中央競馬最終予想

赤富士ステークス2020予想や過去データ傾向分析

赤富士ステークス2020予想や過去データ傾向分析を紹介します。2020年10月24日(土)4回東京5日/3歳以上3勝クラス/ダート2100m

赤富士ステークス2020の過去10年データ傾向(人気・枠順・血統・馬体重・前走距離・前走レース・前走場所・前走クラス・前走人気・脚質・生産者・調教師・騎手・種牡馬)から厳選したデータを分析を紹介します。

[temp id=10]

赤富士ステークス2020枠順

赤富士ステークス2020予想オッズ

1 リフトトゥヘヴン 3.1
2 キャンディスイート 5.1
3 ネオブレイブ 5.3
4 タガノボンバー 8.1
5 ウインフォルティス 10.5
6 ラージヒル 12.4
7 マサハヤニース 12.9
8 エンダウメント 17.1
9 マリオ 20.0
10 パイロキネシスト 27.8
11 タイサイ 30.5
12 サトノグラン 34.0
13 マイネルアンファン 41.4
14 トワイライトタイム 47.9
15 レンブランサ 77.1
16 ジュンスターホース 91.0
[temp id=15]

赤富士ステークス2020過去10年データ傾向分析

枠順データ

脚質データ

単勝人気データ

斤量データ

馬体重データ

騎手データ

調教師データ

前走クラスデータ

前走レースデータ

赤富士ステークス2020予想

◎本命・複勝

リフトトゥヘヴン

単勝1番人気[5-1-0-4]勝率50%と好走しており、前走3勝クラスで5着以内なら[2-1-0-0]とさらに好走。

そのあたりを考慮してもリフトトゥヘヴンが軸不動で問題ないかなと。

前走 灘ステークスは、単勝6番人気で2着。3角手前からマクって仕掛けた競馬も、勝ち馬からコンマ1秒差なら善戦した内容だったと思います。

今回は、浜中騎手からルメール騎手へ乗り替わりということで、鞍上強化と見て良い部分に7枠を引いたことで、いつでも動ける位置取りが取れそうなののプラス。

また、今年は東京2100mを2戦して善戦していますので、ここでも十分期待が持てる1頭だと思います。

◎リフトトゥヘヴン
○キャンディスイート
▲ラージヒル
△ウインフォルティス
×サトノグラン

[temp id=17] [temp id=12] [temp id=13]
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。