フェブラリーステークス2021地方馬ミューチャリー・ワークアンドラブ過去データ分析・考察評価

フェブラリーステークス2021地方馬ミューチャリー・ワークアンドラブ過去データ分析・考察評価・騎手情報や血統情報などを紹介します。2021年2月21日(日曜)東京競馬第38回フェブラリーステークス4歳以上オープンG1ダート1600m

今年はミューチャリー、ワークアンドラブの地方所属馬2頭がフェブラリーS2021に出走登録。ミューチャリーは2年連続での出走予定馬となり、近走は交流重賞で善戦していますので、気になる1頭ではないでしょうか。

29週連続の無料予想!今週はレパードSの無料買い目を公開!

レパードS・エルムS週からブリーダーズゴールドCも注目!
中央地方で無料予想が大活躍です。

【重賞:無料予想】
□地方:マイルグGP
払戻額:6,300円/回収率126%
■中央:中京記念
払戻額:9,650円/回収率193%
■プロキオンS
払戻額:17,650円/回収率353%
■中央:ラジオNIKKEI賞
払戻額:5,150円/回収率103%
□地方:帝王賞
払戻額:8,600円/回収率287%
■中央:宝塚記念
払戻額:11,650円/回収率233%

穴馬の入れ込みが上手いんです!
中京記念10人気、プロキオンS12人気をそれぞれ入れてプラス収支でした。

重賞中心に平場も公開していますので、初心者にもお勧めです。無料メルアド登録以外にも、yahooやグーグルのSNS簡単登録でも買い目が確認出来ますので、自分に合った方法で無料買い目を受けとってください。

今週の無料買い目はコチラ
土曜の無料予想は、平場を公開して、ワイド計19.5倍 的中!回収率325%と、やはり好調です。

フェブラリーステークス2021地方登録馬

ミューチャリー(牡5歳)

過去戦績

直近3走は、交流重賞に出走しており、前走川崎記念5着、東京大賞典5着、JBCクラシック4着とすべて掲示板にまとめる誠実な走り。

特に東京大賞典は、JRA勢がオメガパフューム以外手頃なメンバーだったとは言え、その勝ち馬オメガパフュームからコンマ2秒差は、地力あるレース内容だったと思います。

昨年のフェブラリーSは、単勝15番人気で11着。4角16番手から追い込む競馬も、スタートから勝負どころまで一貫して、そのスピードに置かれる競馬で、やはりダート1600mのスピード対応には厳しいかなと。

基本的にダート2000m以上で持ち味が発揮される同馬ですので、今回も厳しい可能性が大きいと思います。

御神本訓史騎手

御神本訓史騎手は過去10年で[0-3-3-32]勝率0%、連対率7.9%、3着内率15.8%。複回収率50%です。

ダート1600mでの勝ち星は無く、3着以内も無し。ただし、3着以内6頭すべてが単勝人気以上の結果を出しており、全体的に見れば、有力馬に騎乗する機会が圧倒的に少ないと言えます。

血統

父パイロ産駒のフェブラリーS過去10年は[0-0-0-3]と苦戦

東京ダート1600m過去10年は[20-15-14-181]勝率8.7%3着内率21.3%

父パイロはマイルまでで好走しており、1700m以上になると勝ち星は無し。ミューチャリーの場合、母ゴッドビラブドミーの父ブライアンズタイムですから、ある程度距離延長は射程圏内も、それは地方競馬での話しで、母はスプリント戦を中心に出走しましたが勝ち星無し。

血統背景的には、マイルまでがベストで、中央になると分が悪くなるのは必然かなと思います。

ワークアンドラブ (牡6歳)

過去戦績

キャリアは中央からで、デビュー戦こそ2着だったものの、続く3戦4戦目を連勝して一気にOP入りを果たしますが、その苦戦。

4歳7月から地方へ転入してから、門別で善戦を繰り返し、2019年の大井金盃で3着に好走しています。

基本的に1600mが得意の距離で、2019年は大井マイルグランプリを制覇。地方に入ってから先行力が備わり、スムーズに前に行けることで、善戦してきた同馬にとって東京マイルは必然と合うコースですが、それも地方実績ですから、このあたりがどうか。

