エンプレス杯回収率670%!今週はフジノウェーブ記念の無料買い目公開!

先週中央は7日小倉5R250%
6日阪神8R380%と高回収率でしたが…
実は地方重賞が高回収率狙えるんです!

■エンプレス杯
馬単:1-6人気決着/40.2倍×800円
[獲得額]32,160円[回収率]670%

結果的に3連複より馬単の方が高配当★
勝てる、稼げる無料予想なんです!

■地方重賞の最高回収率は
2020年東京2歳優駿牝馬1740%!
無料買い目画像↓

<<今週の地方重賞無料予想>>

フジノウェーブ記念+名古屋大賞典

今週も600%超の高回収率に期待してください!

フジノウェーブ記念と名古屋大賞典の無料買い目は無料メルマガで公開しています。

無料メルマガ登録は、メールアドレスのみで簡単に登録できます。

無料メルマガ登録はこちら↓↓

↑今週末の中央無料買い目は、昇竜Sと伊丹Sです!地方無料買い目で登録したメールアドレスでご確認できます!

武蔵野ステークス2020予想や過去データ傾向・荒れやすいレースだからこそ積極的に狙いたい1頭

中央競馬最終予想

武蔵野ステークス2020予想や過去データ傾向分析を紹介します。2020年11月14日(土)5回東京3日第25回 東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス(GⅢ)3歳以上オープン/ダート1600m

近年は荒れやすい武蔵野ステークスで、3連単の平均配当は、495045円と穴馬が活躍しています。

今年は荒れるのかどうか?

このあたりも含めて予想を紹介します。

先週の的中情報:チューリップ賞3連複19.9倍

■先週の無料情報的中結果
◎チューリップ賞/3連複19.9倍×400円
[払戻金]7960円[回収率]165.8%
買い目画像↓↓

■2021年無料情報最高回収率1525%
◎中山金杯
1着:09ヒシイグアス1人気
3着:16ウインイクシード11人気と穴もドンピシャ!
3連複12点900円→73,200円獲得
回収率1525%
中山金杯の無料買い目画像↓

■G1無料情報2020年実績
◎的中率:約62%(21レース中13レース)
◎獲得額:277,890円◎収支額:169,490円


年間回収率245.4%!
年間最高回収率1350%(天皇賞春)

的確でありながら高配当が見込めます。

■直近無料情報結果
クイーンC/3連複23.2倍×600円
[払戻金]13,920円[回収率]258%
春菜賞/3連複33.3倍×400円
[払戻金]13,320円[回収率]278%
無料買い目画像↓↓

<今週はダブル重賞無料買い目公開!>
金鯱賞(G2)
中山牝馬S(G3)

前週の無料情報で合計12,820円獲得!

実際に稼げてる無料予想だから、

ココの買い目は見ておいて損はなし!・・・なのです!

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

↑無料メルマガ登録後レース前夜買い目チェックしてください!

武蔵野ステークス2020枠順

武蔵野ステークス2020予想オッズ

人気 馬名 予想オッズ
1 タイムフライヤー 2.2
2 モズアスコット 3.6
3 サンライズノヴァ 3.8
4 デュードヴァン 11.2
5 エアスピネル 13.5
6 ケンシンコウ 15.2
7 ワンダーリーデル 22.7
8 レピアーウィット 52.1
9 オメガレインボー 56.6
10 エメラルファイト 84.5
11 メイショウワザシ 171.1
12 モズダディー 184.6
13 バティスティーニ 211.3
14 スマートダンディー 215.2
15 ドリュウ 227.8
16 ソリストサンダー 227.8
17 スマートセラヴィー 276.3
18 ロードグラディオ 351.0
19 フィードバック 351.0

