フェアリーステークス2020の予想や過去データ傾向を紹介します。(2020年1月13日中山競馬第36回フェアリーステークス3歳オープン牝馬/芝1600m)

過去10年単勝1番人気[2-1-1-6]と苦戦傾向も単勝3番人気までを合わせると[6-2-4-18]と好走をしており、人気上位馬からの人気薄、特に単勝6番人気以下との組み合わせで中荒れから大荒れとなった結果となっています。

1週間前注目馬でアヌラーダプラの内容を好印象だという感じで紹介しましたが単勝1番人気になっており、個人的には2、3番人気を考えていましたので少し拍子抜けというか、

全2走がそこまで速いタイムでもなく上り勝負のみの競馬でしたから、そういった馬が本気で走ればタイムは縮められる的な感覚で行くと痛い目を見るかなと。

この手のタイプはあっさりと負けることも多いので。

確かにレースセンスはあるのですが個人的には「アヌラーダプラが1番人気なら他馬を狙ってみるか。」といった感じ。

他にも良い馬はいますからね。

それでは、予想です。

春G1無料予想8戦6勝!さらに無料情報パーフェクト的中達成!

今週の重賞無料情報開放は「神戸新聞杯」です!

8月23日札幌記念回収率144%
8月23日小倉1R回収率203%
8月22日小倉3R回収率127%
8月22日新潟6R回収率210%

堅めの決着でしたが4戦4勝のパーフェクト的中はさすがです!

プラン情報も好調で◎重賞プラン「スターメーカー」情報

春G1無料3連複情報連チャン&3連単情報でさらに爆勝ち。桜花賞あたりからガチ凄い!完全夏荒れ対策モード発動してますね!実は七夕賞の無料3連複情報でもジナンボーは入れてませんでした! 

函館記念→113520円獲得!回収率11828%
七夕賞→667,980円獲得!回収率6958%

■無料情報・春G1シリーズ8戦6勝

◎安田記念5点+4点4800円
→6720円(回収率140%)
◎ダービー9点600円5400円
→14800円(回収率276%)
◎Vマイル13点400円5200円
→11840円(回収率228%)
◎天皇賞10点500円5000円
→67500円(回収率1350%)
◎皐月賞14点400円5600円
→36600円(回収率653%)
◎桜花賞14点400円5600円
→50360円(回収率899%)

たったのワンコインで天皇賞春67500円を獲得。

これと同じ予想が無料で手に入りますからマジで凄いんです。

そして、日曜無料情報は、神戸新聞杯です!

春G1シリーズで8戦6勝の無料情報

その実力を神戸新聞杯の無料情報で試して見てください!

秋競馬はココが確実です!

無料メルアド登録で即買い目が確認出来ます。

フェアリーステークス2020枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 スマイルカナ 牝3 54.0 柴田 大知
1 2 ウィーンソナタ 牝3 54.0 大野 拓弥
2 3 ソーユーフォリア 牝3 54.0 武藤 雅
2 4 ダイワクンナナ 牝3 54.0 北村 宏司
3 5 ポレンティア 牝3 54.0 池添 謙一
3 6 セイウンヴィーナス 牝3 54.0 野中 悠太郎
4 7 ペコリーノロマーノ 牝3 54.0 吉田 隼人
4 8 チェーンオブラブ 牝3 54.0 石橋 脩
5 9 ウインドラブリーナ 牝3 54.0 鮫島 良太
5 10 シャインガーネット 牝3 54.0 O.マーフィー
6 11 アヌラーダプラ 牝3 54.0 C.ルメール
6 12 フルートフルデイズ 牝3 54.0 木幡 巧也
7 13 メイプルプレゼント 牝3 54.0 横山 和生
7 14 カインドリー 牝3 54.0 田辺 裕信
8 15 ニシノステラ 牝3 54.0 藤田 菜七子
8 16 ハローキャンディ 牝3 54.0 F.ミナリク

