福島放送賞2020予想/最終週にミドルペース以上を想定・差す競馬がハマるラストヌードル

福島放送賞2020の予想を紹介します。(2020年5月2日福島競馬4歳以上1000万クラス/芝1800m)

基本的に芝1800mは、4角6番手以内の先行馬が有利で、追い込み馬は苦戦傾向で、差し馬は、3着以内に1頭入るかどうかといった感じがコースバイアスとなっています。

ただし、ペースが上がれば、その傾向が変わることがあり、ミドルペース以上なら差し馬がビュンビュンに飛んで来るコースに早変わりしますので、このあたりは展開予測が重要になってくるのかなと。

メンバー的に何が来てもおかしくなさそうな感じで、混戦は必至。

福島開催も7日目に入りますから、馬場状態も悪くなってきていますし、そのあたりを考慮すれば、外を通って来れそうな馬にチャンスがあるかなといったイメージですね。

それでは予想です。

春G1・8戦6勝の無料情報!秋G1は天皇賞秋~ジャパンカップ的中!

◎春G1シリーズ8戦6勝!
◎秋G1シリーズも天皇賞秋、菊花賞、マイルCS・ジャパンカップ的中!

無料予想で稼ぐならここがダントツに稼げます!

■春G1無料予想8戦6勝~天皇賞秋・マイルCS

春G1無料予想は、投資金41200円→18万以上を獲得!

■秋G1も好調で、菊花賞・天皇賞秋・マイルCS無料買い目

◎天皇賞秋/3連複9.6倍×600=5760円/回収率107%
◎菊花賞/3連複38.1倍×600円=22,860円/回収率423%
◎マイルCS/3連複16.1倍×600円=9660円獲得/回収率177.8%

■京都2歳S&ジャパンカップ無料買い目

◎京都2歳S/3連複44.2倍×500円=22,100円/回収率442%
◎ジャパンC/3連複3.0倍×700円=2,100円/回収率43%

ジャパンCはやはり堅め展開、予想はガミも土曜重賞と合わせて2万4千円獲得+1万4千円収支!

今週の無料予想
12/05ステイヤーズS
12/06チャンピオンズカップ

先週土日の無料予想は、ジャパンカップ、京都2歳S、ワイド1鞍的中・4戦3勝で3万2200円獲得で楽勝のプラス。

ここの無料買い目は、マジで稼げます。

初めて参考にされる方は、土曜重賞も良く来ていますので、まずは、ステイヤーズSの無料買い目をチェックして見てください!

↑無料アドレス登録のみで即、ステイヤーズSとチャンピオンズカップの無料買い目が確認できます。

福島放送賞2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

福島放送賞2020枠順

馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 1 ギルマ 牡4 57.0 勝浦正 [栗]高橋義
2 2 ムーンレイカー 牡5 57.0 森一馬 [栗]池添兼
2 3 ダディーズトリップ 牡4 57.0 菱田裕 [栗]杉山晴
3 4 アグネススターダム 牡7 57.0 斎藤新 [栗]河内洋
3 5 シベリアンタイガー セ9 57.0 黛弘人 [美]稲垣幸
4 6 カヌメラビーチ 牡4 57.0 西村淳 [栗]須貝尚
4 7 ハギノカエラ 牝7 55.0 鮫島克 [栗]鮫島一
5 8 ラストヌードル 牡4 57.0 横山武 [栗]安田翔
5 9 リトミカメンテ 牝4 55.0 吉田隼 [栗]高野友
6 10 マハヴィル 牡5 57.0 柴山雄 [栗]上村洋
6 11 (外)ヴィエナブロー 牝4 55.0 藤田菜 [美]林徹
7 12 カフジジュピター 牡4 57.0 川又賢 [栗]矢作芳
7 13 (地)ハナザカリ 牝5 55.0 柴田大 [美]粕谷昌
8 14 マイエンフェルト 牝4 55.0 団野大 [栗]池添学
8 15 ヴァンベールシチー セ6 57.0 秋山真 [美]池上昌

福島放送賞2020予想

昨年までダートで行われていましたが今年から芝1800m戦でのレース。

過去データを拾うことが出来ないので、似たような条件からかい摘んでの予想になりますが、ひとつ言えるのは、今回はミドルペース以上を想定していますので、出番が回って来るのは、差し馬かなと。

逃げ、先行馬が揃いに揃いましたから、4角から直線に向いて100mくらいで、渋滞が始まり、インの5番手~8番手は不利を受けやすく、馬場状態がそこまで良くない中での先行馬主導のレースですから、脚が上がる可能性が高いかなと。

そうなれば、何食わぬ顔で、4角から外に持ち出した差し馬が、まとめて前を交わす競馬。

そんなイメージで馬券を組み立てています。

◎本命:複勝

ラストヌードル

前走須磨特別は、単勝4番人気で4着。ミドルペースを4角8番手から上がり3F最速で差しての内容の中、最後まで良く伸びていた印象が強いレースでした。

今回は、5枠に入ったことで、少し位置取りで苦労するかなと思いましたが、脚質の並びからして、外枠が逃げ先行馬ですから、3角~4角で上がって行くときには、楽に外を回せるかなと。

デビュー戦は芝1800mで1着。その後は2000m以上を使うもひと息の成績でしたが、今年から非根幹距離の芝1800mを3連戦して好走。

この馬の良さが出るのは芝1800mというのは間違いなく、その3戦すべてで上がり3F最速ですから、展開待ちの部分が必要だったとしても、好走出来る材料は揃っている形。

今回はミドルペース以上を想定しており、ゴール前100m付近で脚が上がった馬たちを横目に交わす競馬。これがハマると考えています。

期待出来る1頭だと思います。

◎ラストヌードル
◯カフジジュピター
▲リトミカメンテ
△ダディーズトリップ
△カヌメラビーチ
×マハヴィル

馬連◎=◯▲△△×5点

[common_content id=”11383″] [common_content id=”10677″]
タイトルとURLをコピーしました