武蔵野ステークス2020過去データ傾向分析

枠順データ

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
1枠  0- 1- 1-17 0.0% 5.3% 10.5% 0 19
2枠  3- 2- 2-12 15.8% 26.3% 36.8% 109 151
3枠  1- 0- 0-19 5.0% 5.0% 5.0% 17 8
4枠  1- 1- 3-15 5.0% 10.0% 25.0% 126 217
5枠  0- 2- 1-17 0.0% 10.0% 15.0% 0 64
6枠  3- 1- 1-15 15.0% 20.0% 25.0% 251 70
7枠  1- 1- 1-17 5.0% 10.0% 15.0% 69 54
8枠  1- 2- 1-16 5.0% 15.0% 20.0% 66 145

1枠3枠[1-1-1-36]と苦戦しており、5枠もは勝ち星が無く、奇数枠が苦戦している結果です。

偶数枠の2枠4枠6枠8枠が好走しており、特に2枠6枠が6勝と中心の存在。

脚質データ

脚質・上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
逃げ   1-  0-  0-  9 10.0% 10.0% 10.0% 366 59
先行   1-  5-  5- 23 2.9% 17.6% 32.4% 40 190
中団   5-  4-  2- 56 7.5% 13.4% 16.4% 89 52
後方   3-  1-  3- 40 6.4% 8.5% 14.9% 35 81
3F1位   5-  0-  3-  4 41.7% 41.7% 66.7% 373 342
3F2位   1-  3-  0-  6 10.0% 40.0% 40.0% 133 107
3F3位   1-  4-  1-  5 9.1% 45.5% 54.5% 134 182
3F~5位   3-  1-  4- 13 14.3% 19.0% 38.1% 257 164
3F6位~   0-  2-  2-100 0.0% 1.9% 3.8% 0 36

逃げ[1-0-0-9]と苦戦しており、コース形態から見ても、やはり逃げ残るのは厳しいコースかなと。

全体的には、差し~追い込み馬が活躍。3着内率に限っては、先行馬32.4%とトップの成績。

また、勝ち馬5頭が上がり3F最速で優勝。先行[2-0-1-0]と3着内率100%の成績です。

ただ、上がり3F勝負ではなく、切れる脚があれば、それに越したことがない結果ですので、そこまで気にする必要も無いかなと思います。

年齢データ

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
3歳   2-  3-  2- 15 9.1% 22.7% 31.8% 31 78
4歳   2-  2-  2- 19 8.0% 16.0% 24.0% 70 84
5歳   3-  4-  3- 40 6.0% 14.0% 20.0% 53 105
6歳   2-  1-  3- 25 6.5% 9.7% 19.4% 199 156
7歳   1-  0-  0- 21 4.5% 4.5% 4.5% 63 20
8歳   0-  0-  0-  7 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

7歳以上[1-0-0-28]と苦戦。7歳で1着だった2017年インカンテーションは、当年の重賞で勝鞍があり、重賞以上で活躍している7歳以上にはチャンスは、あるかなと。

全体的には、3歳~5歳までが活躍しています。

騎手データ

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
戸崎圭太  2- 1- 1- 4 25.0% 37.5% 50.0% 221 161
ルメール  2- 0- 1- 3 33.3% 33.3% 50.0% 123 75
三浦皇成  1- 3- 0- 2 16.7% 66.7% 66.7% 231 171
横山典弘  1- 0- 0- 5 16.7% 16.7% 16.7% 420 115
田辺裕信  1- 0- 0- 6 14.3% 14.3% 14.3% 522 84
ムーア  1- 0- 0- 5 16.7% 16.7% 16.7% 51 25
四位洋文  0- 2- 0- 1 0.0% 66.7% 66.7% 0 216
蛯名正義  0- 1- 0- 5 0.0% 16.7% 16.7% 0 40
吉田豊  0- 1- 0- 4 0.0% 20.0% 20.0% 0 110
北村宏司  0- 0- 1- 8 0.0% 0.0% 11.1% 0 113
大野拓弥  0- 0- 1- 3 0.0% 0.0% 25.0% 0 527
津村明秀  0- 0- 1- 2 0.0% 0.0% 33.3% 0 130
福永祐一  0- 0- 0- 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
柴山雄一  0- 0- 0- 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
田中勝春  0- 0- 0- 6 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
松岡正海  0- 0- 0- 6 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
内田博幸  0- 0- 0- 7 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
石橋脩  0- 0- 0- 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
勝浦正樹  0- 0- 0- 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
柴田大知  0- 0- 0- 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
柴田善臣  0- 0- 0- 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

戸崎騎手、ルメール騎手、三浦騎手が好走。

内田博幸騎手、蛯名騎手、北村弘騎手は苦戦傾向が強いですね。

調教師データ

調教師 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
(栗)松田国英  1- 1- 0- 1 33.3% 66.7% 66.7% 116 246
(栗)矢作芳人  1- 1- 0- 5 14.3% 28.6% 28.6% 211 110
(栗)鮫島一歩  1- 1- 0- 3 20.0% 40.0% 40.0% 732 168
(栗)音無秀孝  1- 0- 1- 4 16.7% 16.7% 33.3% 48 151
(美)加藤征弘  1- 0- 0- 3 25.0% 25.0% 25.0% 97 35
(栗)庄野靖志  1- 0- 0- 2 33.3% 33.3% 33.3% 323 100
(美)堀宣行  1- 0- 0- 5 16.7% 16.7% 16.7% 51 25
(栗)大橋勇樹  1- 0- 0- 3 25.0% 25.0% 25.0% 332 65
(栗)池江泰寿  0- 2- 1- 5 0.0% 25.0% 37.5% 0 83
(栗)橋田満  0- 1- 1- 6 0.0% 12.5% 25.0% 0 47
(栗)平田修  0- 1- 0- 2 0.0% 33.3% 33.3% 0 53
(栗)石坂正  0- 0- 2- 3 0.0% 0.0% 40.0% 0 98
(栗)大久保龍  0- 0- 1- 3 0.0% 0.0% 25.0% 0 527
(栗)安田隆行  0- 0- 1- 3 0.0% 0.0% 25.0% 0 255
(栗)湯窪幸雄  0- 0- 1- 2 0.0% 0.0% 33.3% 0 130
(栗)大根田裕  0- 0- 0- 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
(美)新開幸一  0- 0- 0- 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
(栗)藤沢則雄  0- 0- 0- 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

単勝人気データ

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
1番人気   3-  2-  1-  4 30.0% 50.0% 60.0% 95 83
2番人気   1-  1-  1-  7 10.0% 20.0% 30.0% 39 45
3番人気   0-  1-  1-  8 0.0% 10.0% 20.0% 0 38
4番人気   1-  2-  0-  7 10.0% 30.0% 30.0% 133 79
5番人気   0-  1-  0-  9 0.0% 10.0% 10.0% 0 25
6番人気   2-  0-  2-  6 20.0% 20.0% 40.0% 287 165
7番人気   1-  1-  1-  7 10.0% 20.0% 30.0% 97 115
8番人気   1-  2-  0-  7 10.0% 30.0% 30.0% 366 172
9番人気   1-  0-  1-  8 10.0% 10.0% 20.0% 252 147
10番人気   0-  0-  0- 10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
11番人気   0-  0-  1-  9 0.0% 0.0% 10.0% 0 102
12番人気   0-  0-  0- 10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
13番人気   0-  0-  1-  9 0.0% 0.0% 10.0% 0 211
14番人気   0-  0-  0- 10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
15番人気   0-  0-  1-  8 0.0% 0.0% 11.1% 0 288
16番人気   0-  0-  0-  9 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

前走クラスデータ

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
同クラス   6-  7-  6- 92 5.4% 11.7% 17.1% 62 97
今走昇級戦   1-  0-  2- 16 5.3% 5.3% 15.8% 16 24
  3勝   1-  0-  2- 16 5.3% 5.3% 15.8% 16 24
オープン特別   4-  4-  3- 53 6.3% 12.5% 17.2% 45 81
リステッド   1-  0-  1-  6 12.5% 12.5% 25.0% 315 350
  G3   1-  2-  2- 25 3.3% 10.0% 16.7% 49 87
  G1   0-  1-  0-  8 0.0% 11.1% 11.1% 0 12

前走G1組は苦戦しており[0-1-0-8]。

前走オープン特別組が好走しており、リステッド組も合わせれば[5-4-4-59]。また、前走G3組も好走しており、3着内率16.7%。

ただ、全体的には、3着内率10%台ですから、どこからでも勝ち負けが出来ている結果です。

前走着順データ

前着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
前走1着   6-  3-  3- 30 14.3% 21.4% 28.6% 88 65
前走2着   0-  2-  1- 12 0.0% 13.3% 20.0% 0 34
前走3着   2-  2-  0- 11 13.3% 26.7% 26.7% 412 132
前走4着   1-  0-  2- 10 7.7% 7.7% 23.1% 102 382
前走5着   0-  1-  2- 11 0.0% 7.1% 21.4% 0 112
前走6~9着   1-  2-  1- 28 3.1% 9.4% 12.5% 46 73
前走10着~   0-  0-  1- 25 0.0% 0.0% 3.8% 0 10

前走1着[6-3-3-30]と好走。その内訳が、前走3勝クラス[1-0-2-16]、前走オープン特別[3-3-1-11]、前走地方組[2-0-0-1]。

過去データで信頼出来そうなのが、前走オープン特別組で、2着馬にコンマ0~コンマ5秒以内が好走しており、今年は、レピアーウィットが該当します。

全体的には、前走9着以内からの巻き返しがありますが、10着以下は苦戦。このあたりの線引には気をつけたいところです。

前走単勝人気データ

前走人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
前走1人気   5-  4-  2- 17 17.9% 32.1% 39.3% 131 108
前走2人気   3-  2-  1- 18 12.5% 20.8% 25.0% 273 118
前走3人気   2-  1-  1- 14 11.1% 16.7% 22.2% 136 73
前走4人気   0-  2-  2- 16 0.0% 10.0% 20.0% 0 159
前走5人気   0-  0-  0- 12 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
前走6~9人   0-  1-  4- 25 0.0% 3.3% 16.7% 0 134
前走10人~   0-  0-  0- 26 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

前走着順とは違った結果となっており、個人的には興味深いのですが、前走単勝4番人気以下から勝ち馬が出ておらず、前走単勝3番人気以内から10勝。

その内訳が、前走オープン特別[4-4-0-19]、前走G3[1-1-0-9」前走地方[3-1-2-11]となっており、今年は、タイムフライヤー、モズアスコット、サンライズノヴァが該当しそうです。

前走距離データ

前走距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
1200m   0-  0-  0-  9 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
1400m   6-  2-  4- 44 10.7% 14.3% 21.4% 183 147
1600m   1-  4-  3- 26 2.9% 14.7% 23.5% 9 42
1700m   0-  0-  0- 12 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
1800m   0-  0-  2- 15 0.0% 0.0% 11.8% 0 105
1900m   0-  0-  0-  1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
2000m   1-  3-  1-  7 8.3% 33.3% 41.7% 32 144
2100m   2-  1-  0- 12 13.3% 20.0% 20.0% 116 78
3000m   0-  0-  0-  1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
3200m   0-  0-  0-  1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

武蔵野ステークス2020過去データ傾向分析まとめ

1枠3枠[1-1-1-36]と苦戦

偶数枠の2枠4枠6枠8枠が好走

逃げ[1-0-0-9]と苦戦

先行馬32.4%とトップの成績

差し~追い込み馬が活躍

勝ち馬5頭が上がり3F最速で優勝

7歳以上[1-0-0-28]と苦戦

3歳~5歳までが活躍

戸崎騎手、ルメール騎手、三浦騎手が好走

前走G1組は苦戦しており[0-1-0-8]