展開のポイント

逃げ先行馬が揃ったことでミドルペース以上を想定。ミドルと言っても限りなくハイペースに近く、内枠と外枠の逃げ馬の出方次第では完全にハイペースもある形。

過去10年ミドルペース以上は8回。ハイペースになれば4角5番手~11番の差し馬が馬券になりやすくミドルペースであれば、前と後ろが互角の内容。

スマイルカナが逃げて、そこにニシノステラやカインドリー、ウィーンソナタやソーユーフォリアが絡み出すといよいよ差し馬の出番。

脚質の並び的に3枠4枠5枠6枠の差し馬が最後の坂道を登りきったところで差す競馬がイメージ出来、あとは、この枠順の位置取りによって勝ち負けが決まる。そんなレース展開を想定しています。

絶好枠/5枠6枠
好枠/3枠4枠
苦戦/8枠1枠

[temp id=2]

フェアリーステークス2020予想

◎本命:単勝

シャインガーネット

両極端の枠に逃げ馬が入り、そこに先行勢多数となれば、差し馬が有利になる。また、差し馬の位置取りで有利に運べそうなのは横3列目から外を回す馬で、5枠6枠がそれっぽいかなと。

インをつくと渋滞に巻き込まれるだけにここはスムーズな競馬が出来そうなシャインガーネットが本命。

デビュー戦は牡馬相手に優勝。スタートは抜群に良かったのですが逃げたい馬3頭を前にやる形で好位先行をキープ。

道中もしっかりと折り合いが付き、楽な手応えで追走。4角から最後の直線に向く頃には射程圏内で直線ではしっかりと伸びて後続馬を封じる走り。

特記したいのがゴール前での走り。坂道を苦にすることなく最後まで伸び切り上がり3F34.7は立派。

また2着~4着馬がしっかりと未勝利戦を勝ち上がっているだけにレベルの高い競馬だったかなと。

続く赤松賞もスタートが良くスッと好位に取り付きに行くも先行勢が集中したため7番手からの競馬。それでもしっかりと折り合いが付き、最後の直線に入るころには4番手まで押し上げ最後の直線へ。

慌てず騒がず脚を溜めながらラスト1ハロンでエンジン始動。そこから併せに持ち込み優勝。最後は流すほど余裕があったレース。完勝でした。

今回は5枠を引いたことや逃げ先行馬が多いですから前走同様の位置取りを想定。4角を回るころにはやや外を回りながら最後の直線といったイメージ。

上がりもありますし前走の走りを見ると中山コースが一番合っているように思います。期待したいですね。

◯対抗:単勝

チェーンオブラブ

前走赤松賞は本当にもったいない競馬で不利を幾度となく受けながらの4着。スムーズな競馬、大外一気なら1着もあったような内容でしたからここは狙い目十分かなと。

スタートはまずまずも騎手が控える形を取ったように見える出だし。一気に最後方まで下げての競馬。

道中はかかることなく追走しており気性面には問題なく、レースが速くなる4角でもしっかりとついいていきそこから大外に持ち出して差しが来まるかなと思いきや前が壁になり急ブレーキ。

体制を整えますがまた壁、壁、壁。

最後は上がり3F最速で突っ込んで来ましたが4着が精一杯。それでも十分な走りで1600mでも十分に走れるのを実証した形。

今回、石橋騎手に変更となり、色々な部分が覚醒すれば、いきなりからチャンスはあるかなと。

大きく後方からになると分が悪そうですが、10番手以内で4角を通過すれば、シャインガーネットを目標に差せる脚は驚異かなと。

期待出来る1頭だと思います。

◎シャインガーネット
◯チェーンオブラブ
▲ダイワクンナナ
△アヌラーダプラ
△ハローキャンディ
×セイウンヴィーナス
×ダイワクンナナ

馬連◎◯=◎◯▲△△××11点

基本は単勝2点が本線です。

[ad]

【無料情報】過去5年、買い続けるだけで回収率144.2%の安定性

神戸新聞杯の予想はココの指数が良いに決まっています!

