川崎ダート900m傾向分析やコース解説・逃げ馬が圧倒的に有利なコースバイアス

川崎競馬ダート900mの傾向分析やコース解説を紹介します。

川崎競馬ダート900mの過去10年データ傾向(血統、枠順、脚質、人気、調教師)を分析。好走データや苦戦データなどを紹介します。

川崎競馬ダート900mコース解説

川崎競馬900mは2100m地点と同じスタートになります。川崎競馬場の一番のポイントと言えば、スタートから最初のコーナーまでの距離が南関競馬の中で一番長い距離を走る競馬場になっています。

基本的には内枠が有利ですが、スタートから最初のコーナーまでの距離が長いため、先行力のある馬が外枠に入った場合でも十分に前へ進出出来るため、数字的に見ても枠順の有利不利はさほど見られないのが特徴です。

ただし、外枠に先行力のある馬が入った場合はペースが若干上がる傾向がありますので脚質の並びをしっかりと見て判断する必要もあります。

1枠の3着内率は32%を越えていますので、基本は、内枠が有利です。

レコードタイム

川崎競馬ダート900mデータ傾向

枠順データ


1枠~4枠の連対率が20%を越えており、3着内率も1枠2枠が30%以上。

1枠と8枠の3着内率が8%の開きがありますので、内枠有利かと思います。ただし、複勝回収率は8枠74.5%、単勝回収率に至っては30%近くも1枠を上回る数字ですので、レースごとのコースバイアスを見極める必要がありそうです。

人気データ

単勝1番人気の勝率が42.8%連対率が65.1%3着内率が75.6%とダントツの数字を残しています。地方競馬の中では、かなり高い数字です。

2番人気の数字と比べてもその差は歴然で、これだけ3着内率が好走していても、3着内率90%を越えていますので、過度な人気薄狙いは避けるべきレースでしょうか。

ただし、単勝6番人気の単回収率が113.6%とプラスになっていますので、考え方としては、単勝1番人気が飛ぶレースの場合、単勝6番人気以内までが台頭しやすいということになります。

それでも、この単勝1番人気の数字は逆らうには勇気がいる数字ですね。

予想のポイント
名古屋競馬の単勝1番人気の数字となんら遜色ない結果ですから、予想の中心は1番人気になってきますね。

脚質データ

逃げ馬の3着内率が64.5%と高く中心の存在。単複回収率も100%を越えていますので、毎回逃げ馬を狙えばプラス回収になるのは当然ですが、

この距離で逃げ馬を断定するのは至難の業。

例え、過去傾向から脚質の判断が出来ても、そのレースで「逃げれる馬」と「逃げたい馬」というのは違ってきますので、スタートを切って見ないとわからないのがこの川崎900mです。

ただ、ある程度クラスが上がれば、狙いも定まりやすくなりますので、このあたりは、よほどの逃げれる根拠があるかないかで判断したほうが良いと思います。

全体的には、先行馬まで好走しており、逃げ、先行馬が活躍しやすいレース結果となっています。

4角通過データ

逃げ馬が好走しており、4角1番手通過が3着内率83%。複勝回収率156.9%とむちゃくちゃ良い数字です。ここを通過出来る馬が毎回わかれば、大金持ちになれますね(笑)

4角2番手以内通過も複勝回収率100%を越えていますので、最悪でも2番手通過が出来そうな逃げ馬を見つけることが回収率UPにつながる手段でしょうか。

4角7番手通過以下は、3着内率10%以下となっており、単複系の方はそこまで気にすることはないかなと。3連系は、あくまでも連下止まりが理想かなと思います。

もし、7番手通過以下の単勝回収率が50%以上あれば、人気薄の好走も見込めますが、そうでない結果ですので、人気上位馬の台頭という見方が出来ますし、人気薄でも、プラスには遠く及ばない結果と言えます。

種牡馬データ

サウスヴィグラス産駒が123勝とトップの数字で、2位スウェプトオーヴァーボードに大差を付けていますが、サウスヴィグラス産駒の出走頭数もかなり多く、その分、勝率が19%と低め。

ただ、やはりこの勝数はダントツの結果ですので、予想の中心になるのは間違いないかなと思います。

また、単複回収率100%を越えている種牡馬も多数いますので、そのあたりを狙うのも良いかなと思います。

母の父データ

フジキセキ、アグネスタキオンといったサンデーサイレンス系が好走しており中心の存在。さらにミスプロ系やヴァイスリージェント系といったダート色強い血統が上位を形勢している結果です。

全体的には、これからもますます、母父サンデーサイレンス系が増えて来る感じでしょうか。

騎手データ

調教師データ

所属データ

川崎競馬攻略900m予想ポイント

  • 1枠~4枠の内枠が有利
  • 先行力さえあれば外枠でも好戦可能
  • 単勝1番人気の勝率が42.8%連対率が65.1%3着内率が75.6%とダントツの数字
  • 4角2番手以内通過はほぼ無双

絶対的な予想のポイントは内枠×逃げ、先行馬。これが基本でしょうか。

ここに枠順と脚質の並びから展開を読む必要性のあるレースは出てくると思いますが、その場合は、外枠に先行力のある馬がいるかいないかで予想を組み立てるのがベストです。

春G1戦で8戦6勝の予想軍団がローズSを厳選無料情報公開!

[common_content id=”11583″]

中配当から高配当までGET出来る厳選5頭のボックスが熱い!

[common_content id=”14471″] [common_content id=”15549″] [common_content id=”15717″]
タイトルとURLをコピーしました