競馬初心者さんにおすすめなのが単勝2点買い!その理由は方法は?

単勝や複勝馬券は本当に楽しい馬券種のひとつで、単複をワンセットで購入して息の長い馬券ライフの中心にされている方が非常に多いです。

今回は、そんな単勝2点のおすすめな買い方を中心に、単勝2点をおすすめる理由なども紹介していきます。

 

個人的には、予想をしている時間が一番楽しく、

馬券が的中すると

脳内が化学反応を起こしたように爆発します(笑)

 

ただ、どれだけ予想が楽しくても

馬券が的中しないと楽しくありませんし、

ストレスが溜まりますよね?

 

また、競馬初心者さんなら

何をどう予想して馬券を購入したら良いのか?

どうすれば、競馬で勝てるようになるのか?

このあたりが知りたいのではないでしょうか。

この記事では、競馬初心者さんや、

なかなか競馬でプラス収支にならない方に向けた内容で、

特に馬券が的中しやすい単勝2点買いのファクターを紹介します。

今回は、単勝2点買いをする時の

レースの狙い方、馬の選定方法を中心に説明していきます。

基本的には競馬初心者の方でも

わかりやすいように単勝実オッズと

展開理論(コースバイアス)をベースに

紹介していますので、参考にして見てください。

単勝2点買いの基本的な考え方

単勝2点買いを実践する目的は

『回収率よりも的中率を重視している』ことです。

特に回収率にいたっては

合算で130%~170%前後を目安に

しているのが私の基本です。

合算とは合成オッズとも呼ばれ、

何が的中しても、ほぼ同じ払い戻し金額にするための分配方法です。

↓詳しくはこちらを参考にしてください

払い戻し均等買いでこそ力を発揮するオッズを使った誰でも簡単に出来る手法

 

そして何より、年間を通しての回収率目標ですから、

月間のレース数を決め過度にレースをしないことを推奨しています。

どちらかと言えば、

わたしは朝から毎レースを買いたいタイプです。

淀に行って競馬場内のモニター近くの柱の横に

ちっちゃい折り畳みのイスを持参して

「あ~でもない、こ~でもない」と言いながらやりたい人ですが、

それでは資金が幾らあっても持ちませんからね。

競馬を細く長くやりたいので、レース選定は重要になってきます。

単勝2点買いの基本的な予想の入り方

単勝2点買いをする時の方法というよりは、注意点ですね。これをまとめてあります。

 

  1. 2点のうち、1点のオッズが2倍以上を選びます
  2. 出来るだけ、先行馬を選びます
  3. 基本は勝ち逃げ!
  4. 払い戻し均等買いをおすすめしています

2点のうち、1点のオッズが2倍以上を選ぼう

単勝馬券を2点購入しますから、

最低でも200円以上の配当がつかないと

的中してもマイナスとなります。

ですので、

基本は200円以上のオッズがつく馬を1頭は選びます。

出来るだけ、先行馬を選ぼう

安定した成績を上げているのが先行馬になります。

それが穴馬でも本命でも先行馬が近代競馬においては有利です。

色々な予想の中で差し馬がよかったり、

追い込み馬がよかったりする場合があると思いますが

基本は先行馬をオススメします。

先行馬の具体的な狙い方

単勝1番人気~3番人気の中で同型馬が何頭いるかを確認してもらいます。

わかりやすいように2018年12月16日朝日FSで説明させて頂くと

 

先行:単勝1番人気グランアレグリア
先行:単勝2番人気アドマイヤマース
先行:単勝3番人気ファンタジスト

 

このレース、完全にグランアレグリアが

抜けたオッズになっていますが、

3頭共に先行馬でなおかつ、

グランアレグリアは牝馬。

 

そこにG2重賞馬2頭が先行で番手追走となれば、

旨味のある馬券は後者の2頭になってきます。

 

もうひとつの参考例として、

1番人気3倍の馬が差し馬で

2番人気4倍の馬が先行馬となっている場合、

 

簡単に言えば、どんな展開になっても

この2頭は買いやすいことが言えます。

 

もちろん、コースによって

変わってくることもありますが、

人気が割れている時点で

馬券ファンも1着になる馬を決めかねているわけですから、

そこに展開面などを考慮すれば、2頭で勝負がしやすくなってきます。

 

