中央競馬最終予想

フェブラリーステークス予想や過去データ/予想の中心は血統背景・地方馬の軽視は禁物

今年は何かと「血統」にフォーカスをしたくなるような過去データで、予想の中心にしたくなるような結果になっています。

特にミスプロ系が走って来るのは、過去結果からもわかるように、それは絶対的なロジックになるのかなと。

過去データ傾向をロジックと呼ぶのは少し違う気がしないことも無いのですが、それでも「理論」と言ってもおかしくないのが今回の血統背景です。

特にダートは芝と違って、騙しが効きにくい分、血統背景と直結する部分が多く、結果的に「血統=ダート適性」が成立しやすいですから、今年はこの血統からある程度は攻めて見ようと思います。

そして最後にインティ。3枠に入ったことで逃げるのは間違いなさそうで、そうなれば、武豊騎手がどういったペース配分で走るのか?これがすべての鍵を握っているレースになりそうです。

フェブラリーステークス2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

フェブラリーステークス2020枠順

馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 1 (地)ブルドッグボス 牡8 57.0 和田竜 [栗]加用正
1 2 アルクトス 牡5 57.0 田辺裕 [美]栗田徹
2 3 ワイドファラオ 牡4 57.0 福永祐 [栗]角居勝
2 4 タイムフライヤー 牡5 57.0 Sフォ [栗]松田国
3 5 インティ 牡6 57.0 武豊 [栗]野中賢
3 6 ミッキーワイルド 牡5 57.0 北村友 [栗]安田隆
4 7 ヴェンジェンス 牡7 57.0 幸英明 [栗]大根田
4 8 キングズガード 牡9 57.0 秋山真 [栗]寺島良
5 9 サンライズノヴァ 牡6 57.0 松山弘 [栗]音無秀
5 10 [地]ノンコノユメ セ8 57.0 真島大 [招]荒山勝
6 11 [地]モジアナフレイバー 牡5 57.0 繁田健 [招]福永敏
6 12 (外)モズアスコット 牡6 57.0 Cルメ [栗]矢作芳
7 13 デルマルーヴル 牡4 57.0 Mデム [美]戸田博
7 14 [地]ミューチャリー 牡4 57.0 御神本 [招]矢野義
8 15 ケイティブレイブ 牡7 57.0 長岡禎 [栗]杉山晴
8 16 ワンダーリーデル 牡7 57.0 横山典 [栗]安田翔

展開予測

3枠にインティが入ったことでスムーズにハナに行ける形。

先行勢には、アルクトス、ワイドファラオ、ケイティブレイブ、デルマルーヴルなどが追走しながら、中団には、モジアナフレイバー、モズアスコットやサンライズノヴァが付け、後方には、ヴェンジェンス、キングズガード、ノンコノユメなどが控える形。

インティが逃げる展開なら速くてもミドルペース以内。アルクトスやワイドファラオが突く展開になってもさほど速くはならない。

3角手前から徐々に中団勢が前に進出。先行勢もインティのペースについていくのがやっとといった形で4角から最後の直線へ。

逃げるインティが後続馬を離しにかかるところを中団勢から必死に詰め寄る展開。さらに追い込み勢も猛追したところがゴール。

フェブラリーステークス2020好走血統傾向

リピーター馬が出やすいフェブラリーSの中でも、絶対的な「血」が入っていないと好走出来ない結果となっているのが「ミスプロ系」。

過去5年の3着以内15頭中12頭が、父か母にミスプロ系が入っており、非ミスプロ系の場合、[1-2-0-27]と苦戦しており、連対以上の3頭はすべてゴールドドリームでした。

ゴールドドリームが規格外だったことを仮定すれば、非ミスプロ系は苦戦傾向。

逆に言えば、ミスプロ系が入っているだけで、フェブラリーSに限って言えば、「好走出来るチャンスはある」ということが言えます。

今年の出走登録メンバーでミスプロ系の中で個人的に一番注目したいのがモジアナフレイバー

父バトルプラン(Mr. Prospector系)
母ナスケンアイリス(Vice Regent系)

地方組ですが、その血統は、スピードを要する東京マイルにハマりそうな血統背景で、近親にはセイウンコウセイやタイキフォーチュンといった芝1200~1600mのG1で好走した馬がいます。