近3走は逃げて1秒前後の負けを喫していますので、フェブラリーSのメンバーでは荷が重いのは確かかなと思います。

笹川翼騎手

個人的に好きな騎手のひとりですね。

笹川翼騎手の過去5年は[0-1-2-24]勝率0%、連対率3.7%、3着内率11.1%。複回収率42%です。

ダート1600mは今回が初で、1800mで3着2回。1200mで2着1回の成績です。

地方では基本的にダート1600mを得意としており、逃げ~先行が中心。

今回、初の東京ダート1600mですが、マイル適正だけを考えれば、騎手だけなら足りる可能性は十分で、あとはワークアンドラブの地力がどうかだけだと思います。

血統

父シニスターミニスターの東京ダート1600m過去10年は[8-10-12-124]勝率5.2%%3着内率19.5%とやや苦戦しており、ダート1400mが1番好走している距離になります。

母系はダート色強い父メダグリアドーロ。産駒の傾向としては芝ダート兼用で走れる仔が多いですが、クラスなれに時間がかかるような結果で、距離適性は、母系によって決まる傾向が強いと思います。

父シニスターミニスター産駒が1400mで好走している限り、中央でのマイル適正には疑問といったところでしょうか。

先週は、わずか1点で13,000円獲得!今週の重賞にも期待の無料予想

■30日は平場で無料予想が的中!
・7/30 札幌7R 13,000円獲得/回収率260%

直近無料予想結果

CBC賞193%
松島特別250%
清里特別158%
奥尻特別170%
オークス1383%
Vマイル517%
※回収率

■レパードS考察

過去10年で前走2勝クラスを0,6差以上圧勝馬は(1-1-0-0)。今年の登録馬ではタイセイドレフォンホウオウルーレットが前走2勝クラスを圧勝。2頭のどちらかを軸にすると良さそうです。
──────────────────
タイセイドレフォンとホウオウルーレット
を念頭に置きながら・・・・
なんとここはレパードS3連複買い目
LINEにて無料公開との事!!!

レパードSの無料買い目はコチラ↑からLINE追加し前夜チェックしてみてください。ちなみに先週土曜無料LINE予想で札幌7R回収率260%でしたよ~

【競馬単複】MOSTLY CORRECT 無料メルマガ会員募集のお知らせ

当サイトでは、◎○▲などの印付き予想を無料メルマガで公開しています。

《前回の的中結果》マーメイドステークス
◎15ホウオウエミーズ
○12マリアエレーナ2着
▲7ウインマイティー1着
△10アイコンテーラー
△3ソフトフルート3着
✕4ステイブルアスク
✕1スルーセブンシーズ

【買い目】

馬連
15.127.10.3.4.1/10点

3連複
1頭目15・12
2頭目15・12・7・10・3
3頭目15・12・7・10・3・4・1/23点
馬連57.6倍的中
3連複171.9倍的中

1着ウインマイティーは、マーメイドステークス2022消去データ推奨馬でも取り上げていました!

《2022無料メルマガ予想結果》

◆日本ダービー・馬連730円/5点
◆天皇賞春・馬連520円/5点
◆スイートピーS・馬連1,270円/4点
◆大阪杯・馬連8-14/10,980円/10点
◆フローラS・馬連5,710円/7点

↑↑無料メルマガに登録して頂くと、こういった内容の予想が届きます。

[無料メルマガの内容]

  1. 重賞予想
  2. 特別戦や平場厳選予想
  3. 消去法データ推奨馬の記事公開速報
  4. 有益な情報

無料メルマガの登録は、yahooやGoogleの無料メルアドで登録できます。

無料メルマガの登録はコチラ

また、無料メルマガはいつでも配信解除できます。

配信解除はコチラ

当サイト2022重賞消去法データ推奨馬一覧