芙蓉ステークス2020予想や過去データ傾向・前走好内容!デビューから2連勝に期待

芙蓉ステークス2020予想や過去データ傾向を紹介します。2020年10月3日(土)4回中山8日芙蓉ステークス2歳オープン・芝2000m

過去8年の結果データ傾向(人気・枠順・血統・馬体重・前走距離・前走レース・前走場所・前走クラス・前走人気・脚質・生産者・調教師・騎手・種牡馬)から厳選したデータを分析。予想を紹介します。

芙蓉ステークス2020枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 ウインルーア 牝2 54.0 横山 武史
2 2 ウイングリュック 牡2 55.0 石橋 脩
3 3 ランドオブリバティ 牡2 55.0 三浦 皇成
4 4 ブラックラテ 牡2 55.0 戸崎 圭太
5 5 テリオスルイ 牡2 55.0 菱田 裕二
6 6 ヴィゴーレ 牡2 55.0 田辺 裕信
7 7 ヴェローチェオロ 牡2 55.0 大野 拓弥
8 8 フルネーズ 牡2 55.0 石川 裕紀人
8 9 アランデル 牡2 55.0 池添 謙一

芙蓉ステークス2020予想オッズ

1 ランドオブリバティ 2.7
2 アランデル 3.5
3 ブラックラテ 5.2
4 フルネーズ 8.3
5 ヴェローチェオロ 9.4
6 ヴィゴーレ 11.8
7 ウインルーア 14.8
8 ウイングリュック 14.9
9 テリオスルイ 16.3

芙蓉ステークス2020過去データ傾向分析

過去10年の内、11頭立て以下で行われた8年を参考にしています。

単勝人気データ

勝ち馬は単勝6番人気以内までとなっており、単勝1番2番人気[6-4-0-6]と好走。特に単勝2番人気が単回収率100%を越えており狙い目。

全体的には、3着以内15頭中全頭が、単勝7番人気以内までとなっています。単勝8番人気以下[0-0-0-14]。

近4年は、連対馬は単勝3番人気以内。3着以内は、単勝6番人気以内での決着です。

単勝オッズデータ

単勝3.9倍以内が[5-4-0-5]と好走しており中心の存在も、全体的には、単勝29.9倍以内まで好走しており、3着候補は、単勝人気に関わらず、少し広めの予想が必要になりそうです。

枠順データ

全体的にどこからでも勝ち負け出来ている中でも、6枠7枠8枠がやや好走している結果。特に8枠[2-2-1-5]と3着以内までの数字が良く、単勝1番人気が入れば[2-1-0-1]とさらに好走しています。

間隔データ

中5週~25週[7-4-3-18]と好走しており、その中でも単勝1番2番人気なら[3-0-0-0]と勝率100%。さらに前走は新馬戦で、単勝2番人気以内で1着。前走芝1600mに出走していました。

脚質データ

逃げ先行[6-7-6-15]と好走しており中心の存在。追い込み馬は[0-0-1-19]と苦戦。

馬体重データ

馬体重440kg~499kg以内が[6-6-8-33]と好走。

騎手データ

調教師データ

生産者データ

前走レースデータ

前走新馬戦が好走しており、3着以内9頭の内8頭が、前走芝1600m~芝1800m組。さらに単勝2番人気以内で1着。

芙蓉ステークス2020過去データ傾向まとめ

勝ち馬は単勝6番人気以内まで

単勝1番2番人気[6-4-0-6]と好走

単勝2番人気が単回収率100%を越え

3着以内15頭中全頭が単勝7番人気以内まで

単勝8番人気以下[0-0-0-14]苦戦

近4年は連対馬は単勝3番人気以内。3着以内は、単勝6番人気以内での決着

単勝3.9倍以内が[5-4-0-5]と好走

6枠7枠8枠がやや好走

中5週~25週[7-4-3-18]と好走

逃げ先行[6-7-6-15]と好走

馬体重440kg~499kg以内が[6-6-8-33]と好走

前走新馬戦が好走

芙蓉ステークス2020予想

過去10年の内、11頭立以下で行われたレースを参考にすれば、上位組が非常に優秀で、特に前走新馬戦で単勝2番人気以内が強い結果。

脚質は、中山芝2000mということで逃げ先行馬が好走しやすいバイアスに加え、全馬が折り合いに専念する傾向が強く、よってスローペースになりやすいのも特徴のひとつです。

少頭数でも6枠~8枠が有利で、このあたりは開催8日目の影響もあっての結果かなと。

キャリアの浅い2歳オープンですので、仕上がりの早い馬に前走内容の評価で馬券を組み立てています。

◎本命・複勝

アランデル

前走新馬戦は、超スローペースを3角2番手で追走。スタートしてから最初のコーナーまでに少し気難しい面を見せてはいましたが、向こう正面ではなんとか折り合いをつけての競馬。

最後の直線は、2番手から先頭を伺う形で叩き合いながらの1着と、上々の内容だったと思います。

今回は、中山内回りコースで、8日目ということもあり馬場コンディションは、パワーを要する馬場に変貌してると思いますので、前走函館で勝利したのは、どの馬よりも有利に働くかなと。

また、8枠の後入れですから、ゲート内でチャカつく心配も無いですし、鞍上もスライドの池添騎手。

ここは素直に期待したい1頭ですね。

◎アランデル
○ウインルーア
▲ブラックラテ

ワイド◎=○▲2点

[common_content id=”16228″] [common_content id=”15549″] [common_content id=”15717″]
タイトルとURLをコピーしました