これまでの実績や好走内容からして、息の長い脚質が特徴で、最後までバテないスタミナとパワー、そしてスピードの3つを兼ね備えているように見えますから本当に面白い1頭だと思います。

インティがハナを切り、ミドルペース以上で走れば、モジアナフレイバーの出番がさらに上がって来ると思います。

オッズ的に軽視されそうなら、ワイドや3連複の紐にでも入れておくのが良いかもしれませんね。

個人的には、モジアナフレイバーを軸にしたいくらいです。

フェブラリーステークス2020予想

◎本命:複勝

インティ

久々の◎本命を付けるインティですが、3枠に入ったことで逃げることは間違いないでしょうし、陣営もその点に言及していますので、まずはスムーズにハナを取れるかなと。

前評判では、前走東海Sが控えての競馬も新たな一面を出すことが出来なかったような感じですが、それはそれでこの馬の持ち味が再確認出来たレースでした。

また、最後の直線で手前が替えられないなどのアクシデントや、前走が叩き台だったことを考えれば、悲観する内容ではなかったと思います。

今年は、昨年より相手関係が楽になり、前半後半を綺麗な平均で走れる武豊騎手が騎乗となれば、昨年同様の逃げ切りは十分にあり、期待出来る1頭だと思います。

◎インティ
○ノンコノユメ
▲モジアナフレイバー
△モズアスコット
△アルクトス
×ヴェンジェンス
×ワンダーリーデル

馬連◎=◯▲△△××6点

[common_content id=”10529″]

フェブラリーステークス2020過去データ傾向

単勝人気別

  • 単勝1番人気[4-2-2-2]
  • 単勝2番人気[2-2-2-4]
  • 単勝3番人気[ 1-1-1-7]
  • 単勝4番人気[1-1-1-7]
  • 単勝5番人気[0-3-0-7]
  • 単勝6番人気[0-0-1-9]
  • 単勝7番人気[1-0-2-7]
  • 単勝8番人気以下[1-1-1-84]
注目データ
  1. 単勝1番人気~3番人気で7勝と上位人気が盤石の結果。逆に単勝8番人気以下が[1-1-1-84]と苦戦
  2. 過去10年で上位3頭が揃って3着以外になったのは2012年のみで、基本は、上位人気の軸候補がベスト
  3. 連対馬に限れば、2015年以降は単勝5番人気以内の決着
  4. ダートG1優勝経験馬の単勝1番人気は[3-2-1-1]と好走。インティには追い風

単勝オッズ別

  • 単勝2.0~ 2.9[2-2-1-0]3着内率100%
  • 単勝30倍以上[1-0-1-78]
注目データ
  1. インティの当日単勝オッズが2.0~ 2.9倍に落ち着きそうで。1倍を切ることが無くとも3倍以上も無いかなと思います。
  2. 単勝30倍以上[1-0-1-78]と苦戦

年齢別

  • 4歳[3-2-1-24]
  • 5歳[5-3-5-19]
  • 6歳[2-2-2-32]
  • 7歳[0-2-1-32]
  • 8歳[0-1-1-16]
  • 9歳以上[0-0-0-4]
注目データ
  1. 4歳5歳6歳で10勝の成績。中心はこの世代から
  2. 7歳以上から勝ち馬が出ておらず2着までが一応の目安

所属別

  • 関東馬[1-1-0-22]
  • 関西馬[9-8-10-101]
注目データ
  1. 関西馬が圧倒的に優勢な結果
  2. 3着が全10頭というのがポイントで、ワイド3連複の軸は関西馬から

前走クラス別

  • G1[3-2-2-12]
  • G2[3-1-1-12]
  • G3[3-2-2-64]
  • オープン特別[1-0-0-8]
  • 1600万[0-0-0-1]
  • 地方[0-5-5-27]
  • 海外[0-0-0-2]
注目データ
  1. 連対馬20頭中15頭が東京ダート1600mで優勝経験、もしくはオープンで3着以内
  2. 連対馬20頭中15頭がG1優勝経験馬で残りの5頭は重賞優勝経験馬
  3. 興味深いのが前走地方組だと1着が無いという結果
  4. 前走根岸Sステークス4着以下[0-0-0-33]と苦戦
  5. 左回りダート未勝利馬の好走は無し
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。