何がそんなに良いのか?
それは、上位6位までの馬が、

  • 1着に入る確率(単勝)約80%~90%
  • 3着以内に1頭が入る確率(複勝)約90%~100%
  • 3着以内に2頭が入る確率(ワイド)約70~80%

分かりやすく言えば、18頭立てのレースだろうと
わずか6頭で予想をすることが可能になります。

たとえば、過去5年の神戸新聞杯の指数は、

19年指数1→2→4位
18年指数2→3→5位
17年指数1→3→2位
16年指数1→5→3位
15年指数6→1→5位

上位6位までの3連複ボックスは5戦5勝で回収率は123.8%
上位5位までの3連複ボックスは5戦4勝で回収率144.2%

ただ単純に上位5位~6位を参考にするだけで、これだけのプラス収支です。

そして、無料指数は以下のように無料公開されます↓

堅い傾向の神戸新聞杯ですが、これまでの指数を見れば、人気薄が上位6位に入っていますので人気サイドの2頭が入ったとしても、回収率の底上げも見込めるのがここの指数です。

たとえば、NHKマイル9人気ラウダシオン指数6位推奨1着!9.10人気を指数5,6位に推奨してくると熱かったりします!

神戸新聞杯は、今年も無料公開との事!

他2会場24レースも無料公開ですから、激アツの無料指数で当たる馬券を堪能してください!

今週は確実にココです!まずは精度確認してみてください。

フェアリーステークス過去データ傾向

  • 単勝1番人気[2-1-1-6]
  • 単勝2番人気[1-1-2-6]
  • 単勝3番人気[3-0-1-6]
  • 単勝4番人気[0-1-1-8]
  • 単勝5番人気[0-1-2-7]
  • 単勝6番人気[0-1-0-9]
  • 単勝7番人気[0-1-3-6]
  • 単勝8番人気[0-1-0-9]
  • 単勝9番人気[0-0-0-10]
  • 単勝10番人気[2-2-0-6]
  • 単勝11番人気[2-0-0-8]
  • 単勝12番人気以下[0-1-0-49]
  1. 単勝12番人気以下が[0-1-0-49]と苦戦。単勝オッズで言えば100倍以上が[0-0-0-29]。
  2. 単勝1番人気~3番人気で6勝。過去10年上位3頭がすべて3着外になったことはなく軽視禁物。取り捨ての目安としては、今回が昇級戦の場合[4-2-1-10]の成績で信頼度が高め。
  3. 単勝6番人気以下が7連対。そのうちキャリア4戦以内、前走芝1600m以上で勝ち星などが好走
  • 関東馬[10-8-7-109 ]
  • 関西馬[0-2-3-21]
  1. 関東馬が優勢。関西の優勝馬は0頭
  • キャリア1戦[2-2-1-20]
  • キャリア2戦[3-1-2-31]
  • キャリア3戦[1-2-2-30 ]
  • キャリア4戦[1-4-4-16]
  • キャリア5戦[1-1-1-17]
  • キャリア6戦[0-0-0-9]
  • キャリア7戦[2-0-0-4]
  • キャリア8戦以上[0-0-0-3]
  1. 好走キャリアは5戦以内。
  • 1枠[1-0-2-17 ]
  • 2枠[2-2-2-14]
  • 3枠[1-1-1-17]
  • 4枠[3-1-1-15]
  • 5枠[1-1-0-18]
  • 6枠[0-1-0-19]
  • 7枠[1-2-3-14]
  • 8枠[1-2-1-16]
  1. 全体的にフラットな結果。そこまで神経質になることはないかなと。
  • 逃げ[3-0-1-8]
  • 先行[0-6-5-28]
  • 差し[7-3-3-46]
  • 追い込み[0-0-1-48]
  1. 追い込み[0-0-1-48]と苦戦。過去10年4角11番手以内が3着以内
  • G1[2-0-1-12]
  • G2[0-0-0-3]
  • G3[1-0-0-8]
  • OP特別[0-0-0-6]
  • 500万[2-6-4-56]
  • 未勝利[3-2-3-25]
  • 新馬戦[2-2-2-20]
  1. 17頭の連対馬が芝1600m以上で勝ち星。残りの3頭は芝1600mで3着の実績
  2. 前走負け1秒以上[1-0-0-32]と苦戦
おすすめの記事