アルデバランステークス2020の予想や過去データ傾向を紹介します。(2020年2月8日京都競馬場4歳以上オープン/ダート1900m)

別定戦になてからもハンデ戦の時と同様に荒れやすい結果となっているアルデバランステークス。

それでも単勝1番人気は[1-0-1-0]と走っており、ハンデ戦を含めた過去10年だと[1-2-2-5]とまずまずの成績。

また単勝8番人気以下も3着以内に好走しており、基本的には単勝人気は度返ししても良さそうなレース。

ただし、脚質傾向にある程度の偏りがありますので、予想の入り方としては、逃げ追い込み以外の脚質馬を狙っていこうと思います。

無料公開予想が4週連続的中!
先日の戸塚記念的中やセントウルスSで回収率900%超えのTAZUNAが
日本テレビ盃とスプリンターズSの無料情報を公開します!

直近の結果がコチラ

■9/21ブエナビスタC
→2万400円獲得・回収率425%

■9/13セントウルS
6000円→5万4720円・回収率912%
12人気メイショウグロッケ入れてます!

■9/16戸塚記念ワイド2点
5000円投資→14400円・回収率288%

そして記憶に新しい皐月賞の万馬券
■4/19皐月賞91.5倍×600円
5400円→5万4900円・回収率1016%

各検証証拠画像がコチラ↓↓

戸塚記念の他にも地方競馬無料情報も好調で

羽田盃270%
大井記念384%
スパーキングLC110%

地方交流重賞の無料予想が上手いサイトで
その買い目は的確。
回収率も300%前後が主流ですから
頼りになる無料情報なんです!

そんな絶好調のTAZUNAが今週末にはスプリンターズSの無料情報を公開!さらに日本テレビ盃を当日レース前に無料公開!

秋の競馬でプラス収支を目指すならココの無料予想が本気で激アツです!

【メールアドレス】を無料登録で即買い目が確認出来ます。

アルデバランステークス2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

アルデバランステークス2020枠順

馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 1 カフェリュウジン 牡10 56.0 川須栄 [美]和田雄
1 2 ローズプリンスダム 牡6 57.0 和田竜 [美]畠山吉
2 3 サトノプライム 牡6 56.0 古川吉 [栗]南井克
2 4 ブレスジャーニー 牡6 56.0 Aシュ [栗]佐々木
3 5 スワーヴアラミス 牡5 57.0 藤岡康 [栗]須貝尚
3 6 (地)ロードレガリス 牡5 56.0 武豊 [栗]野中賢
4 7 エルデュクラージュ セ6 56.0 北村友 [栗]池添学
4 8 (地)ジョーダンキング 牡7 56.0 岩田康 [栗]藤原英
5 9 (外)アポロテネシー 牡5 56.0 松山弘 [栗]山内研
5 10 エアアンセム 牡9 58.0 Sフォ [栗]吉村圭
6 11 ハヤヤッコ 牡4 56.0 川田将 [美]国枝栄
6 12 ヒーズインラブ 牡7 58.0 柴山雄 [栗]藤岡健
7 13 タムロミラクル 牡8 57.0 国分恭 [栗]西園正
7 14 サンデーウィザード 牡8 58.0 荻野琢 [栗]大久保
8 15 ビルジキール 牡4 55.0 池添謙 [栗]安達昭
8 16 マイネルクラース 牡6 56.0 国分優 [美]高木登

【無料情報】神戸新聞杯3連複的中!次はスプリンターズSの無料情報を公開

神戸新聞杯1900%
単勝14人気ロバートソンキー入れてました!

◆中京11R神戸新聞杯
3連複2-5-18
190.2倍×500円=95,100円獲得
回収率1902%

実際に公開された買い目がコチラ↓

夏も好調で9月ラストに高配当!

その夏直近の無料予想結果が↓

▶9/05札幌11R:札幌2歳S
1万5300円獲得!回収率306%
▶8/22札幌11R:札幌記念
6950円獲得!回収率139%
▶8/09札幌11R:エルムS
1万3400円獲得!回収率268%

前夜公開された無料買い目がこちら↓

春競馬はフローラS6万はじめダービー・日経賞など重賞好調なんです!

フローラステークス回収率1246%の買い目がコチラ↓

あまりの的中率の良さに無料会員が殺到!数多くの無料会員が浮足だったことは言うまでもない話しです。

今回、満を持して無料公開に踏み切るレースが、
シリウスSとスプリンターズS
です。

厳選された5頭ボックスの買い目は、
これまでの結果を見て頂ければ、
安心とワクワク感が止まらないと思います!

厳選5頭の推奨馬

今週はシリウスSとスプリンターズSの無料予想で神戸新聞杯を超える回収率1900%以上を期待してみてください!

アルデバランステークス2020予想

◎本命:複勝

ハヤヤッコ

脚質の並びから見て好位追走が楽に取れそな6枠はプラス。

2走前レパードSは後方からの競馬で優勝も、前走ポルックスステークスでは先行して2着に好走。良く言えば、コースによって脚質を変えれるのは今回のメンバーであれば走りやすいのは間違いなく、初1900mでも血統的に走れるはず。

また、ハヤヤッコ自身、先行すれば、そこまで切れる脚が無い分、息の長い脚が使えるのが魅力で、外目を追走しながらその脚質が最後の最後で活かせられる展開を想定。

実際に前走ポルックスSで1着スワーヴアラミスの強い競馬に最後まで食らいついたのもハヤヤッコのみですからメンバーのパワーバランスを考えればここは安定した走りが出来るはずです。

差し脚質になれば、切れる脚を繰り出さすことも出来、今回の鞍上は川田騎手。早めに仕掛け4角では先団に取り付き最後は抜け出す競馬を期待。

◎ハヤヤッコ
◯ロードレガリス
▲ジョーダンキング

ワイド◎=◯▲

節分ステークス2020・エルフィンS2020最終予想

東京新聞杯2020最終予想や消去法データ推奨馬

アルデバランステークス2020過去データ傾向分析

特に重要なデータを紹介します。

  1. 前走4角先頭馬は苦戦傾向
  2. 前走ダート1800orダート2000m組が優秀
  3. 基本的に先行~差しが有利なレースで逃げ追い込み馬は苦戦
  4. 関東馬が苦戦。過去5年であれば[]1-0-0-10]の成績
  5. 牝馬・セン馬[0-0-0-6]と苦戦傾向
  6. サンデーサイレンス系にヴァイスリージェント系が優秀
  7. 馬体重490キロ以上が好走。それ以下はやや割引

4角13番手以下や4角先頭馬といった極端な脚質馬には苦戦傾向が強く、差しでも4角である程度前の位置取りが要求されやすいレース。

先行馬は上がりを使える馬より息の長い脚を出せる馬が有利。全体的にハイペースになりやすいコースですがそれでも先行馬が若干有利なレースです。

タフなコースのため牝馬は苦戦傾向が強くセン馬もイマイチ。このあたりは馬格にも影響があるように馬体重490キロ以上が好走しやすく、それ以下はやや割引。

関東馬も苦戦傾向が強く、関東馬というだけで軽視をしてもいいほど3着以内が薄いレース。

おすすめの記事