ニューイヤーカップ2020の予想を紹介します。(2020年1月14日浦和競馬第63回ニューイヤーカップ3歳オープンS3/ダート1600m)

逃げ先行馬が揃ったことでグリーンロードがそれでも押し切る競馬が出来るかどうか?

過去5年は単勝5番人気以内での決着に加え、4角3番手以内が活躍。特に先行馬が好走しており逃げ馬は1頭のみが馬券に。

ファルコンウィングが逃げてグリーンロードがそれを追走する。スタートからガツガツとこの2頭が競る展開にはならず、グリーンロードがスッとハナを譲る展開を想定。

そうなると2頭共にスムーズな競馬ですから差し馬の出番はなく、結局、グリーンロードが強いのかどうか?ここの見極めがポイントになってくるのかなと。

それでは予想です。

日曜好調の無料情報
やりました支笏湖特別で無料情報がまた当たり
━━━━━━━━━━
◎8月30日(日)支笏湖特別
3連複1-2-6/28.2倍
1点500円/5000円投資
1万4100円獲得
回収率282%
実際に無料で公開された買い目画像がコチラ↓

◆高配当連発の無料情報
8/23小倉8R:316.4倍
→回収率1758%
8/16札幌6R:40.3倍
→回収率1008%
実際に無料で公開された買い目画像がコチラ↓

■これまでの無料情報的中・回収率
8/23小倉08R 1758%
8/15新潟04R 353%
8/16札幌06R 1008%
8/08札幌03R 713%
8/01札幌09R 335%
7/26新潟09R 183%
7/25新潟08R 515%
7/19新潟09R 822%
7/05函館10R 628%
6/28東京06R 1160%
6/27阪神10R 123%
6/21東京06R 302%
6/20阪神05R 868%
6/13函館07R 1267%
6/06阪神06R 680%
5/30東京08R 333%
5/31東京04R 138%

土曜日は阪神ジャンプSの無料情報公開!
日曜日は御宿特別を公開!

ここの無料予想は本当に良く当たります。

8月は毎週土日のどちらかは的中。5月からの無料情報の回収率平均が500%を越えていますので、レース選定や軸馬選定、穴馬選定までが上手いのは確かです。

もちろん「競馬に絶対的中する!」といった予想は無いのですが、その絶対に限りなく近づいていると感じる買い目になっていますので、無料情報が公開されると、本当に心踊るというか、小躍りするというか。

良く当たる無料情報。試す価値は十分にあります。

無料メルアド登録のみで即買い目が確認出来ます。

ニューイヤーカップ2020枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 ピアノマン 牡3 56 本田正重
2 2 グリーンロード 牡3 56 森泰斗
3 3 ファルコンウィング 牡3 56 左海誠二
4 4 マンガン 牡3 56 山崎誠士
5 5 モリデンスター 牡3 56 保園翔也
6 6 ヒイロメープル 牡3 56 吉原寛人
6 7 チョウライリン 牡3 56 的場文男
7 8 マナーザマジック 牡3 56 今野忠成
7 9 ユウユウグリュック 牝3 54 秋元耕成
8 10 シナノビクター 牝3 54 増田充宏
8 11 キョウエイカラー 牝3 54 酒井忍
[temp id=3]

ニューイヤーカップ2020予想

◎本命:複勝

ファルコンウィング

前走浦和ジュニアチャンピオンはスタートからハナを奪い、そのままスピードを緩めることなく後続馬を引き離す競馬。

向こう正面になるころには10馬身以上に広がり、余裕を持って最後の直線へ。最後は流すほどの余力を残して1着。展開が向いたというよりは、自分で作った流れの競馬でしたから強いのひとこと。

ニューイヤーカップ出走メンバー全頭が浦和1600m初という部分を切り取れば、浦和ジュニアチャンピオンでの優勝はかなりのアドバンテージ。

同型馬が隣枠のグリーンロードでも問題なく、スムーズにハナを取れる見立て。仮にグリーンロードが競りかけて来ても、そのスピードにはついていけないと思います。

ただし、5走前ゴールドジュニアーの展開になれば分が悪いため、覚醒逃げ馬の存在やモリデンスターが必要以上に競って来ないことが条件になるかなと。

ピンかパーのところはありますが期待したいですね。

◎ファルコンウィング
◯グリーンロード
▲モリデンスター

◎◯=◎◯▲

グリーンロードが番手追走の中、最後まで脚を伸ばせるなら対抗かなという感じ。チョウライリンはズブさ満点なところがありますので展開の助けが必要。今回は出番無しの見立て。

面白いのが▲モリデンスター。前走ターコイズ特別で距離へのメドが立ったことや先行力が魅力。◎◯の次くらいを追走出来れば、そのままゴールをしてもおかしくない形。父スターリングローズですから1600mも問題ないはず。

[temp id=2]

 

おすすめの記事