前走オープン特別組が好走

前走1着[6-3-3-30]と好走

前走単勝3番人気以内から10勝

武蔵野ステークス2020予想

ルメール騎手が、モズアスコットではなく、タイムフライヤーを選んだことで「そうなんだろうな」と。

ただ、前走エルムS組[0-0-0-5」と苦戦しているだけに、このあたりの取り捨てが微妙だなと。

全体的には、良いメンバーが揃い、G3戦に見え、これが別定戦えすから、モズアスコットの斤量59kgが妙にハンデ戦ちっくに見えるのが、また面白いところです。

過去10年で斤量59kgは2頭出走しており[0-0-0-2]と苦戦。単勝1番人気1頭、2番人気1頭の成績ですので、少ないデータでも信頼出来る結果かなと。

単勝10番人気以下学戦していますが、単勝9番人気以内までに勝ち馬が出ており、比較的荒れやすいレース。

今年もそのあたりを考慮して、馬券を組んで行きます。

本命◎サンライズノヴァ・複勝

モズアスコットとかなり迷った中でのサンライズノヴァに本命。

前走南部杯は、レコード決着の中、大外から懸命に前との差を縮めにかかりますが、完全に先行馬有利の競馬。

勝ち馬からコンマ4秒差の4着は善戦した競馬だったかなと思います。

もともとズブさのある馬で、南部杯もペースが上がるところでやっとこさついていった競馬ですから、ワンターンの東京ダート1600m、一昨年の同レースを制しているコースに替わるのはプラス。

で、馬体重。

530キロ前半の好走率が良く、前走は久々でも馬体重529kg。このあたりを考慮すれば、今回でどの程度の仕上がりに持って来ているのかで、本命もから対抗にする可能性もありますが、

それでも、インの中団やや後ろで脚をためて大外を差す競馬。これに徹すれば、おのずと結果はついて来るかなといった見立てです。

モズアスコットは、前走南部杯で勝っていてもおかしくない競馬。早め先頭に立った競馬が最後の伸びを欠いたのは確かで。

このあたりを横山騎手がどの程度修正してくるのか?ここに尽きますね。

最後に斤量59キロ。これも不安材料。

今回は、騎手と斤量の部分で○対抗へ。

×スマートダンディーは、武蔵野S2020消去データ推奨馬でたった1頭該当した馬。穴でも積極的に買い目に入れたいですね。

◎サンライズノヴァ
○モズアスコット
▲オメガレインボー
△ケンシンコウ
△デュードヴァン
×レピアーウィット
×スマートダンディー

馬連◎○=◎○▲△△××11点

平場レースで稼ぐならココが一番ですね。

無料買い目3連複6点やワイド2点を中心に回収率500%前後を昨年ほぼ毎週的中していますので、重賞前に軍資金を稼ぐと言うよりは、ここの無料買い目で稼ぐ感じです。

◆11月29日立雲峡ステークス無料買い目画像↓

阪神10R 立雲峡ステークス
三連複58.3倍×900円=52,470円/回収率972%

■無料情報9/5~11/29結果
獲得総額:452,870円
計収支:プラス322,670円

3連複で10万以上獲得とかもありますので、すでに無料会員になった方は、笑いが止まりませんね。

【無料情報:11月高回収率】
◎11/29 立雲峡S:3連複58.3倍
5万2470円獲得/回収率972%
◎11/15 阪神07R:3連複39.8倍
3万5820円獲得/回収率663%
◎11/14 東京12R:3連複46.2倍
2万3100円獲得/回収率462%

平場のレースでここまで稼げるのはここぐらいです。

重賞レース前に小数点で軍資金UPを狙いたい方や、競馬で稼げるならレースレベルは関係無い。そんな方におすすめです。

まずは買い目だけでも見てください。

立雲峡Sでは1人気外して1000%弱。3連複6~10点でこれは驚異的です!

↑メルマガ登録(無料)でレース前に買い目確認!時にはメイン無料公開あるのでお見逃しなく!

スポンサーリンク
中央競馬最終予想
【競馬単複】MOSTLY CORRECT
タイトルとURLをコピーしました