長篠ステークス2020予想や買い目・過去データ傾向

長篠ステークス2020予想や買い目・過去データ傾向を紹介します。

長篠ステークス過去10年の結果データ傾向(人気・枠順・血統・馬体重・前走距離・前走レース・前走場所・前走クラス・前走人気・脚質・生産者・調教師・騎手・種牡馬)から厳選したデータを分析。予想を紹介します。

長篠ステークス2020枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 クインズチャパラ 牝5 55.0 藤岡 康太
1 2 カレングロリアーレ 牡4 57.0 斎藤 新
2 3 ナーゲルリング 牝4 55.0 国分 優作
2 4 カレンモエ 牝4 55.0 北村 友一
3 5 レジーナドーロ 牝5 55.0 C.ルメール
3 6 ジョーアラビカ 牡6 57.0 武 豊
4 7 クラウンルシフェル 牡9 57.0 川島 信二
4 8 メイショウミモザ 牝3 53.0 池添 謙一
5 9 グッドジュエリー 牝5 55.0 幸 英明
5 10 ファストフォース 牡4 57.0 松山 弘平
6 11 シルヴェーヌ 牝5 55.0 大野 拓弥
6 12 シャンデリアムーン 牝4 55.0 吉田 隼人
7 13 セプタリアン 騸4 57.0 福永 祐一
7 14 ハーフバック 牝4 55.0 高倉 稜
7 15 ショウナンタイガ 牡4 57.0 団野 大成
8 16 メイショウカリン 牝6 55.0 和田 竜二
8 17 ブリッツアウェイ 牝4 55.0 松若 風馬
8 18 ダイトウキョウ 牡8 57.0 坂井 瑠星

長篠ステークス2020過去データ傾向分析

過去6年のデータを紹介します。

単勝人気データ

単勝8番人気以下[0-1-2-15]と意外と穴をあけている結果で、単勝7番人気も3着内率70%と単勝1番人気を上回る数字。

全体的には、荒れやすいレースといった認識でいいのかな?とは思っています。

ただし、単勝11番人気以下は[0-0-0-24]と苦戦いていますので、過度の人気薄狙いは厳しいかもです。

単勝オッズデータ

単勝3.9倍以内が[0-2-1-1]と好走していますが勝ち星は無し。

逆に単勝4倍~6.9倍が4勝と好走しており狙い目かなと。

単勝10倍以上も2勝と好走しており、全体的に中人気の好走が目立っています。

枠順データ

1枠が極端に悪く、その分2枠が好走。全体的には、6枠8枠偶数の外枠が好走しています。

脚質データ

追い込み馬も馬券になっており、逃げ馬も2勝と好走。先行馬が以外にも苦戦していますので。ここは要チェックでしょうか。

上がり3Fで切れる脚があればOKな程度で、そこまでの偏りはない結果です。どちらかと言えば、最後まで長く良い脚が使える馬が活躍しています。

馬体重データ

馬体重460キロ~499キロが中心。

前走人気データ

前走着順データ

前走クラスデータ

前走レースデータ

長篠ステークス2020予想

ある程度前が揃ったことでハイペースを想定しており、コースバイアスは逃げ馬が好走。ただし、オーバーペースになれば、差し追い込み馬が台頭する展開になりやすく、前日稍重の発表だった芝状態が、当日までに回復出来るかどうか?

このあたりがひとつのポイントになるのかなと。

個人的には、多少水分の残った馬場であれば、逃げてバテるイメージはつきやすく、パワーを要する馬場い変貌していると思っていますので、先行馬でも少し後ろ、先頭から5馬身以内で競馬が出来そうな馬を狙ってみます。

◎本命・複勝

メイショウミモザ

芝1200mを一気の3連勝で、前走3勝クラスに挑戦したメイショウミモザ。

完全に距離が長かったような内容でも、勝ち馬からコンマ9以内なら、度返ししても良い1戦だったと思います。

ハイペースには滅法強く、今回もある程度前にいながら競馬をし、他馬がバテていく最後の直線を涼しい顔をして抜き去っていくイメージです。

今回、初の左回りになりますが、走り方を見ても内に刺さる事無く走っていますので、あとは手前さえ替えればといったところも、当日単勝人気から考えれば、リスクも承知のメイショウミモザかなと。

前走から引き続き斤量53キロも好材料で、2走前手稲山特別では、パワーを要する洋芝で、先行しながら抜け出し1:08.8も上々の時計。

スタートさえ五分なら好位先団が取れますので、4枠も好材料。期待したい1頭ですね。

◎メイショウミモザ
○レジーナドーロ
▲カレンモエ
△メイショウカリン
×セプタリアン

馬連◎=○▲△×4点

[common_content id=”15549″] [common_content id=”15869″] [common_content id=”15717″]
タイトルとURLをコピーしました