逆に先行同士や差し馬同士だと

買いづらい人気馬になってきます。

 

そういった時は、

払い戻し均等型で3頭~4頭ほど選び、

勝負するのが得策ですね。

 

最近の的中で言えば、朝日FSは、

払い戻し均等型での予想で的中させています。

具体的な内容については、

↓予想記事を参考にしてください

【朝日FS2018予想】差す競馬中心でドゴールとケイデンスコールから

過度な期待を持たないでおこう

よくある話で見に覚えがあるかもしれませんが、

負けが込みだすと取り戻そうとして

人気薄を狙いにいこうとします。

私もこの感じはよくあります。

絶対的人気馬がいながら

穴馬に手を出してしまうパターンですね。

 

例年の単勝1番人気の勝率が33%前後、

2番人気で19%前後、3番人気で13%に

収まってくることから

すでにこの上位3頭で全体の50%を軽く超えた結果となっています。

 

このことから競馬は

「大方の予想通りに結果が決まりやすいギャンブル」

という認識が根底にありますので、

 

過度な期待をせず落ち着いて予想をしていくのが

一番大事かなと痛感しています。

 

目標プラス収支を達成した所で勝ち逃げをする癖も付けて頂きたいです。

払い戻し均等買いをおすすめする理由とは?

こちらの記事を参考にしてください

払い戻し均等買いでこそ力を発揮するオッズを使った誰でも簡単に出来る手法
払い戻し均等買いでこそ力を発揮するオッズを使った誰でも簡単に出来る手法を紹介します。まず、払い戻し均等買いをご存知で無い方への説明をします。すでにご存知の方は、飛ばして、実践編に進んでください。 払い戻し均等買いとは? 払い戻し均等...

レースの選定方法、見極め方

この記事ではオッズを使って見極めます。

単勝1番人気10倍台以下が5頭以上いる場合が勝負レースの目安になります。

この目安は

「単勝1番人気から7、8番人気までなら何が来てもおかしくないよ」というサインみたいなものだと思ってください。

 

こういったレースの場合は、

単勝1番人気が3倍以上の時が多いのも特徴です。

 

このレースのポイントは

1番人気でも3倍以上ある点、

そしてこういったレースほど、

単勝20倍以上が1着になりにくい傾向があります。

ですので、こういたレースを狙い、オッズの幅を利用してみてください。

単勝馬2頭の選定方法

レース選定の次は、単勝馬2頭の選定方法です。下記の項目をヒントにしてみてください

  1. リーディング上位騎手から馬券対象(乗り替わりも引き続きも対象)
  2. 距離短縮馬(1ハロン短縮)
  3. 前走コンマ4秒以内で敗戦した馬から
  4. 前走、坂があるコースで負けて、今走が坂の無いコース
  5. 非根幹距離は見送り

私が良くやる狙い方としては、

②③④の組み合わせで浮かび上がる馬を狙う形です。

 

特に前走コンマ4秒以内の馬で

前走より人気を落としている場合は

狙い目度合いがグッと上がります。

 

そこにコースバイアスが絡むと

的中率も上がってきますので、

単勝1番人気とその浮かび上がった馬の2頭で

勝負をすることが多いですね。

まとめ

初めて競馬をする方には、

特にオススメしている単勝2点買いですが、

ある程度を的中させることが出来ると

馬連、馬単、3連複、3連単など、

 

もっと回収率が期待出来る馬券種にも

自信を持ってチャレンジすることが可能になってきます。

 

そして、その馬のレースを見ることで、

ある程度の展開もイメージしやすくなってきます。

 

そうすると今度は先行脚質に頼ることなく

展開面を考慮して、

差し馬や追い込み馬などを狙えるようになってきます。

 

ですので、この単勝2点買いは、稼ぐ上でも、

競馬予想の知識と知恵を増やすにも、

最適な馬券種であり効率の良い買い方だと私は考えています。

ぜひとも参考にして頂き、最高に面白く素敵な馬券ライフにしてくださいね。

また、当サイトでも競馬の無料予想を公開しています。ぜひ参考にしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました