以上になると面白い結果となっており、良馬場で好走枠の1枠が苦戦。また8枠も苦戦しており、稍重以上なら3枠4枠5枠の中枠が好走している結果となっています。

すべて

単勝人気データ

良馬場

単勝1番人気が勝率24.2%、連対率42.7%、3着内率55.5%とまずまずの成績。3着内率で10%を越えているのは単勝8番人気までと、人気薄も好走しており、福島競馬芝の中では、荒れやすい距離に入る数字です。

稍重・重・不良馬場

稍重以上になると、単勝1番人気の数字はさほど変わらない中、下位人気馬の好走が目立って来ており、良馬場以上に福島競馬で荒れるイメージがあるとすれば、この馬場が悪化した時の結果が反映されている感じでしょうか。

3着内率で10%を越えているのは単勝10番人気までで、単勝9番人気も9%台と走っている結果。3連系は、下位人気馬も押さえておく必要がある結果です。

すべて

単勝オッズデータ

良馬場

単勝3.9倍以内までの3着内率が65%と好走しており、軸馬としてはここが最適の結果。

人気薄が好走するとしても、単勝29.9倍以内までで3着内率12.6%。単勝30倍以上になると数字がガクッと落ちてきますので、注意が必要になってきますね。

稍重・重馬場・不良馬場

馬場が悪化しだすと、上位人気馬の数字が少しづつ苦戦している結果で、逆に人気薄が少しづつ上がっている結果。

特に19.9倍以上の単回収率が100%を越えて来ていますので、単系で高配当がつきやすい結果となっています。

脚質データ

良馬場

逃げ馬の勝率が21.1%、連対率35%、3着内率45.5%と好走しており、単複回収率が100%超え。狙い目十分ですが、どの馬がハナを叩けるかの予想が難しい部分もありますので、このあたりは「単騎逃げ濃厚」に近い馬を狙うか、2頭軸などで狙うのがいいでしょうね。

先行馬も好走しており、勝率12.4%、連対率24.2%、3着内率35.4%。逃げ馬同様に単複回収率が100%超えており、軸馬として狙うなら、先行馬のほうが狙いやすいと思います。

差し・追い込み馬は苦戦しており、紐付けがベストでしょうか。

稍重・重馬場・不良馬場

馬場が悪化すると、逃げ先行馬の勝率が13%と、良馬場時より劣りますが、3着内率が共に30%超え。逆に差し馬が若干数字を落としており、馬場が悪化しても、逃げ先行馬が有利なのはほぼ変わらない結果です。

すべて

所属データ

間隔データ

中3週4週が好走しており、他と比べても10%前後変わってきますので、基本は中3週4週かなと思います。

血統データ

上位トップ5は、名種牡馬がランクインしており、

  1. サクラバクシンオー
  2. キングカメハメハ
  3. ダイワメジャー
  4. アドマイヤムーン
  5. ディープインパクト

特にキングカメハメハ産駒は、200頭近い頭数からの勝率12.6%、連対率22.6%、3着内率31.7%の結果ですから注目したい種牡馬ですね。

馬体重データ

以外と大型馬、馬体重520キロ以上が好走しており、単勝3番人気以内に絞れば、さらに数字を上げている結果。

基本は、馬体重440キロ~499キロが中心。全体的には、どこからでも勝ち負けが出来ている結果です。

騎手データ

過去5年の結果を参考にしています。

1位戸崎騎手でも3着内率48.8%と低い数字で、騎手による偏りはそこまで無いかなと。これが単勝3番人気以内になっても、例えば、戸崎騎手の3着内率は50%台ですから、やはり騎手の手腕はそこまで反映されていない結果かなと思います。

調教師データ

過去5年の結果を参考にしています。

調教師の偏りがけっこうキツイ感じに出ており、上位10名の中で、単回収率が100%を越えているのが5名と高い数字。

特に関西所属調教師がベスト3に入っていますので、このあたりは注目のデータです。

 

生産者データ

過去5年の結果を参考にしています。

福島競馬芝1200m過去10年データ傾向まとめ

  1. 良馬場なら1枠2枠が有利
  2. 稍重以上なら3枠4枠5枠が有利
  3. 単勝1番人気の3着内率は50%台程度
  4. 稍重以上であれば、単勝10番人気までが好走
  5. 単勝3.9倍以内までの3着内率が65%と好走
  6. 良馬場での逃げ先行馬が好走
  7. サンデーサイレンス系・ミスプロ系が好走
  8. キングカメハメハ産駒ディープインパクト産駒が優秀
  9. 馬体重440キロ~499キロが中心
  10. 騎手による有利不利はほぼ無いと見て良い結果
  11. 関西調教師が優秀

足立祐二
最終的に馬場状態による枠順傾向と脚質傾向は予想の中心になりますね。
[getpost id=”13687″ title=”福島競馬特徴や傾向” ][getpost id=”13803″ title=”福島競馬特徴や傾向” ][getpost id=”13755″ title=”福島競馬特徴や傾向” ][getpost id=”13753″ title=”福島競馬特徴や傾向” ] [common_content id=”9807″]
タイトルとURLをコピーしました