中央競馬最終予想

出雲崎特別2019予想・狙い目十分!人気上位2頭に割って入るのが3歳黒鹿牡馬

2019年8月18日新潟9R出雲崎特別2019の予想を中心に、過去データ傾向やコース解説なども紹介していきます。

少頭数8頭立てに加え、今年から2000mに変更となり、過去データが使えないのが痛いなと思いながら、前走青葉賞8着からの巻き返しをはかるバラックパリンカが一番気になりますね。

出雲崎特別2019の過去データは、佐渡Sの過去5年のデータを代用しての傾向分析になります。

出雲崎特別2019予想

モンブランテソーロがハナに行く展開も極端なスローペースになるかなと。

そうなると、コース的にも「上がり3F勝負」になりやすく、切れ味を持った馬を狙うのがベスト。

また、2強である、サトノエルドールとキタサンバルカンの中間の調教がイマイチに見えましたので、それならこの2強に割って入りそうなあの黒鹿を狙ってみます。

◎本命

バラックパリンカ

前走青葉賞の最終追い切りは動いていないような時計にも関わらず8着。1秒差は素質で走っていたかなと思わせる内容でした。

放牧明け初戦は、自己条件からスタートですが、1週間前の追い切りも、青葉賞の時よりは走っていたように思え、切れ味があるこの馬なら、新潟2000mは合うかなと。

新種牡馬ノヴェリスト産駒で、重賞制覇を出していない血筋ですが、2000m以上が合う血筋ですから、ここでも期待したいですね。

◯対抗

サトノエルドール

これまでの成績を見れば、スローペースの上がり勝負は合う馬で、2走前の未勝利戦もスローの上がり勝負で1着。

差し~追い込み脚質で、最後の直線で何とかしようとするタイプですから、この新潟2000mは合うかなと。

1週間前の調教がイマイチも素質で何とか3着以内には持ってきそうなイメージですね。人気はしてますが。

買い方としては、バラックパリンカの複勝1点をおすすめします。

[insert page=’anken1′ display=’content’]

出雲崎特別2019予想オッズ

1サトノエルドール2.1
2キタサンバルカン2.5
3モンブランテソーロ4.5
4バラックパリンカ7.9
5プロトスター21.8
6ストロングコンビ23.7
7シャイニードライヴ33.6
8グリトニル70.8

出雲崎特別2019データ傾向分析(佐渡S代用)

  1. 3枠~8枠が有利
  2. 先行~差し
  3. サンデーサイレンス系が優秀(特にディープインパクト)
  4. スローペースの上がり3F勝負になりやすい

データが代用ですので、しっかりとしたデータが集まらなかったですが、枠順は参考になるかなと。

今回は少頭数ですが、それでも3枠~が有利です。

スローペースの上がり勝負になりやすく、一瞬の切れ味を誇るディープインパクト産駒が強いのが特徴。

また、コーナーがスパイラルカーブを採用していますから、マクリは4角で大きく外に振られる可能性がありますので、決まりにくい。

逃げ馬は、スパイラルカーブでやや急な下り坂が原因で、結果的にオーバーペース気味になっている場合が多く、最後の直線で失速しやすいですね。

基本は差し、次いで先行。

[ad]
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。